芥川賞のすべて・のようなもの
第78回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/4/29

宮本輝
Miyamoto Teru
生没年月日【注】 昭和22年/1947年3月6日~
受賞年齢 30歳10ヵ月
経歴 本名=宮本正仁。兵庫県神戸市生まれ。追手門学院大学文学部卒。サンケイ広告社に勤め、作家を志し昭和50年/1975年に退社。太宰治賞受賞で作家デビュー。
受賞歴・候補歴
個人全集 『宮本輝全集』全14巻(平成4年/1992年4月~平成5年/1993年5月・新潮社刊)
芥川賞
選考委員歴
第114回~(通算21.5年・43回)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第78受賞  一覧へ

ほたるがわ
螢川」(『文芸展望』19号/昭和52年/1977年秋季号[10月])
媒体・作品情報
誌名 「文芸展望」  別表記表紙 「季刊」併記
巻号 通巻 第19号  別表記秋季号/10月号
印刷/発行年月日 発行 昭和52年/1977年10月1日
発行者等 編集人 柏原成光 発行人 井上達三 印刷所 暁印刷株式会社
発行所 株式会社筑摩書房(東京都)
総ページ数 368 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 58~99
(計42頁)
測定枚数 125
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和53年/1978年2月・筑摩書房刊『螢川』所収
>>『文藝春秋』昭和53年/1978年3月号
>>昭和55年/1980年2月・角川書店/角川文庫『螢川』所収
>>昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊『芥川賞全集 第11巻』所収
>>昭和58年/1983年10月・埼玉福祉会/Large print booksシリーズ『螢川』所収
>>昭和61年/1986年1月・筑摩書房/ちくま文庫『泥の河・螢川・道頓堀川―川三部作』所収
>>平成4年/1992年4月・新潮社刊『宮本輝全集 第1巻』所収
>>平成6年/1994年8月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第20巻 富山』所収
>>平成6年/1994年12月・新潮社/新潮文庫『螢川・泥の河』所収
>>平成15年/2003年4月・明治書院刊『現代文学名作選』所収
>>平成17年/2005年11月・新潮社/新潮文庫『螢川・泥の河』[改版]所収
>>平成19年/2007年11月・集英社刊『宮本輝全短篇(上)』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 宮本輝 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男73歳
5 「秀れていた。」「最後の螢の群舞のところで、生彩を放っている。それが鮮やかな出来栄えなので、びっくりするほどの感銘をうけた。」
大江健三郎
男42歳
12 「授賞した二作については、僕はおおむね批判の言葉をはいた。」「いま現におなじ時代のうちに生きている若い作家が、ここにこのように書かねばならぬという、根本の動機がつたわってこない。」「しかし(引用者中略)イメージ喚起力は豊か」
中村光夫
男66歳
10 「最後まで残った三篇は、票数もまったく同じで、甲乙をつけ難かった」「はじめから一種の抒情性がみなぎっていて、それが結末の川の螢の描写で頂点に達します。それだけに主人公が、いくら子供でもいい気すぎて、人間関係の彫りが浅すぎるのが気になりますが、これだけの題材をまとめた構成力は立派といってよいでしょう。」
安岡章太郎
男57歳
9 「こんどの候補作中、最も難点がなく、文章にも一種独特の雰囲気があり、描写力にも見るべきものがあったが、その反面、何処といって新しさがあるわけでもなく、感受性の若わかしさが感じられるのでもない。」「これ一本を当選作とするのは、何としてもタメラわれた。」
吉行淳之介
男53歳
8 「私としては、宮本輝、光岡明、中村昌義、三氏の作品が頭にあった。」「前作「泥の河」の後半が良い意味での抽象的なものに達していた趣は、この作品にはなかった。しかし、全体としての完成度は、前作よりも高い。抒情が浮き上らずに、物自体に沁みこんでいるところが良い。」
瀧井孝作
男83歳
4 「越中弁で描いてあってもわかりやすい作で、しまいの螢の光景は、この世のものとも思えない程、美しい感じがした。」
井上靖
男70歳
6 「(引用者注:「鳥屋の日々」に次いで)上位に置いた。」「久しぶりの抒情小説といった感じで、実にうまい読みものである。読みものであっても、これだけ達者に書いてあれば、芥川賞作品として採りたくなる。」
遠藤周作
男54歳
4 「授賞二作品については多くの評がこれからなされるだろう」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ