芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
147148149150.
151152153154155.
156157.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/8/15

堀江敏幸
Horie Toshiyuki
生没年月日【注】 昭和39年/1964年1月3日~
在任期間 第147回~(通算5.5年・11回)
在任年齢 48歳5ヶ月~
経歴 岐阜県多治見市生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。大学院在学中に、パリ留学を経て大学講師となる。そのかたわら翻訳・小説創作をつづける。
受賞歴・候補歴
  • 第12回三島由紀夫賞(平成10年/1998年度)『おぱらばん』
  • 第124回芥川賞(平成12年/2000年下期)「熊の敷石」
  • 第29回川端康成文学賞(平成15年/2003年)「スタンス・ドット」
  • 第8回木山捷平文学賞(平成16年/2004年)『雪沼とその周辺』
  • 第40回谷崎潤一郎賞(平成16年/2004年)『雪沼とその周辺』
  • 第57回読売文学賞[小説賞](平成17年/2005年)『河岸忘日抄』
  • 第61回読売文学賞[随筆・紀行賞](平成21年/2009年)『正弦曲線』
  • 第23回伊藤整文学賞[小説部門](平成24年/2012年)『なずな』
  • 第11回毎日書評賞(平成25年/2013年)『振り子で言葉を探るように』
  • 第66回中日文化賞(平成25年/2013年)「優れた創作・翻訳による現代文化への貢献」
  • 第69回野間文芸賞(平成28年/2016年)『その姿の消し方』
芥川賞候補歴 第124回受賞 「熊の敷石」(『群像』平成12年/2000年12月号)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 147 平成24年/2012年上半期   一覧へ
選評の概要 体感は説明できない 総行数99 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男48歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
28 「途方もない言動を繰り返す母と弟に語り手の徹底的な受け身を対比させ、「受け身」と「受け入れること」のちがいを示してくれる夫を中間に据える、この構造に狂いはない。」「《聖なる愚者》としての夫の存在を前提にすべてを構築しているところ、また、啓示の光を浴びる前に「この人は特別な人なんだ」といった説明が添えられるところに勿体なさを感じるけれど、大切に抱えてきたと思われる主題を描き切っていて、受賞にふさわしい一作だと思う。」
選評出典:『文藝春秋』平成24年/2012年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 148 平成24年/2012年下半期   一覧へ
選評の概要 時間を凝縮してなお瑞々しい声 総行数135 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男49歳
候補 評価 行数 評言
女75歳
37 「質のよい磨りガラス越しに世界を見ている印象だ。」「もってまわった言い方で一般的な言葉遣いを回避しようとする文体上の屈折には、蚊帳の内と外を見極める洗練の力と同等のあやうさがある。しかし、このあやうさがなかったら、つまり書法・書記法への意識がなかったら、何十年かの時間を凝縮してなお瑞々しい声は聞こえてこなかっただろう。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 149 平成25年/2013年上半期   一覧へ
選評の概要 砂が舞う 総行数103 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男49歳
候補 評価 行数 評言
女33歳
31 「「わたし」は「あなた」との、書かれていない「その後」の対話を通じて知らない時間を生き直し、「あなた」の半生を描くと同時に自伝をも書いているのだ。視力の弱い「あなた」の目に異物を装着する結末に吹く風は、繊細な手法とは裏腹な「平明さ」で、過去と未来を同一線上に繋いでくれる。」「「わたし」と「あなた」のあいだにある聞こえていない声の帯域に、読者としての私は深く入り込んでいた。」
選評出典:『文藝春秋』平成25年/2013年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 鼻と定説 総行数158 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男50歳
候補 評価 行数 評言
女30歳
35 「他の人たちからは見えていないらしい元気なようでいてどこか影の薄い子どもたちや義兄だという謎めいた男、あるいはいつも携帯電話をいじっている夫までが、現実と非現実の境目に用意されたトランプの絵柄みたいに見えてくる。」「地方の町や義理の親族たちの持つ奇妙さが、穴のなかで《鼻》を利かせる手探りのリズムで描かれている」「過度なユーモアを抑えた生真面目さも、日常の《定説》を外れる力になっている。」
山下澄人
男47歳
31 「「ぼく」の周囲では時間軸がゆらぎ、人物関係が不分明になる。」「登場人物はみなどこか遠い山の麓の、国王などいない小さな村の住人のようだ。しかも全体に漂う寂しさや悲しさと、王の不在は無関係である。そこがいい。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 光の口のまわりで 総行数93 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男50歳
候補 評価 行数 評言
女40歳
26 「ずっと工事中の都市に仮住まいしているのは、人なのか時間なのか。それを曖昧にしていく語りは、途中で触れられている不発弾のように静かで不気味だ。」「街をはるか上空から「巨大な光の集合」と捉える視線が冷蔵庫の光と重なって、読後ながく胸に残った。」
羽田圭介
男28歳
17 「ここでのMは限りない中途半端さに支えられていて、自ら恃むところ頗る厚くない彼にはそれがよくわかっている。だから、猫ではなくもっと獰猛な獣になっても、尊大ではない羞恥心と言葉を捨てようとせず、生きることに執着する。そう読むと、グロテスクな印象が一転、輝きを放つ。」
横山悠太
男32歳
17 「半減期を持たない漢字の右側の、ルビと呼ばれる猫耳のトリックに限界があることを承知のうえで挑んだこの力一杯の遊戯に、私は惹かれた。」
選評出典:『文藝春秋』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 小指の先にあるもの 総行数88 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男51歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
23 「収束を目指さないためには、不協和音が必要だ。」「「九年前の祈り」にはそれがある。」「悲しみを悲しみと名指さなくとも、つながれた二人の手だけで祈りは成立している。最後の和音は、書き手ではなく物語が要請したものだろうと私は読んだ。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 ギアは使わない 総行数84 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男51歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
18 「作者は介護レベルをニュートラルからいきなりトップギアに持っていきたいという欲望を巧みに抑えた。この平衡感覚は、むしろ過激なものかもしれない。」
男35歳
17 「描写の上滑りも、反復の単調さにも彼は気づいている。しかし最後まで歩くことで、身の詰まった浮き袋を手にしえたのだ。あとはその、自分のものではない球体の重みを、お湯の外でどう抱き抱えていくかだろう。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 短絡の方法 総行数85 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男52歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
16 「展開されているのは、孫が十人もいる老人の通夜の席で共有された複数の意識の波を、少し宙に浮いて自在に移動する視点のシェアだ。」「顔の似通った喪服の親族たちが揃って出かける銭湯の湯船にさえ、此岸と彼岸を短絡するしなやかな言葉の仮橋が見える。」
女36歳
15 「女房になりたい旦那。その旦那に似てしまう女房。合一の危機を回避するには、あいだの橋を破壊するしかない。砕けて生まれた一輪の山芍薬は、異類ではなく立派なホモサピエンスだ。そこが切ない。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 伸縮するもの、しないもの。 総行数85 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男52歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
22 「指のささくれを一本ずつ抜いていくような心理の詰め方が逆にユーモアを生み、異物を排除する正常さの暴力をあぶり出す。読後に差し込む不思議な明るさに、強く引き寄せられた。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 心のざわつき―選評 総行数92 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男53歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
23 「最小限の糸で自分の過去を縫う。それが山下澄人さんの「しんせかい」である。」「使っているうちに濁ってくる感情を縫う糸が、ところどころで切れている。にもかかわらず、読後、一瞬の間を置いてこちらの心がざわつきはじめる。「しんせかい」は、読者の胸にある。そこに惹かれた。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 157 平成29年/2017年上半期   一覧へ
選評の概要 信じる信じないの境目 総行数89 (1行=13字)
選考委員 堀江敏幸 男53歳
候補 評価 行数 評言
男38歳
23 「故意の言い落としで語りのバランスが崩れるのを承知で、よく計算されて書かれた一作だ。」「日浅という男の謎は、「わたし」が押し隠している崩れの予感のあらわれだろう。」「あちこちに顔を出す亀裂を私は好意的に捉えた。」
選評出典:『文藝春秋』平成29年/2017年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ