直木賞のすべて
第11回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/2/18

堤千代
Tsutsumi Chiyo
生没年月日【注】 大正6年/1917年9月20日~昭和30年/1955年11月10日
受賞年齢 22歳10ヵ月
経歴 本名=福留文子、旧姓=堤。東京生まれ。〈堤文子〉名義で昭和2年/1927年~昭和6年/1931年には『赤い鳥』に、昭和8年/1933年~昭和11年/1936年には『東京朝日新聞』家庭欄コドモペーヂに、童話を投稿して数多く入選。昭和11年/1936年に〈よし町ゆき〉名義で『オール讀物』に投稿した情話「制服を着た藝妓」が当選。
サイト内リンク 作品ダウンロード
小研究-記録(年少受賞)
小研究-記録(年少候補)
備考 千代の実妹、大屋絹子による
『オフェリアの薔薇 堤千代追想記』(平成3年/1991年5月・私家版)には、
千代(本名・文子)の生年月日は明治44年/1911年9月20日と書かれている。
それが正しいとすると、受賞年齢は28歳10ヵ月、となり、
直木賞最年少受賞者ではなくなる。
(2016.8.21記)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第10回候補  一覧へ

こゆび
小指」(『オール讀物』昭和14年/1939年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第9巻 第12号  別表記12月特別号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「こゆび」
印刷/発行年月日 印刷 昭和14年/1939年11月3日 発行 昭和14年/1939年12月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  石田讓介
総ページ数 510 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×20行
×2段
本文ページ 202~224
(計23頁)
測定枚数 47
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年10月・新潮社刊『小指』所収
>>昭和23年/1948年1月・日本社/代表名作読物選『小指』所収
>>昭和32年/1957年4月・東方社刊『花は散れども』所収
>>昭和48年/1973年10月・講談社刊『大衆文学大系30 短篇(下)』所収
>>昭和56年/1981年7月・集英社/集英社文庫『ロマンチックはお好き?』所収
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
>>平成4年/1992年11月・文藝春秋/文春文庫『愛の迷宮 アンソロジー人間の情景3』所収
>>平成12年/2000年11月・ゆまに書房/近代女性作家精選集『小指』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 堤千代 女22歳
選考委員 評価 行数 評言
佐藤春夫
男47歳
63 「相当に才能のある作者が偶よく纏ったものを書いたというのを認めるには吝でないまでも授賞が作者の将来まで見通さなければならないとすれば見合した方が適当らしい、と思われたものである。」
白井喬二
男50歳
31 「人情の機微、人間味に委ねて、文学上の時局弄作の跡を、惜しいかな私は、根底に横わる欠陥と見ないでは居られ無かった。」
室生犀星
男50歳
18 「たんにいやあな気持であればいいのだが、それ以上にふかく陰惨であることがらが書かれていることは文学の徳にもとるような気がした」
大佛次郎
男42歳
0  
瀧井孝作
男45歳
19 「手の届く限りくまくままで描いて、控え目なものがないから、読み乍ら余情のうつりが来ず、読んで頭を働かせるたのしさと云うものが全くないと思った。」
小島政二郎
男46歳
148 「作者が花柳界の女性の心理を捉えて生かし切っているところに、喋っている人の呼吸まで聞えるくらい活写しているところに、僕は感服したのだ。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「七」
時代設定 場所設定
昭和初期  東京
登場人物
私(語り手・芸妓)
染ちゃん(芸妓)
××少尉(若い傷痍軍人)




直木賞 第11受賞  一覧へ

こゆび
小指」(『オール讀物』昭和14年/1939年12月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第9巻 第12号  別表記12月特別号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「こゆび」
印刷/発行年月日 印刷 昭和14年/1939年11月3日 発行 昭和14年/1939年12月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  石田讓介
総ページ数 510 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×20行
×2段
本文ページ 202~224
(計23頁)
測定枚数 47
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書誌情報は上記(第10回候補)と同じ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 堤千代 女22歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男46歳
5 「前回に於ける私の主張が通って今度改めて推薦されたことは、欣快至極である。」
白井喬二
男50歳
5 「今度は僕も賛成。」「角度は狭けれど、才筆掬すべし。」
宇野浩二
男49歳
41 「作品の主人公がこましゃくれているのとは違った意味で、やはりこましゃくれていると云う感があるだけでも、私は感心できないのである。」
佐佐木茂索
男45歳
8 「最大傑作は「小指」である。「雛妓」の如きは凡庸に過ぎる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第11回社内候補  一覧へ

おしゃく
雛妓」(『オール讀物』昭和15年/1940年4月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第10巻 第4号  別表記十周年記念4月特大号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「おしやく」
印刷/発行年月日 印刷 昭和15年/1940年3月3日 発行 昭和15年/1940年4月1日
発行者等 発行兼印刷兼編輯人 香西 昇 印刷所 大日本印刷株式会社榎町工場(東京市)
発行所 株式会社文藝春秋社(東京市)
装幀/装画等  富永謙太郎
総ページ数 480 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×21行
×2段
本文ページ 422~435
(計14頁)
測定枚数 31
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年10月・新潮社刊『小指』所収
>>平成12年/2000年11月・ゆまに書房/近代女性作家精選集『小指』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 堤千代 女22歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男46歳
5 「前回に於ける私の主張が通って今度改めて推薦されたことは、欣快至極である。」
白井喬二
男50歳
5 「今度は僕も賛成。」「角度は狭けれど、才筆掬すべし。」
宇野浩二
男49歳
41 「作品の主人公がこましゃくれているのとは違った意味で、やはりこましゃくれていると云う感があるだけでも、私は感心できないのである。」
佐佐木茂索
男45歳
8 「最大傑作は「小指」である。「雛妓」の如きは凡庸に過ぎる。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「四」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
私(語り手・芸妓)
ツウちゃん(身寄りのない雛妓)
兵隊さん(老中尉、慰問袋を介したツウちゃんの知り合い)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ