芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
137138139140.
141142143144145.
146147148149150.
151152153154155.
156157.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/8/15

川上弘美
Kawakami Hiromi
生没年月日【注】 昭和33年/1958年4月1日~
在任期間 第137回~(通算10.5年・21回)
在任年齢 49歳3ヶ月~
経歴 旧姓=山田。東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部生物学科卒。大学在学中にSF小説を発表。中学・高校教員を務めたのち結婚。平成6年/1994年、再デビューを果たす。
受賞歴・候補歴
芥川賞候補歴 第113回候補 「婆」(『中央公論文芸特集』平成7年/1995年夏季号[6月])
第115回受賞 「蛇を踏む」(『文學界』平成8年/1996年3月号)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 137 平成19年/2007年上半期   一覧へ
選評の概要 切実さ 総行数52 (1行=14字)
選考委員 川上弘美 女49歳
候補 評価 行数 評言
男37歳
13 「(引用者注:「主題歌」と共に)切実さがあると私は思った。」「実は多くの人がかかえる、「生きて言葉を使って人と関係を持たねばならぬということ」の覚束なさを、ていねいに表現している。」「私は(引用者注:「アサッテの人」と「主題歌」の)両作品を推した。」
柴崎友香
女33歳
12 「(引用者注:「アサッテの人」と共に)切実さがあると私は思った。」「「普通」の「楽しい」生活の中にある、明るいような昏いような不思議な空虚さが、痛切に描かれていると思う。」「私は(引用者注:「アサッテの人」と「主題歌」の)両作品を推した。」
  「初めて臨んだ芥川賞の候補作六作は、いずれも私にとっては読みごたえがあるものだった。みんな面白かったです。まる。そう言っておしまいにしたいのだけれど、そうはゆかない。」
選評出典:『文藝春秋』平成19年/2007年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 138 平成19年/2007年下半期   一覧へ
選評の概要 もう一度会いたい人 総行数48 (1行=14字)
選考委員 川上弘美 女49歳
候補 評価 行数 評言
女31歳
21 「少なくとも(引用者注:全候補作に登場する)三十人以上の人たちに会った。どの人にもう一度会いたいか、じっと考えた。」「緑子。ワンちゃん。その二人だと思った。」「あと十年たった緑子がどうなっているのか、たいそう興味をひかれる。病んでいるのに、不思議にすこやかな印象がある。」「緑子は、二度めに会った時、背反するものをさらに強く身の内に感じさせて玄妙だった。」
選評出典:『文藝春秋』平成20年/2008年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 139 平成20年/2008年上半期   一覧へ
選評の概要 逃げない 総行数55 (1行=14字)
選考委員 川上弘美 女50歳
候補 評価 行数 評言
木村紅美
女32歳
13 「今回一番に推しました。」「今ある小説の中でまだ言葉になっていない、そんな関係を、この作者は描き得ていると思った。逃げないで書いている人だと思う。」
女44歳
7 「見知らぬ人たちなのに、この小説に出てくる人たちを、どんどん好きになってしまった。それは、あるようでいて、実際にはめったにないことです。受賞をとても嬉しく思います。」
選評出典:『文藝春秋』平成20年/2008年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 140 平成20年/2008年下半期   一覧へ
選評の概要 揺籃 総行数65 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女50歳
候補 評価 行数 評言
女30歳
16 「揺れていない。「このように書こう」として、ちゃんと「このように書いている」。」「どんなことを書こうという時も、ごまかさず最後まで詰めて考え、書き表しているから、だと思います。」「わたしは「女の庭」と「ポトスライムの舟」を、少しずつ推しました。」
鹿島田真希
女32歳
12 「語り手が、ときどき利口になってしまっていて、せっかくの気持ち悪い揺れが、正しい揺れになってしまう。魅力的な小説を書く作者だと思います。」「わたしは「女の庭」と「ポトスライムの舟」を、少しずつ推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成21年/2009年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 141 平成21年/2009年上半期   一覧へ
選評の概要 時間 総行数62 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女51歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
23 「自分の記憶を、もしも巻き戻して見ようとするならば、このような状態になるのかもしれないと、読んでいる間じゅう思っていました。」「「物語」を作りあげるという利便に与しないこの作者の書いた「物語」を、いつか読んでみたいものだと思いました。」「(引用者注:「まずいスープ」と共に)最終的に推しました。」
戌井昭人
男37歳
13 「こまかで具体的な事々の書きぶり、すなわち選ぶ言葉やリズムが、とても好きでした。好き、の先に、さらに手ごわい何ものかがあればと、惜しみます。」「(引用者注:「終の住処」と共に)最終的に推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成21年/2009年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 142 平成21年/2009年下半期   一覧へ
選評の概要 ほんの少し、ぐず 総行数71 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女51歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『文藝春秋』平成22年/2010年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 143 平成22年/2010年上半期   一覧へ
選評の概要 切羽 総行数88 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女52歳
候補 評価 行数 評言
鹿島田真希
女33歳
16 「わたしは一番に推しました。」「古代現代訳調の文体が、「女」という身体と精神を持つことのあれこれ、についての語りに、客観性を与えているのだと思います。考えて書いている。そしてまた、考えすぎないで、書いている。両方なのが、いいのです。今まで見たことのない驚きが、生まれ得ていると思いました。」
女35歳
23 「全体にただよう諧謔が、とても好きです。」「アイデンティティーを否定しなければアンネが生きてゆけなかった、という(引用者中略)その苦しみと、「乙女」であることについての主人公のアイデンティファイのしかたのつながりにかんしては、わたしはほんの少しの危惧を感じました。「乙女」という言葉だけで、「乙女性」を表現しているから、ではないでしょうか。」
選評出典:『文藝春秋』平成22年/2010年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 144 平成22年/2010年下半期   一覧へ
選評の概要 こころみ 総行数96 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女52歳
候補 評価 行数 評言
田中慎弥
男38歳
39 「この作品ではじめて、作者は語ろうとしていることと視座との幸福な一致を得たのではないかと、読みながら思いました。」「三回、わたしはこの小説を読みました。読むたびに、好きになりました。最初に読んだ時には素通りしてしまった魅力的な言葉、表現が、読むたびにあらわれるのです。この作品を、わたしは一番に力をこめて推しました。」
男43歳
8 「すでに自分の「型」を見つけています。その「型」を、どのように磨いてゆくのか。または壊してゆくのか。読者を裏切ることを恐れずに、これから先も何かをこころみて下さることを、期待します。」
女26歳
23 「読む快楽を十分に感じながら読みつつ、わたしはいくつかの表現に首をかしげました。(引用者中略)この小説のように、一つ一つの言葉の粒だちによって何かを表現しようとする場合には、「意匠としての言葉のゆらぎ」にあらざる「単なる表現の揺れ」は、ごくオーソドックスな小説よりも遥かに大きな疵となってしまうのではないかと思うのです。」
選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 145 平成23年/2011年上半期   一覧へ
選評の概要 中間 総行数81 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女53歳
候補 評価 行数 評言
戌井昭人
男39歳
18 「魅力的な小説でした。」「いくらでも極端に書くことはできるだろうに、腰のすわらない書きようで登場人物や風俗を描写した、その腰のすわらなさが、この小説のよさだと思ったのです。」「「強く推す」と「少し推す」の半ばほどの力で推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 146 平成23年/2011年下半期   一覧へ
選評の概要 あらゆる猫 総行数179 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女53歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
73 「「この世界」には、生きている猫もいれば、死んでいる猫もいます。それらあまたの猫を、小説家は描いてきました。ところが「道化師の蝶」は、生きている猫と死んでいる猫だけでなく、死んでいるのと同時に生きていもする猫、をも描こうとした小説なのだと、私は思ったのです。」「作者が過去に書いた小説を、幾篇か読んできました。(引用者中略)今回の「道化師の蝶」で初めて私は、「死んでいてかつ生きている猫」が、閉じられた青酸発生装置入りの箱の中で、にゃあ、と鳴いている、その声を聞いたように思ったのです。」
男39歳
11 「「道化師の蝶」とはまったくことなったアプローチで書かれた作品です。けれどこの小説の中にも、わたしはやはり「死んでいながら生きている猫」の遠い息吹を感じました。」
選評出典:『文藝春秋』平成24年/2012年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 147 平成24年/2012年上半期   一覧へ
選評の概要 井戸 総行数87 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女54歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
27 「主人公奈津子の夫であり脳の病を発症している太一の、なんだかよくわからない性格や行動が、たいそう魅力的でした。なんだかよくわからないのに、この小説はとても切実だった。その切実さは、作者が小説にこめた思いの強さ、などというものからきているのではないと思います。そうではなく、作者の書き方、技術の手柄なのです。」
選評出典:『文藝春秋』平成24年/2012年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 148 平成24年/2012年下半期   一覧へ
選評の概要 涙の谷 総行数91 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女54歳
候補 評価 行数 評言
女75歳
19 「この家庭に入りこんでくるいやらしい女に対して、あまりに元々の家の住み手が無批判すぎません? などと思う自分は、卑俗なのかなあと不安になったりもしつつ、やはりここにある日本語はほんとうに美しいなあと、うっとりしたことでした。」「(引用者注:「獅子渡り鼻」とともに)○をつけました。」
小野正嗣
男42歳
44 「作中に書かれている「大きな力」。これはつまり、自然そのものであると、わたしは解釈しました。本作は、自然そのものの不思議を描こうとした作品なのではないでしょうか。」「(引用者注:「abさんご」とともに)○をつけました。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 149 平成25年/2013年上半期   一覧へ
選評の概要 越えてゆく 総行数88 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女55歳
候補 評価 行数 評言
女33歳
19 「ていねい、という言葉を、この小説を読んでいるあいだじゅう、思っていました。周到、ではなく、ていねい、です。そのていねいさは、小説というものに対する情愛からくるのだと思います。」「(引用者注:「想像ラジオ」とともに)少しずつ推しました。二作とも、足りないものがある。けれど足りないものを越えるものを、ちゃんとふくんでいる。そう思ったのです。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 処理できないもの 総行数102 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女55歳
候補 評価 行数 評言
女30歳
19 「見えているのに、見えていないものが、この小説にはたくさん出てきます。「幻想的な」という言葉では処理できないものとして、それらを書きとめたのが、この作品の素晴らしさだと思いました。」「言葉が、大切に使われていた。言葉を並べるためではなく、小説を書くために、言葉が使われていた。そしてそれらの文章の奥底に、笑いがあった。強く、推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 香る 総行数91 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女56歳
候補 評価 行数 評言
女40歳
24 「(引用者注:「どろにやいと」「メタモルフォシス」と共に)それぞれに香るものがありました。」「不穏さが満ちていて、その不穏さはこの作者の作品にはいつもたゆたっていたものではありますが、たくらみを凝らした見せよう、というものを作者が試してみたことが面白いと思ったのです。」「(引用者注:「メタモルフォシス」と共に)推しました。」
羽田圭介
男28歳
18 「(引用者注:「春の庭」「どろにやいと」と共に)それぞれに香るものがありました。」「実直な描きように、気持ちが明るみました。」「主人公サトウの心の内が、一歩一歩、素朴なほどにていねいに描かれていました。」「(引用者注:「春の庭」と共に)推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 怖い 総行数86 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女56歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
38 「作者には、書きたいことがある。そしてきっと、伝えたい相手もいる。その切実さを感じました。」「小説というかたちで差し出したからこそ、作者の書いたことは伝わったのだと思います。それでこそ、小説を書く甲斐があるというものではないでしょうか。」「第一に推し(引用者中略)ました。」
高橋弘希
男35歳
15 「読みながら、うまいなあ、と思いました。」「戦争のことを書いているのに、戦争のことを書いてあることが、読んでいる途中から意識されなくなったからです。でも、そこにこそ、危うさがあるようにも思うのです。この作品にある「かなしみ」を表現するにあたって、「戦争」は本当に必要だったのか。」「次点に(引用者中略)推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 へん 総行数120 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女57歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
19 「こういう家族、知っている(というか、自分の家族の中にもこれと同じような感じがあるなあ)と、確かに私は感じたのです。」「(引用者注:「火花」と共に)人間が存在するところにある、矛盾と、喜びと、がっかりと、しょぼい感じと、輝くような何か(それはとてもささやかなものですが)が、(引用者中略)たくさんありました。」
男35歳
17 「こんな人たち(引用者注:作中の「僕」や「先輩」)と同僚だったり血縁だったり親密な仲になったりしたら大変だよ、と内心でどきどきしながら、それでも好きになったのです。」「(引用者注:「火花」と共に)人間が存在するところにある、矛盾と、喜びと、がっかりと、しょぼい感じと、輝くような何か(それはとてもささやかなものですが)が、(引用者中略)たくさんありました。」
  「人間は、へんです!(引用者中略)自分の中のさまざまな「へん」を、誰もがささえきれず、苦闘している。小説は、そのおもしろさと困難さ、矛盾と哀楽を、どうにかして描こうとしてきたし、また今も描こうとしているのだと思います。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 のび 総行数95 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女57歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
13 「(引用者注:「何」を「どのように」書くかという、小説にとって大きな問題において)あざやかな「何」と「どうやって」の協同があった。惜しむらくは、きれいに協同するあまり、作者にも予想できない「のび」のようなものがなかったことでした」「(引用者注:「異郷の友人」と共に)二作を、少しずつ、推しました。」
男33歳
17 「(引用者注:「何」を「どのように」書くかという、小説にとって大きな問題において)「何」と「どのように」が、ていねいにかつ意外性をもって協同しあっていた。ただ、4章で川に流されていった存在のことを、私は最後まで消化しきれなかったのです。」
  「「何」を、「どのように」書くのかが、大きな問題なのです。小説にとっては、いつも。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 名前を与える 総行数96 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女58歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
11 「おそろしくて、可笑しくて、可愛くて(選評で「可愛い」という言葉を初めて使いました)、大胆で、緻密。圧倒的でした。」「(引用者注:「美しい距離」と共に)強く推しました。」
山崎ナオコーラ
女37歳
18 「一見巷にあふれているものの名前を使った小説に見えて、実は多くの新しい名づけがなされている小説なのだと、わたしは読みました。」「それから、作中の人たちのことを思って、すこし泣きました。」「(引用者注:「コンビニ人間」と共に)強く推しました。」
  「何年か選考をしてきて、少しわかったことがあります。いい小説は、今まで誰も気づかなかった何かに、名前を与えてくれている、ということです。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 口ごもる 総行数93 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女58歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
30 「今回の選考の場で、わたしは(引用者中略)「なんだかいいんですが、うまく説明できないんです」と、そのままのまぬけな言葉で推し、(引用者中略)」「平凡で覚えにくい名字のひとたちが十人以上でてくるのですが、そのひとたちを、ちゃんと区別できた、というあたりに、この小説の秘密があるのかもしれないと、今はにらんでいるのですが、どうでしょうか。言葉につまりながら、「しんせかい」を、いちばんに推しました。」
  「その小説のよろしさを、言葉ではうまく表現できない小説、というものが、わたしにはあるのです。でも、「なんだかいいんですが、それをうまく説明できないんです」などと、選考の場で言っても、たぶん誰も聞いてくれません。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 157 平成29年/2017年上半期   一覧へ
選評の概要 想像 総行数95 (1行=13字)
選考委員 川上弘美 女59歳
候補 評価 行数 評言
今村夏子
女37歳
10 「作者は、誰も教えることのできない、「どう書けばその小説を小説たらしめることができるのか」ということを、すでによく知っている。第一に、推しました。」
男38歳
22 「作者は、小説を読む時の快楽をわかっている、と感じました。なぜなら、この小説の中には、その快楽がたしかにあるからです。」「この作者は、どのくらい意識して書いているのだろう。たぶん、大いに意識しているのではないか。苦しいことです。その苦しさに、どのくらい耐えられるのかを、次の小説まで待ってから見てもいいのではないかと思い、今回わたしはこの作品を第一には推さず、次点としました。」
  「小説の、細部にいつも興味があります。」「描かれている細部だけではなく、描かれていない細部のことまでも想像してしまうようになった時には、すなわちその小説にすっかり引きこまれている、という法則が、わたしにはあります。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ