芥川賞のすべて・のようなもの
第90回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/4/3

高樹のぶ子
Takagi Nobuko
生没年月日【注】 昭和21年/1946年4月9日~
受賞年齢 37歳9ヵ月
経歴 本名=鶴田信子、旧姓=高木。山口県防府市生まれ。東京女子大学短期大学部教育学科卒。出版社勤務、結婚、出産、離婚を経て、同人誌『らむぷ』に参加。昭和55年/1980年再婚、文學界新人賞に作品を応募したことがきっかけで同誌に作品が掲載されはじめる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第49回文學界新人賞(昭和54年/1979年)「酸き葡萄酒」
  • |候補| 第50回文學界新人賞(昭和55年/1980年)「麦、さんざめく」
  • |候補| 第84回芥川賞(昭和55年/1980年下期)「その細き道」
  • |候補| 第86回芥川賞(昭和56年/1981年下期)「遠すぎる友」
  • |候補| 第89回芥川賞(昭和58年/1983年上期)「追い風」
  • 第90回芥川賞(昭和58年/1983年下期)「光抱く友よ」
  • |候補| 第6回野間文芸新人賞(昭和59年/1984年)
  • |候補| 第29回女流文学賞(平成2年/1990年)『時を青く染めて』
  • |候補| 第31回女流文学賞(平成4年/1992年)『これは懺悔ではなく』
  • 第1回島清恋愛文学賞(平成6年/1994年)『蔦燃』
  • 第34回女流文学賞(平成7年/1995年)『水脈』
  • 第35回谷崎潤一郎賞(平成11年/1999年)『透光の樹』
  • 第60回西日本文化賞[社会文化部門](平成13年/2001年)
  • 第10回福岡県文化賞[創造部門](平成14年/2002年)
  • 第56回芸術選奨文部科学大臣賞[文学部門](平成17年/2005年度)『HOKKAI』
  • 紫綬褒章(平成21年/2009年)
  • 第36回川端康成文学賞(平成22年/2010年)「トモスイ」
芥川賞
選考委員歴
第126回~(通算15.5年・31回)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第84回候補  一覧へ

ほそ みち
「その 細き 道」(『文學界』昭和55年/1980年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第34巻 第12号  別表記12月号
印刷/発行年月日 発行 昭和55年/1980年12月1日
発行者等 編集兼発行人 松村善二郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 344 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 44~87
(計44頁)
測定枚数 133
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和58年/1983年9月・文藝春秋刊『その細き道』所収
>>昭和60年/1985年3月・文藝春秋/文春文庫『その細き道』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高樹のぶ子 女34歳
選考委員 評価 行数 評言
吉行淳之介
男56歳
3 「良い資質が感じられた。期待できる。」
大江健三郎
男45歳
0  
丸谷才一
男55歳
0  
遠藤周作
男57歳
8 「(引用者注:「父が消えた」に次いで「遠い朝」「裸足」と)ほとんど同一線上にあるが、――私の気持では高樹さんがほんの少し先にいるように思われた」「私がかった「素直さ」を逆に物足りないと評価した銓衡委員はいたが…」
丹羽文雄
男76歳
0  
安岡章太郎
男60歳
0  
開高健
男50歳
0  
井上靖
男73歳
0  
瀧井孝作
男86歳
0  
中村光夫
男69歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和56年/1981年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第86回候補  一覧へ

とお とも
遠すぎる 友」(『文學界』昭和56年/1981年11月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第35巻 第11号  別表記11月号
印刷/発行年月日 発行 昭和56年/1981年11月1日
発行者等 編集兼発行人 松村善二郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 72~116
(計45頁)
測定枚数 129
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和58年/1983年9月・文藝春秋刊『その細き道』所収
>>昭和60年/1985年3月・文藝春秋/文春文庫『その細き道』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高樹のぶ子 女35歳
選考委員 評価 行数 評言
吉行淳之介
男57歳
0  
丹羽文雄
男77歳
0  
大江健三郎
男46歳
0  
遠藤周作
男58歳
0  
瀧井孝作
男87歳
0  
丸谷才一
男56歳
0  
安岡章太郎
男61歳
0  
井上靖
男74歳
0  
開高健
男51歳
0  
中村光夫
男70歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第89回候補  一覧へ

かぜ
追い 風」(『文學界』昭和58年/1983年3月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第37巻 第3号  別表記3月号
印刷/発行年月日 発行 昭和57年/1982年3月1日
発行者等 編集兼発行人 阿部達児 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 328 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 118~153
(計36頁)
測定枚数 109
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和58年/1983年9月・文藝春秋刊『その細き道』所収
>>昭和60年/1985年3月・文藝春秋/文春文庫『その細き道』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高樹のぶ子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男48歳
0  
開高健
男52歳
6 「老母の言動をのぞくと他の登場人物たちの言動、その動機が説得力を欠いている。足が浮いている。首をかしげかしげ読んでいき、読みおわったあともそのままである。」
中村光夫
男72歳
5 「作者の個性の趣向で、現代の風景に挑んだ作品です。」「苦心が今回は成功作を生んだとは云えませんが、筆者の頑固な努力はそれなりに僕らを期待させます。」
丸谷才一
男57歳
0  
吉行淳之介
男59歳
10 「最終的に私は推した。」「この作中に挿入された童話について、丹羽文雄氏がたいそう賞められた。」「この小人の話から、反射的にモーパッサンの「脂肪の塊」を連想した。」「しかし、この挿話が作品に立体感を与えているのは、確かなところである。」
安岡章太郎
男63歳
0  
井上靖
男76歳
0  
丹羽文雄
男78歳
0  
遠藤周作
男60歳
2  
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第90受賞  一覧へ

ひかりいだ とも
光抱く 友よ」(『新潮』昭和58年/1983年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第80巻 第13号  別表記12月特大号/947号
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年12月1日
発行者等 編集兼発行者 坂本忠雄 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 372 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 127~167
(計41頁)
測定枚数 123
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和59年/1984年2月・新潮社刊『光抱く友よ』所収
>>『文藝春秋』昭和59年/1984年3月号
>>昭和62年/1987年5月・新潮社/新潮文庫『光抱く友よ』所収
>>平成1年/1989年2月・文藝春秋刊『芥川賞全集 第13巻』所収
>>平成9年/1997年10月・角川書店刊『女性作家シリーズ20 干刈あがた・高樹のぶ子・林真理子・高村薫』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高樹のぶ子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
丸谷才一
男58歳
2 「書くに価するほどの感想が浮ばない。」
中村光夫
男72歳
5 「非行にそまって行く女子高校生を描いていますが、彼女らは、悪事をはたらくグループに属しても裏をかえせば、性格は純白なので、おそらく事実をそのままに扱いながらつくりものの印象をあたえるのはこのためでしょう。」
吉行淳之介
男59歳
7 「思春期の少女を描いた作品で、この時期には暴力的な光景を見ることが、無意識のうちに性感につながり、そこから嫌悪を感じ取ることがある。」「良家の子女が、その立場のためにかえって不良少女に劣等感を抱きはじめるプロセスも、悪くない。」
大江健三郎
男48歳
10 「あえて(引用者中略)受賞作に押す」「小説の全体への仕組みはとくになく、言葉も丹念に書き込んでゆくのみである。しかし高樹には、新しい作家の勢いを確実につみかさねてきたところがある。さらには自分独自の人間観を表明するために書く、という態度がこれまでつねにあった。」
遠藤周作
男60歳
0  
丹羽文雄
男79歳
21 「私は(引用者中略)「光抱く友よ」を選んだ。」「作品の出来は、今回より前回の方がはるかに秀れていた。」「「光抱く友よ」は、題名で判るようにモラリスティックな小説である。」「高樹さんは、それ(引用者注:モラリスティック)を小説を書くときの支柱としている。珍しい作家である。こういう作家を珍しいと思わねばならないほど、私たちは大切な根本的なことを忘却しているようである。」
安岡章太郎
男63歳
5 「この作品は、私としてはやはり積極的に推す気にはなれない。最初の「その細き道」の素直さを憶い返して貰いたい。」
開高健
男53歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和59年/1984年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ