直木賞のすべて
第137回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/9/30

森見登美彦
Morimi Tomihiko
生没年月日【注】 昭和54年/1979年1月6日~
経歴 奈良県生駒市生まれ。京都大学農学部卒、京都大学大学院農学研究科修士課程修了。大学院の研究室に在籍中の平成15年/2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。
受賞歴・候補歴
  • 第15回日本ファンタジーノベル大賞(平成15年/2003年)「太陽の塔」
  • |第2位| 第4回2007年本屋大賞(平成19年/2007年)『夜は短し歩けよ乙女』
  • 第20回山本周五郎賞(平成18年/2006年度)『夜は短し歩けよ乙女』
  • |候補| 第137回直木賞(平成19年/2007年上期)『夜は短し歩けよ乙女』
  • |候補| 第24回織田作之助賞[大賞](平成19年/2007年)『夜は短し歩けよ乙女』
  • |第3位| 第5回2008年本屋大賞(平成20年/2008年)『有頂天家族』
  • 第3回2010大学読書人大賞(平成22年/2010年)『夜は短し歩けよ乙女』
  • |候補| 第1回山田風太郎賞(平成22年/2010年)『ペンギン・ハイウェイ』
  • 第31回日本SF大賞(平成22年/2010年)『ペンギン・ハイウェイ』
  • |第3位| 第8回2011年本屋大賞(平成23年/2011年)『ペンギン・ハイウェイ』
  • |第9位| 第11回2014年本屋大賞(平成26年/2014年)『聖なる怠け者の冒険』
  • 第2回京都本大賞(平成26年/2014年)『聖なる怠け者の冒険』
  • |候補| 第156回直木賞(平成28年/2016年下期)『夜行』
  • 第7回広島本大賞(平成29年/2017年)『夜行』
  • |第8位| 第14回2017年本屋大賞(平成29年/2017年)『夜行』
  • |候補| 第8回山田風太郎賞(平成29年/2017年)『夜行』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第137回候補  一覧へ

よる みじか ある おとめ
夜は 短し 歩けよ 乙女』(平成18年/2006年11月・角川書店刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「よる」「みじか」「ある」「おとめ」
印刷/発行年月日 発行 平成18年/2006年11月30日(初版)
測定媒体発行年月日 発行 平成19年/2007年3月5日(6版)
発行者等 発行者 井上伸一郎 印刷所 大日本印刷株式会社 製本所 株式会社鈴木製本所
発行所 株式会社角川書店(東京都) 発売元 株式会社角川グループパブリッシング(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 中村佑介 装丁 高柳雅人(角川書店装丁室)
総ページ数 301 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×18行
×1段
本文ページ 5~301
(計297頁)
測定枚数 513
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『野性時代』平成17年/2005年9月号、平成18年/2006年3月号、10月号、11月号
>>平成20年/2008年12月・角川書店/角川文庫、角川グループパブリッシング発売『夜は短し歩けよ乙女』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 森見登美彦 男28歳
選考委員 評価 行数 評言
五木寛之
男74歳
22 「近作『新釈 走れメロス』の怪走ぶりに驚き、ついに文壇をひっくり返す大天狗作家の出現かと期待したものの、今回の候補作いささか肩すかしをくらった感をぬぐえなかったのは私ひとりだろうか。」「(引用者注:「吉原手引草」との)二作受賞もまた良しと考えて選考の席にのぞんだのだが、支持する声が少なかったのは、意外だった。」
浅田次郎
男55歳
8 「別の選考会における選評に述べた通りである。」「すぐれた作品ではあるが、直木賞には力及ばずとする階級主義的評価を寛恕していただきたい。」
渡辺淳一
男73歳
7 「いかにも今風の男女の姿を描いているが、ファンタジーかお笑いか。重い、真摯なものを避け、斜めに書く姿勢をよしとしている作風が鼻につく。」
平岩弓枝
女75歳
0  
阿刀田高
男72歳
14 「評価の分かれる作品だ。」「私は筋のよさを感じたが、だからどうした、と小説の本筋としての価値を問われると、やはり躊躇を覚えてしまう。――もう一作、待ちたい――と考えた。」
北方謙三
男59歳
9 「最後まで、私の心に食いこんでくるものがなかった。この男女に、どう感情移入せよというのだ、という思いがつきまとまった。才気は感じるが、ペダンチックな部分にも、私は馴染めなかった。」
宮城谷昌光
男62歳
2  
林真理子
女53歳
27 「面白いことは面白いのであるが、途中からいっきにだれてくる。」「ギリシャ神話を彷彿とさせるような清新さに最初はハッとするものの、最後まで一本調子が抜けない。作者が“これでよし”と思う気持ちが強過ぎるからだ。ありきたりな言い方であるが、(引用者中略)あまりご自分の才に溺れないでほしい。」
井上ひさし
男72歳
23 「独特な物語性を備えた快作であって、美点は多い。たとえば、青春小説の独り善がりの青臭さを、わざと悪趣味に誇張して見せる批評的な態度、巡り逢い青春小説の御都合主義を徹底的にからかうおもしろさ、(引用者中略)読者との距離をできるだけ縮めようと努力する文体、一つの事件を男と女の側から見ようとする複眼の手法……いいところを挙げると際限がない」
選評出典:『オール讀物』平成19年/2007年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 山本周五郎賞 20受賞 一覧へ
候補者 森見登美彦 男28歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男55歳
47 「年齢とキャリアから察するに、この建築家の才覚はなまなかのものではない。古典的な素材をふんだんに使用して、少しも衒いを感じさせぬ。自由闊達な表現をしながら放埓に流れず、思想性や求心力には欠けるものの、決定的な破綻は見当たらない。」「すぐれた建築にはストーリー性のダイナミズムが必要である。この一作品を鑑賞した限りでは、氏にそうした資質があるかどうか不明であった。」「この物件については保留」
北村薫
男57歳
109 「『夜は短し歩けよ乙女』を推す。」「これはもう、一段階、完全に抜けていて、どれかひとつとなったら論をまたない、という思いであった。」「粗筋を聞いたら、腹の立つような話が、読んでみると、まことに魅力的なのだ。まさに、そこにこそ、小説の魅力、――いや、この場合は、そんなところは軽々と飛び越えて《魔力》といった方がいい――それが、あるからだ。」
小池真理子
女54歳
59 「個人的にはこの作品を強く推したい、と思ったのだが、正直なところ、選考会が始まるまで他の委員の反応が読めなかった。」「ひとたび蓋を開けてみたら、各委員ともに、高く評価し、短時間のうちに文句なしの受賞作に決まった。」「単に物語や仕掛けの面白さというよりは、むしろ、私はこの作品に通奏低音のように流れている「健やかさ」に感心した。」「読んでいて、気持ちがひたすら明るく、温かくなる作品でもある。」
重松清
男44歳
37 「森見さんは視点をヒロインの側にも割り振った。これ、ほんとうはとても危険で難しい試みだと思うのだ。」「森見さんはみごとに「一人称の天然」を描ききった。種明かしになりかねない内面へと無防備に足を踏み込むことなく、それでいて決して物足りなさは感じさせずにヒロインを造型し、描写した。その筆力(なのかヒロインや物語そのものへの愛なのか)にただただ敬服して、授賞への一票を投じたのだった。」
篠田節子
女51歳
35 「冒頭数ページのお調子ものの比喩と言い回しに白けながら、しかし読み進むに従い、作者の豊かなイメージ世界と尋常ならざる言葉の巧みさに、引き込まれていった。」「幻想的ではあってもグロテスクさや回転性の眩暈を誘うような不快な混乱はない。こちらの予想を裏切りながら、物語はすこぶる心地よく、収束した。」「作者はセンスも語り口もぬきんでたものを持った方のようでもあり、この先、様々なテーマと題材に果敢に取り組まれ、私たちを楽しませてくれることを期待している。」
選評出典:『小説新潮』平成19年/2007年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 137回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
大和のオヤジ 平成19年/2007年7月5日 デビュー作から読んでいます。少し変わった作風が魅力ですが、この作品は読み易く、ついつい展開に引き込まれ主人公を応援したくなります。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 夜は短し歩けよ乙女」「第二章 深海魚たち」「第三章 御都合主義者かく語りき」「第四章 魔風邪恋風邪」
時代設定 場所設定
[同時代]  京都
登場人物
私(語り手の一人、「先輩」、男子大学生)
私(語り手の一人、「彼女」、女子大学生、黒髪の乙女)
羽貫(歯科衛生士)
樋口(自称・天狗、羽貫の連れ)
李白(酒豪、高利貸し)
事務局長(「先輩」の友人、学園祭事務局長)
パンツ総番長(願掛けで一枚のパンツを穿き続ける学生)





うちょうてん かぞく
有頂天 家族』(平成19年/2007年9月・幻冬舎刊)
書誌
>>平成22年/2010年8月・幻冬舎/幻冬舎文庫『有頂天家族』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 138回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
omi 平成19年/2007年12月18日 (なし)
ばんび 平成20年/2008年1月5日 読んでる間も、読んだ後もひたすらに明るい気持ちになれる幸せな作品です。個人的には「夜は短し~」よりも好きです。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




よいやままんげきょう
宵山万華鏡』(平成21年/2009年7月・集英社刊)
書誌
>>平成24年/2012年6月・集英社/集英社文庫『宵山万華鏡』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 142回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
おおしま 平成21年/2009年12月9日 6つの短編の重なり具合がおもしろい。そろそろ獲ってほしいなぁ。
コンササドーレ 平成21年/2009年12月11日 【注:投票は「池井戸潤」との予想】
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第156回候補  一覧へ

やこう
夜行』(平成28年/2016年10月・小学館刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 平成28年/2016年10月30日(初版第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 平成28年/2016年11月21日(第2刷)
発行者等 発行者 菅原朝也 印刷所 大日本印刷株式会社 製本所 株式会社若林製本工場 編集 幾野克哉、奥田素子
発行所 株式会社小学館(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装画 ゆうこ 装丁 岡本歌織(next door design)
総ページ数 253 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×18行
×1段
本文ページ 5~253
(計249頁)
測定枚数 426
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『STORY BOX』平成21年/2009年8月号~12月号、平成22年/2010年5月号~8月号「夜行」+『STORY BOX別冊 青森へ』平成22年/2010年11月「夜会」/再構成・全面改稿
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
第一夜 尾道
>>『STORY BOX』平成28年/2016年11月号
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 森見登美彦 男38歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男65歳
20 「シンプルで正確な文章を駆使して、一種の古典的な小説世界の構築に成功していた。」「しかるに、小説家は常住不断の肉体労働者であるから、本作はいかにも膂力に欠くるの観を否めぬ。しいて言うならば、豊かな海が岬の向こうに豁けているにもかかわらず、目の前の入江を海だと信じている。小舟を漕ぎ出すわずかな勇気さえあればよいのである。」
宮城谷昌光
男71歳
17 「最後に、陰画が陽画に変わるようなしかけがほどこされている。だが、それは小細工にすぎないであろう。私は氏の作品を読みながら、この人は奇をてらわずに正攻法で読み手を圧倒するものが書けるはずだとおもった。小手先にこだわっていると、歳月はおどろくべき速さですぎてゆくので、才能の浪費になりかねない。」
宮部みゆき
女56歳
25 「基本的にこぢんまりした「お話の会」の器に、SF的に大きなパラレルワールドを押し込み、一話ごとに不吉で鮮烈な幻想場面を惜しげなく盛り込んだことで、具が多すぎる鍋物みたいに生煮えの部分が出てきてしまいました。私は選評でよくこの表現を使いますが、「もったいない!」。」「それと、この上品な幻想小説にこの装丁は合わないと感じました。」
北方謙三
男69歳
15 「表と裏、光と影があって、世界が二重になっているという設定だったが、私にはうまく入ってこなかった。」「最後に、裏から表に出て、また裏に帰るあたりで、いくらか心が騒いだが、それだけだった。」
高村薫
女63歳
10 「怪奇小説なので、人間の手触りなどは求めないが、怪談は怪談なりに仕掛けの整合性が欠かせない。思いつきで繰り出した異界の仕掛けがあちこちで放置されたままになっており、描きかけの習作を見せられているようだった。」
林真理子
女62歳
10 「読者は読んでいるうちに時々迷路にはまってしまう。それが狙いかもしれないが、このはかなさ、ふわふわとした感触は、他の候補作の力強さに負けてしまう。やはり抽象画の世界なのである。」
東野圭吾
男58歳
23 「私の苦手なジャンルの小説だ。」「おそらく合理性を求めるのは野暮で、作者の描く風景が好きか嫌いかという問題だろうが、私は最後まで疑問がいくつも頭に残ったままになる読書は、あまり好きではない。しかし文学性という点でほかの委員が高評価をつけるなら、反対はしないつもりだった。」
桐野夏生
女65歳
13 「十年前の女性の失踪という始まりに期待を持ったが、悪い夢のとりとめのなさが、やや単調に感じられる。特に、重要なアイテムとなっている岸田の銅版画の描写が、それぞれを夜の世界に閉じ込めるほど魅力的には書かれていない。」
伊集院静
男66歳
19 「私には幻想世界とは別に、このシーンは好きだなと思える文節がいくつかあって、その才能に感心した。しかし小説全体を通して、いかなるものを自分がこの作品から見つけられたか、出逢えたのか、を読後に思い起こそうとしたが、私には見つけることができなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作長篇〔5篇〕
時代設定 場所設定
[同時代]~10年前  京都~東京~尾道~松本~奥飛騨~飛騨高山~越後湯沢~青森~伊那~天竜峡など
登場人物
大橋(10年ぶりに英会話サークルの仲間たちと集まったひとり)
中井(同、当時修士課程の大学院生)
武田(同、大橋の一歳年下)
藤村(同、武田と同い年)
田辺(同、中井の二年年上、当時某劇団に所属)
長谷川(英会話サークル仲間のひとり、10年前に突然失踪)
岸田道生(銅版画家、連作絵画「夜行」の作者)
第一夜 尾道
章立て
なし
登場人物
僕(中井、「第一夜」の語り手)
妻(中井の妻)
ホテルマン(尾道にあるホテル勤務の男)
第二夜 奥飛騨
章立て
なし
登場人物
僕(武田、「第二夜」の語り手、科学技術系出版社に勤務)
増田(武田の先輩社員)
川上美弥(増田の恋人)
瑠璃(美弥の妹)
三島邦子(松本に住む初老の女性)
第三夜 津軽
章立て
なし
登場人物
私(藤村玲子、「第三夜」の語り手、銀座の画廊に勤務)
夫(藤村の夫)
児島(夫の後輩)
佳奈(玲子の小学校時代の友人)
第四夜 天竜峡
章立て
なし
登場人物
俺(田辺、「第四夜」の語り手、豊橋にある実家の家具店勤務)
佐伯(〈岸田サロン〉に出入りしていた男、自称・降霊術師)
女子高生(田辺が飯田線で乗り合せた乗客)
最終夜 鞍馬
章立て
なし
登場人物
私(大橋、「最終夜」の語り手)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ