芥川賞のすべて・のようなもの
第155回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/8/15

今村夏子
Imamura Natsuko
生没年月日【注】 昭和55年/1980年2月20日~
経歴 広島県広島市生まれ。平成22年/2010年「あたらしい娘」で第26回太宰治賞を受賞、翌年、同作品を改題した「こちらあみ子」所収の同題作品集でデビュー。
受賞歴・候補歴
  • 第26回太宰治賞(平成22年/2010年)「あたらしい娘」
  • 第24回三島由紀夫賞(平成22年/2010年度)『こちらあみ子』
  • |候補| 第155回芥川賞(平成28年/2016年上期)「あひる」
  • 第5回河合隼雄物語賞(平成29年/2017年)『あひる』
  • |候補| 第157回芥川賞(平成29年/2017年上期)「星の子」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第155回候補  一覧へ
「あひる」(『たべるのがおそい』vol.1[平成28年/2016年4月])
媒体・作品情報
誌名 「たべるのがおそい」  別表記表紙・背・目次 「文学ムック」併記
巻号 vol.1  別表記Spring 2016
印刷/発行年月日 発行 平成28年/2016年4月15日(第一刷)
発行者等 編集・発行人 田島安江 編集 西崎憲 編集協力 佐々木孝、宮島亜紀 DTP 黒木留美(書肆侃侃房) 印刷・製本 アロー印刷株式会社
発行所 書肆侃侃房(福岡市)
総ページ数 173 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×18行
×2段
本文ページ 8~35
(計28頁)
測定枚数 57
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成28年/2016年11月・書肆侃侃房刊『あひる』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 今村夏子 女36歳
選考委員 評価 行数 評言
山田詠美
女57歳
10 「淡々とした描写の中に、そこはかとない恐ろしさがある。あひるが弟の赤ちゃんのメタファー? と思ってしまうのは深読み? そんなふうに勝手に結末以降を想像してみると……怖いです。」
奥泉光
男60歳
10 「短編として過不足ないが、自分は小説に「過」を求めがちなので、どうしても不足を覚えてしまったわけで、そこは気にせず、我が路を進んで欲しいと思います。」
村上龍
男64歳
0  
島田雅彦
男55歳
9 「寓意的な身辺雑記として、体裁よく仕上がっているが、低いハードルは上手に飛べる。」「乱暴者の弟の代わりにあひるを家族にする話だと考えると、にわかに笑いがこみ上げてくる。」
堀江敏幸
男52歳
16 「結婚八年目で子に恵まれた弟夫婦が、鳥のケージさながら増築した実家に移り住む直前で閉じられる結末の不気味さ。生まれてくる子もまた掛け替え可能なのか。だとしたら、田舎の宇宙はどう変化するのか。それも読みたい。」
小川洋子
女54歳
29 「増殖してゆく子供たちの気色悪さ、誕生日会に誰もやって来ない奇妙な欠落、あひると赤ん坊がすり替わるのではないかという予感。どれも書き手の意図から生まれたのではない。言葉が隠し持つ暗闇から、いつの間にかあぶり出されてきたのだ。そう思わせる底知れない恐ろしさが、この小説にはある。」「受賞に至らなかったのは残念だ。」
高樹のぶ子
女70歳
0  
宮本輝
男69歳
15 「わたしは読み終わって、なんだか手品を見せられたような心持になった。優れた短篇の良さだが、芥川賞としてはいささか小品過ぎて強く推せないという思いが大半の委員の感想だった。」
川上弘美
女58歳
10 「ごく優しい言葉を使って、見も知らぬ恐ろしい「何か」にたくさん名前をつけてくれました。「またさわがしくなるだろう。そしてわたしはますます勉強に身が入らなくなる…」という、最後の方の二行が、この小説を理に引き寄せてしまったのが、惜しかった。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第157回候補  一覧へ

ほし
星の 子」(『小説トリッパー』平成29年/2017年春季号[3月])
媒体・作品情報
誌名 「小説トリッパー」  別表記表紙・裏表紙 「週刊朝日別冊」「TRIPPER」併記 奥付 「週刊朝日別冊」併記
巻号 第122巻 第16号/通巻5429号  別表記SPRING
印刷/発行年月日 発行 平成29年/2017年3月25日 発売 平成29年/2017年3月17日
発行者等 編集長 池谷真吾 発行人 友澤和子
発行所 朝日新聞出版(東京都)
総ページ数 540 表記上の枚数 表紙・背・目次 260枚 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×25行
×2段
本文ページ 6~93
(計88頁)
測定枚数 281
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成29年/2017年6月・朝日新聞出版刊『星の子』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 今村夏子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
山田詠美
女58歳
23 「高田かやの傑作コミックエッセイ「さよなら、カルト村。」を思い起こさせる可愛らしさと、そこはかとない恐ろしさを同時に感じずにはいられない。親を思う子供の純情の外側で、さまざまな不穏なものが蠢いている。」「ラストで父と母に両側から強く抱き締められた主人公は否定出来ない枷をはめられたようにも思える。今回は受賞を逃したが、この先も目の離せない作品を書き続ける人だと確信している。」
吉田修一
男48歳
27 「この小説は、ある意味、児童虐待の凄惨な現場報告である。本来ならすべての人間に与えられるはずのさまざまな選択権、自由に生きる権利を奪われていく(物言えぬ)子供の残酷物語であり、でもそこにだって真実の愛はあるのだ、という小説である。」「このような物語が、平易で、ある意味、楽しげに綴られていく。(引用者中略)力ある作品だと認めているのだが、ではこれを受賞作として強く推せるかというと、最後の最後でためらいが生じてしまう。」
村上龍
男65歳
0  
奥泉光
男61歳
21 「宗教団体の歴史や組織や教義についてはほとんど書かれず、それは内側にある子供の視点から描かれる以上必然だと云えなくもないが、団体の怪しさが通念に寄りかかり、やや類型的な印象が否めず、「信」の問題を問うにはやはり複数の視点が必要なのではないかと思った。しかし逆に、単一の視点でここまで描ける作者の力量にはあらためて感心させられた。」
宮本輝
男70歳
18 「奇妙なカルト的宗教の裏で、両親の周辺では、ただ平和で幸福な日々が過ぎていったわけではあるまい。」「そこのところが完全に素通りされてしまっていて、この小説の真の怖さも封殺されている。私はそれが不満で消極的にしか推せなかった。」
高樹のぶ子
女71歳
13 「意図的に会話で小説を作っているが、会話のリフレインが冗長に感じられた。大人に支配される子供の切なさや、独特の浮遊感に混じる不穏な暴力の気配も、この文体の効果として認めるものの、この文体では少女の視点でしか書けないのではないかと危惧する。」
小川洋子
女55歳
38 「(引用者注:「影裏」と共に)推した。(引用者中略)どちらも、いかに書かないで書くか、という根源的な問いをはらんでいて興味深かった。」「ラストの星空の場面。崩壊の予感に満ちあふれながら、決定的なものは描かれない。にもかかわらず、言葉にされなかった痛みは、傷とラクガキに覆われたお姉さんの手にありありと浮かび上がって見えている。書かれた言葉より、書かれなかった言葉の方が存在感を持っている。」
堀江敏幸
男53歳
24 「崩壊に脆くなく感動もしないがゆえに、不穏な気配を漂わせている。」「信じる信じないの境目で、「何か大きなものの崩壊」に耐えている語り手こそ、じつは、宗教に関係なく「教祖」的な力を持ちうる人なのではないか。その逆説の不気味さを平易な言葉で描き切る身体感覚に、今後も期待したい。」
川上弘美
女59歳
10 「作者は、誰も教えることのできない、「どう書けばその小説を小説たらしめることができるのか」ということを、すでによく知っている。第一に、推しました。」
島田雅彦
男56歳
28 「語り手自身が問題系の内部に閉じ込められているために批評的距離を保てない。実はこの点に本作の企みがあり、また問題がある。」「たとえ、子どもの視点で書いても、道具立ての工夫により大人たちのグロテスクな言動、挙動を描き、キラキラ系のコトバの背後に隠されている闇をあぶり出すこともできたはずである。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ