芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
129130.
131132133134135.
136137138139140.
141142143144145.
146147148149150.
151152153154155.
156157.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/8/15

山田詠美
Yamada Eimi
このページの情報は「直木賞のすべて」内の「受賞作家の群像 山田詠美」と同じものです。
生没年月日【注】 昭和34年/1959年2月8日~
在任期間 第129回~(通算14.5年・29回)
在任年齢 44歳4ヶ月~
経歴 本名=山田双葉(ヤマダ・フタバ)。東京都生まれ。明治大学文学部中退。
受賞歴・候補歴
  • 第22回文藝賞(昭和60年/1985年)「ベッドタイムアイズ」
  • |候補| 第94回芥川賞(昭和60年/1985年下期)「ベッドタイムアイズ」
  • |候補| 第95回芥川賞(昭和61年/1986年上期)「ジェシーの背骨」
  • |候補| 第8回野間文芸新人賞(昭和61年/1986年)『ベッドタイムアイズ』
  • |候補| 第96回芥川賞(昭和61年/1986年下期)「蝶々の纏足」
  • 第6回日本文芸大賞[女流文学賞](昭和61年/1986年)
  • 第97回直木賞(昭和62年/1987年上期)『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』
  • 第1回ベストフットワーカーズ賞(昭和62年/1987年)
  • |候補| 第1回三島由紀夫賞(昭和62年/1987年度)『風葬の教室』
  • 第17回平林たい子文学賞[小説部門](平成1年/1989年)『風葬の教室』
  • 第30回女流文学賞(平成3年/1991年)『トラッシュ』
  • 第24回泉鏡花文学賞(平成8年/1996年)『アニマル・ロジック』
  • |候補| 第25回川端康成文学賞(平成10年/1998年)「眠りの材料」
  • |候補| 第26回川端康成文学賞(平成11年/1999年)「最後の資料」
  • 第52回読売文学賞[小説賞](平成12年/2000年)『A2Z』
  • |候補| 第31回川端康成文学賞(平成17年/2005年)「間食」
  • 第41回谷崎潤一郎賞(平成17年/2005年)『風味絶佳』
  • |候補| 第14回島清恋愛文学賞(平成19年/2007年)『無銭優雅』
  • |候補| 第37回川端康成文学賞(平成23年/2011年)「ブーランジェリー」
  • 第65回野間文芸賞(平成24年/2012年)『ジェントルマン』
  • 第42回川端康成文学賞(平成28年/2016年)「生鮮てるてる坊主」
処女作 「ベッドタイムアイズ」(『文藝』昭和60年/1985年12月号)
芥川賞候補歴 第94回候補 「ベッドタイムアイズ」(『文藝』昭和60年/1985年12月号)
第95回候補 「ジェシーの背骨」(『文藝』昭和61年/1986年夏季号[5月])
第96回候補 「蝶々の纏足」(『文藝』昭和61年/1986年文藝賞特別号[12月])
サイト内リンク 小研究-記録(年少受賞)
直木賞受賞作全作読破への道Part2
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 129 平成15年/2003年上半期   一覧へ
選評の概要 「ハリガネムシのお告げ」 総行数51 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女44歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
11 「人の内なるさまざまな感情を翻弄しながら、言葉でひとつにまとめ上げることに成功した作品だと思う。」「ただただハリガネムシの生態系の中で、人々は泣いたり笑ったり。読み手もだ。」
絲山秋子
女36歳
10 「点在する人間関係が魅力的にやさぐれている。空気が乾いているのを感じて、自らの内側の湿り具合に気付くような作品。」
選評出典:『文藝春秋』平成15年/2003年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 130 平成15年/2003年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数44 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女44歳
候補 評価 行数 評言
女19歳
8 「もどかしい気持、というのを言葉にするのは難しい。その難しいことに作品全体を使ってトライしているような健気さに心惹かれた。その健気さに安易な好感度のつけ入る隙がないからだ。」
女20歳
9 「良識あると自認する人々(物書きの天敵ですな)の眉をひそめさせるアイテムに満ちたエピソードの裏側に、世にも古風でピュアな物語が見えて来る。」「ラストが甘いようにも思うけど。」
選評出典:『文藝春秋』平成16年/2004年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 131 平成16年/2004年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数57 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女45歳
候補 評価 行数 評言
舞城王太郎
不明30歳
12 「たくらみも過ぎるとほとんどフツーに見える見本。そして、そのほとんどフツーが成功した稀有な例。この愛すべき現代のメタモルフォセスを推せる機会に恵まれて嬉しかった。」「あっさり却下されちまったよ。」
男33歳
8 「麻呂顔なのに、ラップもどきをやっちゃってるのが玉にキズの非常にまっとうな小説。」「でも、朋輩にニガーなんてルビ振るのはお止めなさい。田舎臭いから。」
選評出典:『文藝春秋』平成16年/2004年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 132 平成16年/2004年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数43 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女45歳
候補 評価 行数 評言
白岩玄
男21歳
7 「これは、また、なんと古風な王道を行くエンポリオ人間失格。会話の味つけが、かもし出す愉快さと言ったら! 内輪の記号に、もう少し普遍性を持たせたら、もっといい。」
男36歳
6 「微妙な境界線がいくつも交錯し、大きな境界線を作り出した丹念な作品。」「欠点はあるけれども筆力を感じて、祝、受賞。」
選評出典:『文藝春秋』平成17年/2005年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 133 平成17年/2005年上半期   一覧へ
選評の概要 低調!! 総行数44 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女46歳
候補 評価 行数 評言
男27歳
6 「不感症の原因が死産。いかにも若い男子が考えそうなことですな。」「でも、小説を構築しようとしている作品はこれだけ。」
  「今回、私はひとつも丸をつけませんでした。」
選評出典:『文藝春秋』平成17年/2005年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 134 平成17年/2005年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数44 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女46歳
候補 評価 行数 評言
女39歳
7 「友人でもなく、恋人でもなく、同僚。その関係に横たわる茫漠とした空気を正確に描くことに成功している。」
佐川光晴
男40歳
7 「誰にも似ていないひとつの夫婦のありようが、丁寧に丹念に書かれている。」「オルモスト ゼアという印象。」
選評出典:『文藝春秋』平成18年/2006年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 135 平成18年/2006年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数58 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女47歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
5 「その完成度において、(引用者中略)評価しました。」
  「今回の候補作品、内容を無視してシャッフルしてみると、登場するのは、心を病んだ人、物書き志望、あるいは売れない物書き、出版社勤務、がほとんどです。私は、やだなー、こんな人々だけで構築されている世界なんてさー、とうんざりしました。」
選評出典:『文藝春秋』平成18年/2006年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 136 平成18年/2006年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数43 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女47歳
候補 評価 行数 評言
星野智幸
男41歳
10 「温室のような診断室の茫漠とした色彩の中に、現実を写し出すドローイングが、くっきりと映える。」「まるを付けたのは私だけ。『家族の肖像』とは仲の悪い親戚みたいなどと感じ、二作授賞もありかと思いきや……。」
女23歳
8 「淡々とし過ぎて、思わず縁側でお茶を飲みながら、そのまま寝てしまいそう……日常に疲れた殿方にお勧め。私には、いささか退屈。」
選評出典:『文藝春秋』平成19年/2007年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 137 平成19年/2007年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数44 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女48歳
候補 評価 行数 評言
男37歳
8 「選考委員になって以来、初めて候補作を読んで吹き出した。それも何度も。愉快で、馬鹿馬鹿しく、やがて哀しいゲームに身を投じた気持。」
選評出典:『文藝春秋』平成19年/2007年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 138 平成19年/2007年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数49 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女48歳
候補 評価 行数 評言
女31歳
5 「容れ物としての女性の体の中に調合された感情を描いて、滑稽にして哀切。受賞作にと、即決した。」
選評出典:『文藝春秋』平成20年/2008年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 139 平成20年/2008年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数54 (1行=14字)
選考委員 山田詠美 女49歳
候補 評価 行数 評言
小野正嗣
男37歳
6 「言葉による濃密なトリックアートを目の当たりにしたような読後感。けれども、そう感じて推したのは私だけ。やはり、猛暑には、くど過ぎたか。」
女44歳
10 「女の子の瞳に〈泉にたゆたう大粒の葡萄〉などという大時代的な比喩を使われては困る。この、ページをめくらずにはいられないリーダブルな価値は、どちらかと言えば、直木賞向きかと思う。」
選評出典:『文藝春秋』平成20年/2008年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 140 平成20年/2008年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数53 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女49歳
候補 評価 行数 評言
女30歳
10 「目新しい風俗など何も描写されていないのに、今の時代を感じさせる。と、同時に普遍性もまた獲得し得た上等な仕事。『蟹工船』より、こっちでしょう。」
選評出典:『文藝春秋』平成21年/2009年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 141 平成21年/2009年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数56 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女50歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
10 「過去が、まるでゾンビのように立ち上がり、絡まり、蠢いて、主人公を終の住処に追い詰めて行くようで恐しかった。けれど、その合間合間の太陽の描写が綺麗な息つぎになっている。大人の企みの交錯するこの作品以外に私の推すべきものはなかった。」
選評出典:『文藝春秋』平成21年/2009年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 142 平成21年/2009年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数83 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女50歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『文藝春秋』平成22年/2010年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 143 平成22年/2010年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数81 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女51歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
14 「久し振りに、言葉が一番! の小説を読んだ気持。机上の空論ならぬ机上の暴論が、あちこちに出現して、おもしろくって仕方なかった。小説の世界だけに存在するユーモアは稀少価値。」
選評出典:『文藝春秋』平成22年/2010年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 144 平成22年/2010年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数87 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女51歳
候補 評価 行数 評言
女26歳
17 「小説を書くということは、茫漠としたかたまりに、それしかない言葉を与え続けて埋め尽くすことなんだなー、と久々に思い出したような気がする。ここには作者の選び抜いた言葉だけが揚げられていて、読み手の無責任な口出しを許さない。」「後ろ髪を引かれる事柄について書かれた小説は数多くあれど、後ろ髪を引くものそのものを主にした小説は、私の知る限り、ほとんどない。」
男43歳
15 「この愛すべきろくでなしの苦役が芥川賞につながったかと思うと愉快でたまらない。私小説が、実は最高に巧妙に仕組まれたただならぬフィクションであると証明したような作品。」
選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 145 平成23年/2011年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数87 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女52歳
候補 評価 行数 評言
戌井昭人
男39歳
13 「的確な言葉を丁寧に選んで、好きでたまらない人間を真面目に描けば、おのずと場所も物語も付いて来るという小説の当り前に、久々に出会った気がする。この作者の小説世界の住人とならやって行けそうだなーという、今回は、そのシンパシー故に票を投じた次第。」
選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 146 平成23年/2011年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数86 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女52歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
15 「この作者の文章には遠近法があると感心した。しかし、それは、世にも気の滅入る3D。それなのに、何故だろう。時折、乱暴になすり付けられたように見える、実は計算されたであろう色彩が点在して、グロテスクなエピソードを美しく詩的に反転させる。」
男39歳
9 「この小説の向こうに、知的好奇心を刺激する興味深い世界が広がっているのが、はっきりと解る。それなのに、この文章にブロックされてしまい、それは容易に公開されない。〈着想を捕える網〉をもっと読者に安売りして欲しい。」
選評出典:『文藝春秋』平成24年/2012年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 147 平成24年/2012年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数83 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女53歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
10 「何とも言えない裏寂しい背景が登場人物すべての輪郭を引き立てる。特に観念的な言葉を失い、自身を言語化出来なくなった夫と、その夫をいつくしむように描写する主人公がいとおしい。ラストの方の海の場面で、二人のヒアアフターが広がるのを感じ、圧倒された。」
選評出典:『文藝春秋』平成24年/2012年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 148 平成24年/2012年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数88 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女53歳
候補 評価 行数 評言
舞城王太郎
不明39歳
10 「この作者は、どうでも良さげなエピソードで、読み手の心をきゅっとつかむのが上手だなあ、といつも思う。そして、とってもモラリスト。主人公だけが使い方を知るおかしくって少し悲しい、魅力的なシャワーヘッドのカタログだ。」
女75歳
21 「正直、私には、ぴんと来ない作品で、何かジャンル違いのような印象は否めなかったし、漂うひとりうっとり感も気になった。選考の途中、前衛という言葉が出たが、その言葉を使うなら、私には昔の前衛に思える。洗練という言葉も出たが、私には、むしろ「トッポい」感じ。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 149 平成25年/2013年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数91 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女54歳
候補 評価 行数 評言
鶴川健吉
男31歳
26 「新人の才能のひとつに、まだ誰もが手を付けていない世界を描くこと、というのがある。もちろん、そこに、文章力を始めとしたさまざまなものが付いて来なければお話にならないが、この作者は、私の考えるレベルをクリアしている。見たものを見たように、感じたことを感じただけ過不足なく書けるのは、りっぱ。」「受賞作に推した。」
女33歳
10 「どうせなら、もっとサイコホラー寄りに徹して、小説にしか出来ない技を駆使して展開させていたら、映画を連想させることなどない、言葉による、そこはかとない恐怖に覆われた魅力が出たと思う。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数121 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女54歳
候補 評価 行数 評言
女30歳
33 「今回、一番、おもしろく読んだのがこれ。ファンタスティックな風景のあちこちに読み手を躓かせる硬い石が散らばっているみたい。転びそうになって、ふと現実に引き戻されるような隅に置けない仕掛け。それらによって、読者は、この作品世界を二重に楽しめる。」「(引用者注:「コルバトントリ」の世界と)ネガとポジのようにも感じられ、両方に心惹かれて、どちらにも丸を付けた。」
山下澄人
男47歳
16 「チャーミングな言葉の行きかう黄泉の国の物語として、私は読んだ。〈月の番をしているおじいさん〉を始めとしたいじらしい人々がいっぱいで胸に残る。」「(引用者注:「穴」の世界と)ネガとポジのようにも感じられ、両方に心惹かれて、どちらにも丸を付けた。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数98 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女55歳
候補 評価 行数 評言
女40歳
24 「場面の最後のパラグラフの一、二行が次に続く行間に実にうまく機能している。焦点である〈春の庭〉に重なるいくつもの人生の瞬間を、その行間が印象的なフレームのように正確に縁取っているのである。」「目の良い書き手には、本来見えないものも映し出せる。いえ、映ってしまうので、文字として現像してしまうのである。柴崎さんは、そういう稀な小説書きに思える。」
  「この賞の選考委員の中には、先の震災、原発をテーマ、モティーフにした作品を検閲する者がいる。そんなもっともらしい言説があるのを知って呆れるやら、おかしいやら。私たちは、小説の質に言及する仕事しかしない。していない。この先、それ以外をする気もないので、ここでお断りしておく。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数84 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女55歳
候補 評価 行数 評言
高橋弘希
男35歳
16 「戦争をこれっぽっちも讃美することなく、そこに広がる情景を言葉の力だけで哀しく美しく描いた。うかつな箇所や欠点も多々あれど、久々に才能というものを感じて、この作品を推した。水木しげる氏へのオマージュめいた部分は気になったが。」
高尾長良
女22歳
13 「あー、もう、こんなしち面倒臭いアプローチして……とうんざりしかけたが、どんどんおもしろくなって、止められなかったくらい。」「同時に、いくつかの場面がとてもセクシーだ。滝で放られた桃を齧るところとか。」
男44歳
22 「主人公と関わり合うすべての男たちが、「男目線からのステレオタイプ」のように私には思える。その分、女たちの存在感はすごいが、その存在感が私には「作者のひいき目」のように感じられてしまうの。」「この作者は、あくまで女の味方のように、彼女を生まれ変わらせる。その静かな再生の気配に寄り添えるか、否か。私は残念ながら後者だった。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数89 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女56歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
13 「この作品の中に埋め込まれたセオリー。それは、主人公の浅はかで姑息なアフォリズムをまといながら、その実、生き伸びるのに必要な知恵とユーモアを芯に持つ。介護小説ではないが、高齢化社会の今、読まれるべき。」
男35歳
12 「ウェル・ダン。これ以上寝かせたら、文学臭過多になるぎりぎりのところで抑えて、まさに読み頃。」「きっと、この作者の心身にも数多くの大事なものが吸収されているんでしょうね。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数86 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女56歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
15 「はっとする描写やチャーミングなフレーズがいくつもある。」「数多い親族の人間模様にはさみ込まれる〈はっちゃん〉の登場場面が、何とも味わい深いので、もっと増やして欲しかった。」
女36歳
10 「これまでの作品のお騒がせドラマクィーンが引っ掻き回す印象とうって変わって、何とも言えないおかしみと薄気味悪さと静かな哀しみのようなものが小説を魅力的にまとめ上げている。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数86 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女57歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
12 「コンビニという小さな箱とその周辺。そんなタイニーワールドを描いただけなのに、この作品には小説のおもしろさのすべてが、ぎゅっと凝縮されて詰まっている。十数年選考委員をやって来たが、候補作を読んで笑ったのは初めて。」
今村夏子
女36歳
10 「淡々とした描写の中に、そこはかとない恐ろしさがある。あひるが弟の赤ちゃんのメタファー? と思ってしまうのは深読み? そんなふうに勝手に結末以降を想像してみると……怖いです。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数88 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女57歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
12 「シンプル イズ ベスト。その美点を充分に生かしていて、だからこそ、ここぞというところで文章が光耀く。〈それでもこの星はものすごい速度で太陽のまわりを回っていたから、熱と光の最も届かぬ位置から抜け出して、春が来た〉……ただの文字の羅列が作者の采配次第で新品に生まれ変わる見本。お見事。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 157 平成29年/2017年上半期   一覧へ
選評の概要 「選評」 総行数85 (1行=13字)
選考委員 山田詠美 女58歳
候補 評価 行数 評言
男38歳
17 「まるで、きらきらと輝く接着剤のような言葉で小説をまとめ上げて行く。うまいなー。日浅のお父さん、相当息子を愛しているね。背徳的な意味で。」
今村夏子
女37歳
23 「高田かやの傑作コミックエッセイ「さよなら、カルト村。」を思い起こさせる可愛らしさと、そこはかとない恐ろしさを同時に感じずにはいられない。親を思う子供の純情の外側で、さまざまな不穏なものが蠢いている。」「ラストで父と母に両側から強く抱き締められた主人公は否定出来ない枷をはめられたようにも思える。今回は受賞を逃したが、この先も目の離せない作品を書き続ける人だと確信している。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ