直木賞のすべて
第156回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/8/31

須賀しのぶ
Suga Shinobu
生没年月日【注】 昭和47年/1972年11月7日~
経歴 埼玉県草加市出身。上智大学文学部史学科卒。大学在学中の平成6年/1994年に「惑星童話」でコバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞し作家デビュー。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



かくめいぜんや
革命前夜』(平成27年/2015年3月・文藝春秋刊)
書誌
>>初出『別冊文藝春秋』平成25年/2013年5月号~平成26年/2014年7月号/単行本化にあたり大幅加筆修正
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 37回候補 一覧へ
候補者 須賀しのぶ 女43歳
選考委員 評価 行数 評言
伊集院静
男66歳
11 「受賞に推すと言う選考委員もいたが、薬丸氏の作品との比較になると、分が悪かったと言うしかない。選考というものが持つ、独特な流れに乗れなかったのは残念だった。」
大沢在昌
男59歳
7 「受賞作(引用者注:「Aではない君と」)と並んで私は評価した。音楽をこれほど伝えられる文章を私は知らない。天才肌の登場人物の描写もみごとである。」
恩田陸
女51歳
8 「「こんなふうにベルリンの壁は崩れました」ということは分かるのだが、そこに主人公が有機的に絡んで来ない。」
京極夏彦
男52歳
0  
高橋克彦
男68歳
54 「(引用者注:「Aではない君と」「世界の果てのこどもたち」と共に)作中に示される覚悟と勇気と我慢と研鑽に魂を揺さぶられる(引用者中略)未熟な私にはそれがそれぞれの著者の内面にある真実の叫びによるものと思えた。でなければこれほどに伝わらない。」
選評出典:『小説現代』平成28年/2016年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 銀の音」「第二章 ベルリンの壁」「第三章 監視者」「第四章 水の音」「第五章 砂塵の音」「第六章 エクソダス」「第七章 革命前夜」
時代設定 場所設定
1989年  東ベルリン~ドレスデン~ライプツィヒ~西ベルリン~ミュンヘン~ブダペスト~ショプロンなど
登場人物
僕(語り手、眞山柊史、音楽大学の留学生、ピアニスト)
ラカトシュ・ヴェンツェル(ハンガリー出身の留学生、ヴァイオリニスト)
イェンツ・シュトライヒ(音楽大学生、定期士官、ヴァイオリニスト)
ガビィ(イェンツの妻、チェリスト)
クリスタ・テートゲス(都市計画説明担当者〈事実上の失業者〉、オルガン奏者)
李英哲(北朝鮮出身の留学生、ピアニスト)
スレイニェット(ベトナム出身の留学生、ピアニスト)
ニナ(14歳)




直木賞 第156回候補  一覧へ

さくら くに
『また、 桜の 国で』(平成28年/2016年10月・祥伝社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「さくら」「くに」
印刷/発行年月日 発行 平成28年/2016年10月20日(初版第1刷)
発行者等 発行者 辻 浩明 印刷 堀内印刷 製本 ナショナル製本
発行所 祥伝社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 永井秀樹 装丁 多田和博
総ページ数 497 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×20行
×1段
本文ページ 5~497
(計493頁)
測定枚数 974
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『小説NON』平成27年/2015年12月号~平成28年/2016年4月号/単行本化にあたり加筆訂正
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 須賀しのぶ 女44歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男65歳
24 「まさに瞠目する作品であった。」「少しでも感情に流されれば必ず破綻する内容であるにもかかわらず、常に冷静であるのは歴史を知悉しているからである。」「しかしながら、こうした深い造詣は小説家にとって両刃の剣で、史実と虚構の均衡を保つことが難しい。たいそう高等な課題ではあるが、受賞に至らなかった最大の理由はそれであろう。」
宮城谷昌光
男71歳
14 「最初の設定がいかにも都合のよすぎる点が、ひっかかったが、いちおうリアリティをもたせることに成功している。ただし、歴史が重く、人物は軽い。知識の豊富な人の瑕瑾である。」
宮部みゆき
女56歳
31 「(引用者注:主人公の)棚倉慎は正義と平和を希求する素晴らしい人物ですが、でも生身の人間なのですから、どこかに自己保身の欲求や怯懦もあったはずで、「清く正しく美しい」主人公であるためにそうした弱さを排除されてしまったことが、かえって彼の物語的リアリティを削いでしまった気がします。とはいえ須賀しのぶさんの筆力と、付け焼き刃ではない歴史的知識には敬服するしかありません。」
北方謙三
男69歳
27 「鮮やかなものが間違いなく浮かびあがってくる、力作であった。ただ、大使館に集まる情報であるがゆえに、俯瞰性と客観性を持ち、逆に劇的要素が薄くなった、という気もした。」「特権をふり捨てての実戦への参加は、ロマンティシズムであり、そのあたりから、小説の迫真力はさらに薄くなった、と私は思った。」
高村薫
女63歳
24 「時代背景についての作者の造詣がうまく小説に結実していると思う。しかしながら、ロシア人との混血である主人公の獲得した祖国日本のアイデンティティが「武士道」「礼節」「桜」では、さすがに興ざめする。」「歴史上の出来事に登場人物を適宜当てはめてゆくのではなく、逆に個々の人間を通してある時代の姿が見えてくるように書くのが、小説というものではないかと思う。」
林真理子
女62歳
15 「きっちり書き込んで読者を飽きさせない筆力は素晴らしいものがあるが、日本人がどうして最後までポーランドと運命を共にするかが心にしみてこない。彼は日本の外務省に勤める立場なのだ。しかし、よい小説を読んだという手ごたえはずっと残った。」
東野圭吾
男58歳
20 「前半は、教育番組のように登場人物たちが歴史や国についての説明を延々と交わすので辛かった。」「主人公は歴史を語るために配されたルポライターで、不自然な行動のいくつかは、作者の都合によるもののように感じた。主人公の行為が、さほど大きなことでも崇高なことでもないように思え、部外者がこれほどまでに存在感を発揮できるだろうか、という疑問も残った。」
桐野夏生
女65歳
22 「日本の大使館員がポーランドのために闘うという設定にリアリティがあるのかと問われれば、おそらくないに違いない。」「ヤン、パーカーらの人物描写がうまくいってるとは言い難いし、政治状況もざっくりしたダイジェスト版に感じられる。とはいえ、人間の本当の居場所は国家とは関係がないということが、真摯に伝わる。力作だ。」
伊集院静
男66歳
26 「第二次大戦以前からあった日本とポーランドの繋りに注目して、ひとつの作品世界を書き上げた作者の目の良さにまず好感を抱いた。」「息切れすることもなくラストシーンまで突っ走った意欲には爽快感さえ感じられた。その速度のせいもあるのだろうが、小説の構成として作者が何を一番伝えたかったのかがはっきりとしなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 156回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
てつはちろう 平成28年/2016年12月31日 第2次大戦のポーランドという、日本人には馴染みの薄い舞台の小説でかなりの長編ですが、とても読みやすく中盤からは一気に読んでしまいました。作者のバランスの取れた歴史観に好感が持てます。

初候補で受賞は難しいかもしれませんが、直木賞候補になったことで多くの人に読まれ、作者の実力が広く知られるようになることを期待しています。
P.L.B. 平成29年/2017年1月19日 『また、桜の国で』も『室町無頼』も、
いまの時代に書かれた、ということが
如実に伝わってくる熱い作品なので、
やはり直木賞は授賞してほしい。(同時推薦=>垣根涼介
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 平原の国へ」「第二章 柳と桜」「第三章 開戦」「第四章 抵抗者」「第五章 灰の壁」「第六章 バルカン・ルート」「第七章 革命のエチュード」「終章」
時代設定 場所設定
1938年~1920年~1944年~1953年  ドイツ~ポーランド~東京~ブルガリア~トルコ
登場人物
棚倉慎(外務書記生、ロシヤ人の父と日本人の母のあいだに生れた次男)
レイモンド・パーカー(シカゴプレスの記者)
ヤン・フリードマン(カメラマン、ワルシャワ在住ユダヤ人)
マジェナ・レヴァンドフスカ(在ポーランド日本大使館の事務員)
イエジ・ストシャウコフスキ(「極東青年会」会長、元シベリア孤児)
ハンナ・シュロフシュテイン(書店の娘、ワルシャワ在住ユダヤ人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ