直木賞のすべて
第79回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/1/25

津本陽
Tsumoto Yo
生没年月日【注】 昭和4年/1929年3月23日~
受賞年齢 49歳3ヵ月
経歴 本名=津本寅吉(ツモト・トラヨシ)。和歌山県生まれ。東北大学法学部卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第56回直木賞(昭和41年/1966年下期)「丘の家」
  • 第79回直木賞(昭和53年/1978年上期)「深重の海」
  • |候補| 第19回吉川英治文学賞(昭和60年/1985年)『雑賀六字の城』
  • 和歌山県文化賞(平成5年/1993年)
  • 第29回吉川英治文学賞(平成7年/1995年)『夢のまた夢』
  • 紫綬褒章(平成9年/1997年)
  • 第1回歴史時代作家クラブ賞[特別功労賞](平成24年/2012年)
個人全集 『津本陽歴史長篇全集』全28巻(平成10年/1998年12月~平成13年/2001年3月・角川書店刊)
直木賞
選考委員歴
第113回~第135回(通算11.5年・23回)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第56回候補  一覧へ

おか いえ
丘の 家」(『VIKING』188号[昭和41年/1966年7月])
媒体・作品情報
誌名 「VIKING」  別表記表紙 「VIKING CLUB 神戸・東京」併記
巻号 第188号/第20巻 第7号
印刷/発行年月日 発行 昭和41年/1966年7月30日
発行者等 編集人 北川荘平 発行人 桑原 昭 印刷人 本 伍郎(神戸刑務所)(明石市)
発行所 (桑原昭方)(芦屋市)
総ページ数 86 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 2~29
(計28頁)
測定枚数 97
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『オール讀物』昭和42年/1967年4月号
>>昭和54年/1979年8月・中央公論社刊『恋の涯』所収
>>昭和57年/1982年8月・中央公論社/中公文庫『恋の涯』所収
>>平成11年/1999年9月・講談社刊『津本陽自選短篇20』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 津本陽 男37歳
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男49歳
0  
松本清張
男57歳
8 「ママさんがかなり描けているのに、ほかの娼婦たちがかすんでいるのは、観察者になっている主人公の甘さのせいである。」
源氏鶏太
男54歳
4 「お菊さんという女主人公の異常さがよく描けているが、どこかパンチに欠けている。」
海音寺潮五郎
男65歳
7 「いずれも面白く読んだ。」「お菊さんの描出(引用者中略)に感心した。」
村上元三
男56歳
4 「お菊という女がもっと描けていれば面白いのに、わたしという人間が無性格なので損をしている。」
今日出海
男63歳
0  
川口松太郎
男67歳
0  
水上勉
男47歳
5 「なるほど心をうつところがあるにしても、いささかつっこみが足りないし、主人公もいい子になっている。」
中山義秀
男66歳
11 「これだけに私は、文学性のある一種の流露感をくみとった。不自然な作為を、ことさらに強調していないのがよい。」「その将来の探求と発展に私は期待をよせている。」
選評出典:『オール讀物』昭和42年/1967年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和25年/1950年頃  仙台市郊外
登場人物
私(語り手、遠山健二、大学生)
深谷菊(丘の家の女主人)
速水宏(私の親類)
速水玲(宏の妹、私の片思いの相手)
吉川(丘の家の間借人)
柴田(丘の家の間借人、P・X勤務)




直木賞 第79受賞  一覧へ

じんじゅう うみ
深重の 海」
(『VIKING』292号~328号[昭和50年/1975年4月~昭和53年/1978年4月])
媒体・作品情報
分載回数 全12回
誌名 「VIKING」  別表記表紙 「VIKING CLUB 神戸・東京」併記
巻号 (1)第292号/第29巻 第4号 (2)第294号/第29巻 第6号 (3)第295号/第29巻 第7号 (4)第296号/第29巻 第8号 (5)第304号/第30巻 第4号 (6)第305号/第30巻 第5号 (7)第306号/第30巻 第6号 (8)第308号/第30巻 第8号 (9)第311号/第30巻 第11号 (10)第320号/第31巻 第8号 (11)第323号/第31巻 第11号 (12)第328号/第32巻 第4号
作品名 別表記 (11)(12)本文 ルビ有り「じんじゅう」「うみ」
副題等 (1)目次・本文 「(一)」 (2)目次・本文 「(二)」 (3)目次・本文 「(三)」 (4)目次・本文 「(四)」 (5)目次・本文 「(五)」 (6)目次・本文 「(六)」 (7)目次・本文 「(七)」 (8)目次・本文 「(八)」 (9)目次・本文 「(九)」 (10)目次・本文 「(十)」 (11)目次 「(11)」 本文 「(十一)」 (12)目次 「(12)」 本文 「(十二)」
印刷/発行年月日 (1)発行 昭和50年/1975年4月30日 (2)発行 昭和50年/1975年6月30日 (3)発行 昭和50年/1975年7月30日 (4)発行 昭和50年/1975年8月30日 (5)発行 昭和51年/1976年4月30日 (6)発行 昭和51年/1976年5月30日 (7)発行 昭和51年/1976年6月30日 (8)発行 昭和51年/1976年8月30日 (9)発行 昭和51年/1976年11月30日 (10)発行 昭和52年/1977年8月30日 (11)発行 昭和52年/1977年11月30日 (12)発行 昭和53年/1978年4月30日
発行者等 (1)~(10)編集人 広重 聡 (11)(12)編集人 田寺敦彦 発行人 安光奎祐 印刷人 藤本留雄(神戸刑務所)(明石市)
発行所 VIKING CLUB(尼崎市)
総ページ数 (1)52 (2)78 (3)?? (4)76 (5)82 (6)70 (7)92 (8)68 (9)48 (10)92 (11)92 (12)62 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ (1)22~40 (2)51~60 (3)??~?? (4)63~75 (5)61~72 (6)49~58 (7)70~78 (8)46~54 (9)33~40 (10)2~21 (11)2~21 (12)2~38
(計168頁)
測定枚数
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和53年/1978年8月・新潮社刊『深重の海』
>>昭和57年/1982年12月・新潮社/新潮文庫『深重の海』
>>平成5年/1993年4月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『深重の海』(上)(下)
>>平成11年/1999年3月・角川書店刊『津本陽歴史長篇全集 第1巻 深重の海』所収
>>平成24年/2012年11月・集英社/集英社文庫『深重の海』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 津本陽 男49歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男59歳
24 「候補作品中群をぬく重さである。」「ずしりと持ち重りのする作品というものの少ない季節ゆえ、捨てがたく、最後までのこし、授賞二作を選ぶとなればこれだと、賛成にまわった。」
村上元三
男68歳
4 「いささか長すぎるとも思うが、重量感はあった。器用な作品ではないものの、この生まじめさは買いたい。」
司馬遼太郎
男54歳
14 「上手な小説でもないが、主題への骨太い実直さと、それと無縁ではない現実感のおびただしい累積が、ロシアの画家の不器用なデッサンを見るような迫力を感じさせた。」
城山三郎
男50歳
14 「スケールもあり、時代のゆるやかなうねりを、細密画のようにていねいに描いている。」「ただし、これほどまで方言で塗りかためる必要があるかどうか、読みにくさが難。」
川口松太郎
男78歳
6 「「深重の海」のように性根を据えて取り組むか(引用者中略)いずれにもせよ机の上で考えただけでは駄目だという事実は決定的である。」
五木寛之
男45歳
6 「私の中では、色川武大、小林信彦、深田祐介、津本陽、の四氏が残った。」
源氏鶏太
男66歳
11 「出色の作品であった。いってみれば地方在住の無名作家の授賞は、私にとっても会心のことであった。」
今日出海
男74歳
16 「一番読み応えがあった。ただ方言が多く、一般の読者には読みづらいのではないか。」「作者の迫力と重厚な熱意とが、作品の重力となり、この作品を推す人が多かった。当然のことである。」
選評出典:『オール讀物』昭和53年/1978年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「一章」~「十二章」「終章」
時代設定 場所設定
明治  和歌山太地湾
登場人物
孫才次(鯨方の漁師)
ゆき(孫才次の幼なじみ)
弥太夫(孫才次の父親)
覚吾(旧名・和田伊織、鯨方棟梁)
金右衛門(山旦那)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ