芥川賞のすべて・のようなもの
第155回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/3/14

崔実
Che Shiru
生没年月日【注】 昭和60年/1985年9月6日~
経歴 平成28年/2016年「ジニのパズル」で第59回群像新人文学賞を受賞。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第155回候補  一覧へ
「ジニのパズル」(『群像』平成28年/2016年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「群像」  別表記表紙・背 「GUNZO」併記
巻号 第71巻 第6号
印刷/発行年月日 発行 平成28年/2016年6月1日 印刷 平成28年/2016年5月7日 発売 平成28年/2016年5月7日
発行者等 編集人 佐藤とし子 発行人 市田厚志 印刷人 金子眞吾 印刷所 凸版印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社講談社(東京都)
総ページ数 324 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×23行
×2段
本文ページ 8~77
(計70頁)
測定枚数 214
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成28年/2016年7月・講談社刊『ジニのパズル』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 崔実 女30歳
選考委員 評価 行数 評言
山田詠美
女57歳
21 「文章が荒過ぎる。特に比喩。どうして、こんなにも大仰な擬人化?」「欠点は山程あるのだ。しかし、パワーもすごくある。書かざるを得ない作者の熱が伝わって来る。」
奥泉光
男60歳
19 「構成、文章ともにやや稚拙なところがあって、題材の持つインパクトを別にすると、小説としての魅力や奥行きはいまひとつかと思ったのだけれど、なにか不思議な熱、文章の向こうにいる作者の身体が放つエネルギーの波動のごときものが強く感じられて、本作が受賞作となるなら賛成してもよいと考え、(引用者後略)」
村上龍
男64歳
0  
島田雅彦
男55歳
28 「完全アウェイの環境下で、自分にふさわしい文化を獲得しようと、試行錯誤のパズルを繰り返すジニの姿こそが世界標準の青春なのかもしれない。」「受賞は逃したが、『ジニのパズル』はマイナー文学の傑作であることは否定できない。」
堀江敏幸
男52歳
17 「日本語しか話せないまま朝鮮人学校に入る決断、以後の彼女を揺さぶる言葉の壁、異物を排除する闇との戦いが胸を打つ。」「パズルの動かし方が冒頭で示されていなければ、勢いはもっと増していただろう。」
小川洋子
女54歳
9 「『ジニのパズル』の迫力は、飛び抜けた存在感を持っていた。だからこそ、なぜもっと文章に丁寧な神経を遣わないのか、歯がゆかった。」
高樹のぶ子
女70歳
78 「弾ける怒りと哀しみと焦慮を抱えて彷徨する一個の魂を描いた傑作だ。」「胸を打つ、という一点ですべての欠点に目をつむらせる作品こそ、真に優れた作品ではないのか。かつて輝かしい才能が、マイノリティパワーとして飛び出して来たことを思い出す。今回奇跡的に芥川賞までやって来たのに、掴むことが出来なかった。」
宮本輝
男69歳
15 「前の三分の一と後の三分の二とで文体が変わってしまうのが気にいらなかった。変わるというよりも不揃いといったほうがいいかもしれない。」「書き手が変わったのかと思うほどの変化を感じて、わたしは推せなかった。」
川上弘美
女58歳
25 「いくつものエピソードや主人公の心の内を描いた言葉に対しては、わたしはさまざまな海外文学の中に描かれているものからの呼び声のようなものを感じてしまいました。」「この小説の中にある過剰さには、惹かれました。作者は、まだその過剰さに自分で名前をつけることができていない。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ