直木賞のすべて
第150回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

150   一覧へ 149前の回へ 後の回へ151
平成25年/2013年下半期
(平成26年/2014年1月16日決定発表/『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号および3月号選評掲載)
選考委員  浅田次郎
男62歳
阿刀田高
男79歳
伊集院静
男63歳
北方謙三
男66歳
桐野夏生
女62歳
高村薫
女60歳
林真理子
女59歳
東野圭吾
男55歳
宮城谷昌光
男68歳
宮部みゆき
女53歳
渡辺淳一
男80歳
選評総行数  47 50 47 49 49 48 47 50 46 60  
選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
朝井まかて 『恋歌』
522
女54歳
7 15 17 5 13 11 5 9 13 5    
姫野カオルコ 『昭和の犬』
461
女55歳
12 15 17 7 11 9 19 12 12 5    
伊東潤 『王になろうとした男』
473
男53歳
4 7 6 8 8 6 4 7 5 15    
千早茜 『あとかた』
307
女34歳
6 7 4 8 6 9 8 6 17 14    
万城目学 『とっぴんぱらりの風太郎』
1402
男37歳
5 4 5 6 6 7 5 6 7 19    
柚木麻子 『伊藤くんA to E』
444
女32歳
4 2 0 7 5 6 10 6 17 21    
                    欠席
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
1行当たりの文字数:27字


選考委員
浅田次郎男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
孤高と勇気 総行数47 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
7 「幕末期の水戸藩といういわば時代小説の不可触領域に踏みこんだ、勇気ある作品であった。」「ことに、男性の時代作家がともするとなおざりにしがちな人の心の機微と、女性作家が不得手としがちな歴史の経緯を、たくみに両立させた点に大器を感じた。」
姫野カオルコ
女55歳
12 「姫野カオルコ氏は(引用者中略)まこと頑迷に孤高に天賦の才を磨き続けた結果、ついに「昭和の犬」という傑作を書き上げた。読後おそらくすべての人が感ずるにちがいない、青空を見上げるような清潔感は、作者の品性そのものであろうと思う。かくも独自の手法を貫いて、なおかつこうした普遍の感動を喚起せしめることは奇跡と言ってもよい。」
伊東潤
男53歳
4 「従前の水準からすれば受賞に価する作品なのだが、前記二作(引用者注:受賞の「昭和の犬」「恋歌」)との比較から強く推すことはできなかった。表題作を長篇で読んでみたかったと思うのは、私ばかりではあるまい。」
千早茜
女34歳
6 「文章に蹉跌がなく、余分な描写を重ねない。時制の転換が鮮かで、現実と追想が自然に交叉する。しかし如何せん、肝心の物語に印象が薄かった。」
万城目学
男37歳
5 「長大な紙数を費してしまった理由は、ひとえに週刊誌連載という発表形式にとまどったせいではあるまいか。しかし作者は、思いもよらぬ過酷な仕事の中で多くを学んだはずである。」
柚木麻子
女32歳
4 「新しい世代の作品という意味で候補に上がったのだろうが、文学作品として理解できなかったのは、私がそれくらい古い世代だからであろうか。」
  「今回の選考は直木賞の百五十回という節目で、世間の注目を集めた。しかしやはり、前途有望な新人作家の登竜門であるという本義を見失ってはなるまい。惜しくも受賞に至らなかった諸氏は謙虚に受賞作を読み、ことに両作が共有する文学作品としての品性の正しさを学ぶべきである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
阿刀田高男79歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
手だれの筆致 総行数50 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
15 「よいテーマを選んでいる。」「水戸藩のすさまじい、血で血を洗う内紛がからみ、戦慄して読むページにも小説の力が漲って、評価すべき長所だろう。小説の構造にも工夫があって、これは選考会で賛否両輪があったが、私はよしと思った。」
姫野カオルコ
女55歳
15 「読み進むにつれ確かな手応えがあり、まぎれもない大人の、成熟した小説へと変わっていく。」「私にとってはまさにリアルタイムで生きた記憶であり、それゆえに、――あまり思い入れを深くして読んでは客観性を失うぞ――自戒しながらページを送った。すでに何度もこの賞の候補になった作家の筆力を、手だれの技を感じ取った。」
伊東潤
男53歳
7 「毎月の小説雑誌にこのレベルの作品が載っていれば満足できる。――わるくないんだがなあ――と思いながらも作者のオリジナリティに不安を覚えた。と言うよりコンクールとして前二作(引用者注:受賞の「昭和の犬」「恋歌」)にわずかに及ばなかった。」
千早茜
女34歳
7 「きっと優れた小説家に育つ才能だろう。しかし弱さも感じてしまう。文字通り典型的な、――次作を見たい――というタイプである。一作では点としてしか見えなかったものが二作を読むことにより線となって力量がはっきりと見えてくる。」
万城目学
男37歳
4 「力作ではあるけれど作品の中に入りにくい。なんでも可能な幻術は主人公がすてきで、感情移入が充分に果せないとつらい。」
柚木麻子
女32歳
2 「現代を感じさせ、若さを羨んだ。最終章はとてもおもしろく読めた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
伊集院静男63歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
一途の化身 総行数47 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
17 「縁あって私は朝井さんのデビュー時の作品を読む機会を得た。まだ彼女はサナギの時代であったが、人間、人情をよく観察され、特に女性のこまやかな感情を描くことに長じていらした。その分物語の骨格、線の細さを感じた。ところが今回『恋歌』を一読して、物語の強靭さに感動した。人はさまざまな事情をかかえても平然と生きているものだと再認識した。」
姫野カオルコ
女55歳
17 「私は最初、この作品を読んだ時、きわめて私小説的に展開していく作法が果して一般の読者に迎えられるだろうかと懸念したが、さにあらず、作者は見事に普遍を捉えていた。これほどセンスの良い現代小説の書き手がいたことに驚いた。何よりも小説に品性があった。」
伊東潤
男53歳
6 「もう十分に受賞者となる筆力がある。」「毎回、題材の良さ、物語の骨太さ、安定感は他の選考委員も揃って認めているだけに文学の選考会の奇妙な流れに外れたことは残念でしかたない。」
千早茜
女34歳
4 「小説の筋が良い人だと感じたし、特に人物描写がこの人にしかないものがあるので今後に期待したい。」
万城目学
男37歳
5 「作品全体の構成でもうひとつ、ふたつ練りがあれば、この長さでも十分に楽しめたのではないか。それでも才能、資質は目を見張るものがあった。」
柚木麻子
女32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
北方謙三男66歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
これが受賞作 総行数49 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
5 「水戸天狗党の背後で、悲惨な目に遭う、女たちに視点を当てたのが、成功の鍵であった。大規模蜂起というより、内部抗争の激しさで悲惨さが際立ったが、女たちの境遇は、男のそれと較べて輪をかけている。それがオーソドックスな手法で描かれ、重厚な作品となり得ていた。」
姫野カオルコ
女55歳
7 「作者の力量を、ようやく賞が迎え入れることができた、という作品になった。」「犬を通して昭和の家族や地域社会を描きあげるもので、セピア色の下に豊かな彩りが満ちていると思った。戦争の影を引き摺る昭和という時代も、ある光があり、悪くなかったのだと、しみじみ思える出来になっていたと思う。」
伊東潤
男53歳
8 「織田家臣団の数名を描くことで、信長の姿を浮かびあがらせようという試みがある程度成功していて、新しいものを呈示されたという思いを抱いた。」「ただ、イメージをダイナミックで重層的に積みあげる長篇にこそ、むいているのではないか、という思いが払拭できなかった。」
千早茜
女34歳
8 「作者が描き出そうとしたのは、情念のあとかたなのであろうか。しかし、読後の印象に、なぜか希薄なものしか残っていない。死があてどなくたゆたうような独特の雰囲気を、物語の核にまで昇華できれば、この世界はスリリングなものを孕んでいる、と私は感じた。」
万城目学
男37歳
6 「筆力が空転し、同じ場所で足踏みを続けている、という印象が強かった。惜しいと思うが、幻術、妖術の類いに必然性を持たせる努力がなされていない気もする。」
柚木麻子
女32歳
7 「饒舌な群像青春小説とでも呼ぶべきものに仕あがっている。としても、物語の動きと較べて、人物がかなり平板である。」「最後は毀れてしまう伊藤君も、積み重なった思いに押し潰されたという感じがし、内側からの爆発という、根源を垣間見せる憤出にはならなかった。」
  「毎回思うのだが、傾向の違う作品を読み較べるというのは、相当のプレッシャーである。」「面白いかどうか、まず自分の嗅覚を信じるしかない、という開き直りから私ははじめている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
桐野夏生女62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
抜きん出た二作 総行数49 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
13 「内容はすこぶる面白く、引き込まれる。」「天狗党の無惨な結末は、山田風太郎の『魔群の通過』に詳しいが、囚われた妻の側から、内戦の酸鼻を描いたものは初めてではなかろうか。作中作という構成にしたのも、市川三左衛門の娘、登世を登場させたかったのかと思えば、これまた『魔群の通過』と呼応しているかのようだ。」
姫野カオルコ
女55歳
11 「昭和という時代の「翳り」がうまく描かれている。」「イクの周囲に対する距離感と、それを語る作者の立ち位置が絶妙で、一編の映画を見ているような気がした。本作は、『恋歌』と並び、最初から頭ひとつ抜きん出ていた。」
伊東潤
男53歳
8 「肝腎の信長像がやや類型的に感じられた。また、今回は人物描写、風景描写ともに少なく、どの短編も膨らみに欠けている。伊東さんは筆力もおありになるし、発想も抜きん出ているのだから、ひとつの題材にじっくりと時間をかけた長編を読みたい、と願うのは私だけだろうか。」
千早茜
女34歳
6 「失礼ながら、まだ熟成されているとは言えない。だが、この作者には「奥行き」がある。論理で割り切るのではなく、言葉からこぼれ落ちてしまう曖昧なものを、しっかり掴んで書いていこうという遺志が感じられる。」
万城目学
男37歳
6 「中盤になるまで、なかなか話が進まない。」「とはいえ、蹴鞠の場面や、ひょうたんの生育に関する記述など、要らないシーンだとは思わなかった。この塩梅が難しい。」
柚木麻子
女32歳
5 「女の屈辱に関する小説だと思い、興味深く読んだ。だが、最終章の矢崎莉桜の崩壊ぶりがあまりに面白かったので、それまでの章がかすんでしまった感がある。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
高村薫女60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
一つの小説世界に結実 総行数48 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
11 「選考会では本文を三人称で書くべきだったという意見が出たが、評者も同感である。」「歴史と正面から向き合う小説的試みに、手記を他者が発見するといった構成上の小細工は不要だというのは、小説の基本的な勘どころである。」
姫野カオルコ
女55歳
9 「この作者らしい世界との距離の取り方が、「パースペクティブに語る」という一つの技法に結実し、一つの小説世界に結実した。」「不幸も悲しみも滑稽も不条理もそこでは中和され、穏やかな光が差す。評者は本作を受賞作に推した。」
伊東潤
男53歳
6 「二十一世紀のいま、相変わらず戦国武将たちの物語が書き継がれることに異論を唱えるものではないが、新しく書かれる作品には当然、数多の傑作の向こうを張るだけの斬新な表現や小説作法が求められるはずだ。」
千早茜
女34歳
9 「現代の若い男女の心象風景の点描だとしても、曇った鏡を見ているような不全感が残った。視点をもつ女も男も、自分自身の生理や心理に執着している反面、他者や世界を観察するということをしていない。」「仮にこれが作者を含めた現代の心象だというのであれば、逆に自身をもっと徹底して解剖する私小説的な眼や策略が必須ではないか。」
万城目学
男37歳
7 「この作者の饒舌な語り口はときに軽妙さを生み、ときに活劇を活き活きと描き出してみせるが、それが同時に語りのための語り、活劇のための活劇への陥穽となっていることに、作者は気づいてほしい。」
柚木麻子
女32歳
6 「肝心の伊藤君があまりに現実味を欠いているため、若い男女の群像劇にすらなっていない。女たちの間を行き来する伊藤君の人格崩壊はホラーの趣さえあるが、存在自体がつくりものなので、魅力的な破綻からもほど遠い。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
林真理子女59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
姫野さんの年月 総行数47 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
5 「語り手を樋口一葉にしなかったのがよかった。維新の勝ち組である三宅花圃が、同じような勝ち組である中島歌子の過去に衝撃を受ける設定が、革命による人間の命運のあやうさを表現しているのだ。」
姫野カオルコ
女55歳
19 「記者会見にジャージ姿で応じている姫野カオルコさんを見ていて目頭が熱くなった。」「若い売れっ子の女性作家としてマスコミをにぎわせていた頃の、また別の姿を知っていたからだ。「昭和の犬」に出てくるイクと姫野さんとの姿が重なる。」「この小説は犬を媒体とした戦後史であり、人間賛歌でもある。過去の幸福は、現在の不幸を凌駕していくという力強い宣言でもあるのだ。」
伊東潤
男53歳
4 「今度の候補作は、非常に残念だ。同じ事柄を描いた短篇が二つあった。『巨鯨の海』に見られたような力わざが、短かいものでは発揮出来ないのではないか。」
千早茜
女34歳
8 「文体が美しく独得の魅力がある。しかしまだ頭で書いたものという印象が残った。」
万城目学
男37歳
5 「とにかく長過ぎる。」「成長物語としてじっくり読むべきなのだろう。とにかくこれほどの長篇を書くのならば、読者を「のめり込ませる」ものにしなければならなかった。」
柚木麻子
女32歳
10 「何とも言えないとらえがたさが現代をよく描いていて面白かった。しかし前半の彼をめぐる女の子たちがみんな同じに見える。偶然が多すぎると残念なことが多い。」
  「今回は二人の五十代の女性作家が受賞した。小説は人生の深さを描ききるためにあるのだと確信を持った今回の選考会であった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
東野圭吾
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
東野圭吾男55歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
すんなりと 総行数50 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
9 「これまであまり語られることのなかった史実を、見事に娯楽小説に仕立て上げている。江戸のお転婆娘が水戸藩の歴史に翻弄されていく様子は、じつにドラマチックで、特に牢獄での日々は迫力があり、読むのが辛いほどだった。この時代の手記にしては不自然な点があり、凝りすぎた構成と共に気になったが、この作品を推したかったので、選考会では黙っていた。」
姫野カオルコ
女55歳
12 「この作品の魅力を言葉で表現するのは、とても難しい。特に何かを訴えているわけではない。生きていくということ、あるいは生きてきたということを、力を抜き、感傷的にならずに、淡々と描いている。それだけで読者に快感を与えてしまうのだから大したものだ。」
伊東潤
男53歳
7 「表題作が一番面白く、同時に欠点も目立った。異国のボスらしき者の前で衣服を脱がされ、そのボスが目をぎらつかせたら、殺されるのではないか、食われるのではないか、と恐怖を覚えるのがふつうだろう。」
千早茜
女34歳
6 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)小説を書くには何かテーマがなくては、とか考えておられるのではないか。連作であることを意識して、無理に各話に繋がりを持たせようとした形跡もある。まとまりなんて気にせず、もっと直感だけで書いちゃってください。」
万城目学
男37歳
6 「まず、起承転結の起だけであんなに枚数を使っちゃいけません、といっておきたい。また肝心な場面で、作者の都合によって人物が動かされているように感じた。」
柚木麻子
女32歳
6 「(引用者注:「あとかた」と共に)小説を書くには何かテーマがなくては、とか考えておられるのではないか。連作であることを意識して、無理に各話に繋がりを持たせようとした形跡もある。まとまりなんて気にせず、もっと直感だけで書いちゃってください。」
  「今回から選考に加わることになった。私でいいのだろうか。書くほうはともかく、読むことに関してはど素人である。しかしまあそういう人間が混ざっていても面白いのではないかと思い、選考会に臨んだ。」「結果的に推したい二作品があっさり受賞となり、とても満足である。「いつもはこんなに簡単にはいかんぞ」と先輩委員からはいわれた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
宮城谷昌光
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
宮城谷昌光男68歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
作中人物の立ち位置 総行数46 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
13 「幕末の水戸の天狗党に加わった人々の妻子が、どのように処罰されたか、詳細に書かれていて、感心させられただけに、すっきりとした語りが欲しかった。この作者は措辞もしっかりしており、ひねりすぎたところが、もったいない。」「(引用者注:「昭和の犬」と共に)作品には、力がある。それは認めざるをえない。」
姫野カオルコ
女55歳
12 「作中人物の立ち位置がよい。そういう人の立たせかたをすると、物も動物も生きてくる。」「しかしながら、この小説には落としどころが決められており、そこへのながれがあきらかになるにつれて、人と動物と物がもっていた圭角が失われていったような気がする。俗ないいかたをすれば、もっととげとげしくてよかったのではないか。」「(引用者注:「恋歌」と共に)作品には、力がある。それは認めざるをえない。」
伊東潤
男53歳
5 「あいかわらずかれの勤勉ぶりを表しているが、小説的なふくらみに欠ける。筆が手堅いとはいえず、筆が固い、といわざるをえない。」
千早茜
女34歳
17 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)ひとつの章を終えると、次の章は、前章に登場させたある人物を曳きずりながら、ちがう人間関係に接続するという手法(引用者中略)は、ややもすると作品内の空間がおなじ明度を保ちつづけるがゆえに、単調さを産む、と気づいた。ストーリーの変化や発展は、その連続する明るさのなかでは、特異性をもたない。陰翳をつくる必要がある。」
万城目学
男37歳
7 「またしても豊臣氏への愛があり、その点ではかれの志向にぶれはない。が、伊東氏とちがって、小説的ふくらみがありすぎたことに懸念をもった。だが、かれの想像力を推進する大胆さは、買える。」
柚木麻子
女32歳
17 「(引用者注:「あとかた」と共に)ひとつの章を終えると、次の章は、前章に登場させたある人物を曳きずりながら、ちがう人間関係に接続するという手法(引用者中略)は、ややもすると作品内の空間がおなじ明度を保ちつづけるがゆえに、単調さを産む、と気づいた。ストーリーの変化や発展は、その連続する明るさのなかでは、特異性をもたない。陰翳をつくる必要がある。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮部みゆき
  ページの先頭へ

選考委員
宮部みゆき女53歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
満願の二作受賞 総行数60 (1行=27字)
候補 評価 行数 評言
朝井まかて
女54歳
5 「(引用者注:「昭和の犬」と共に)文句なしの満票でしたし、ここの紙幅には限りがありますから、私は今回、受賞作への評は控えさせていただきます。」
姫野カオルコ
女55歳
5 「(引用者注:「恋歌」と共に)文句なしの満票でしたし、ここの紙幅には限りがありますから、私は今回、受賞作への評は控えさせていただきます。」
伊東潤
男53歳
15 「本当に残念なことに、この本を作り急いでしまった恨みがあります。」「伊東さんだったら、信長の家臣団のなかから、無名であっても興味深い人物を選んで小説的にふくらませ、彼らの生き様を通して〈信長とは何者だったのか〉を語ることができるはずなのにと、つい思ってしまいました。実際、表題作の「王になろうとした男」では、その試みに成功しているのですから。」
千早茜
女34歳
14 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)登場人物同士がゆるく繋がった連作短編集というのは、(引用者中略)構成しやすいタイプの作品なのです。ちょうとフィギュアスケートの季節ですからそれに喩えますと、トリプル・トゥループ・ジャンプみたいなもので、比較的跳びやすいから出来映え勝負になる。出来映え勝負には選考する側の嗜好が反映されやすいので、(引用者中略)『あとかた』に漂う淡くおぼろな印象をイエスとするかノーとするかで、評価が割れるのでしょう。」
万城目学
男37歳
19 「ファンタジーの魔法は強力で、作家の頼もしい味方です。」「しかしこの味方は獅子身中の虫でもあり、特に部分的に(いいとこ取りで)使う場合には、怖い副作用があらわれてきます。あまりに便利なので、書き手が、進行中の作品のプロットの弛みや、人物の心理の齟齬、話運びのペース配分の不均衡、ついには魔法そのものの用法・用量の間違いにさえ気づきにくくなってしまうという、麻痺毒のような副作用です。」
柚木麻子
女32歳
21 「受賞作(引用者注:「恋歌」「昭和の犬」)に次いで高く評価しました。一見よくある恋愛小説に見えて、実は友情の話であり、〈人はいかにして友と出会い、友を失うのか〉ということを描いたこのしたたかな二重底の作品をものした筆力に感嘆したからです。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
浅田次郎
阿刀田高
伊集院静
北方謙三
桐野夏生
高村薫
林真理子
東野圭吾
宮城谷昌光
  ページの先頭へ


受賞者・作品
朝井まかて女54歳×各選考委員 
『恋歌』
長篇 522
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
7 「幕末期の水戸藩といういわば時代小説の不可触領域に踏みこんだ、勇気ある作品であった。」「ことに、男性の時代作家がともするとなおざりにしがちな人の心の機微と、女性作家が不得手としがちな歴史の経緯を、たくみに両立させた点に大器を感じた。」
阿刀田高
男79歳
15 「よいテーマを選んでいる。」「水戸藩のすさまじい、血で血を洗う内紛がからみ、戦慄して読むページにも小説の力が漲って、評価すべき長所だろう。小説の構造にも工夫があって、これは選考会で賛否両輪があったが、私はよしと思った。」
伊集院静
男63歳
17 「縁あって私は朝井さんのデビュー時の作品を読む機会を得た。まだ彼女はサナギの時代であったが、人間、人情をよく観察され、特に女性のこまやかな感情を描くことに長じていらした。その分物語の骨格、線の細さを感じた。ところが今回『恋歌』を一読して、物語の強靭さに感動した。人はさまざまな事情をかかえても平然と生きているものだと再認識した。」
北方謙三
男66歳
5 「水戸天狗党の背後で、悲惨な目に遭う、女たちに視点を当てたのが、成功の鍵であった。大規模蜂起というより、内部抗争の激しさで悲惨さが際立ったが、女たちの境遇は、男のそれと較べて輪をかけている。それがオーソドックスな手法で描かれ、重厚な作品となり得ていた。」
桐野夏生
女62歳
13 「内容はすこぶる面白く、引き込まれる。」「天狗党の無惨な結末は、山田風太郎の『魔群の通過』に詳しいが、囚われた妻の側から、内戦の酸鼻を描いたものは初めてではなかろうか。作中作という構成にしたのも、市川三左衛門の娘、登世を登場させたかったのかと思えば、これまた『魔群の通過』と呼応しているかのようだ。」
高村薫
女60歳
11 「選考会では本文を三人称で書くべきだったという意見が出たが、評者も同感である。」「歴史と正面から向き合う小説的試みに、手記を他者が発見するといった構成上の小細工は不要だというのは、小説の基本的な勘どころである。」
林真理子
女59歳
5 「語り手を樋口一葉にしなかったのがよかった。維新の勝ち組である三宅花圃が、同じような勝ち組である中島歌子の過去に衝撃を受ける設定が、革命による人間の命運のあやうさを表現しているのだ。」
東野圭吾
男55歳
9 「これまであまり語られることのなかった史実を、見事に娯楽小説に仕立て上げている。江戸のお転婆娘が水戸藩の歴史に翻弄されていく様子は、じつにドラマチックで、特に牢獄での日々は迫力があり、読むのが辛いほどだった。この時代の手記にしては不自然な点があり、凝りすぎた構成と共に気になったが、この作品を推したかったので、選考会では黙っていた。」
宮城谷昌光
男68歳
13 「幕末の水戸の天狗党に加わった人々の妻子が、どのように処罰されたか、詳細に書かれていて、感心させられただけに、すっきりとした語りが欲しかった。この作者は措辞もしっかりしており、ひねりすぎたところが、もったいない。」「(引用者注:「昭和の犬」と共に)作品には、力がある。それは認めざるをえない。」
宮部みゆき
女53歳
5 「(引用者注:「昭和の犬」と共に)文句なしの満票でしたし、ここの紙幅には限りがありますから、私は今回、受賞作への評は控えさせていただきます。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
姫野カオルコ
『昭和の犬』
伊東潤
『王になろうとした男』
千早茜
『あとかた』
万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
柚木麻子
『伊藤くんA to E』
  ページの先頭へ

受賞者・作品
姫野カオルコ女55歳×各選考委員 
『昭和の犬』
長篇 461
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
12 「姫野カオルコ氏は(引用者中略)まこと頑迷に孤高に天賦の才を磨き続けた結果、ついに「昭和の犬」という傑作を書き上げた。読後おそらくすべての人が感ずるにちがいない、青空を見上げるような清潔感は、作者の品性そのものであろうと思う。かくも独自の手法を貫いて、なおかつこうした普遍の感動を喚起せしめることは奇跡と言ってもよい。」
阿刀田高
男79歳
15 「読み進むにつれ確かな手応えがあり、まぎれもない大人の、成熟した小説へと変わっていく。」「私にとってはまさにリアルタイムで生きた記憶であり、それゆえに、――あまり思い入れを深くして読んでは客観性を失うぞ――自戒しながらページを送った。すでに何度もこの賞の候補になった作家の筆力を、手だれの技を感じ取った。」
伊集院静
男63歳
17 「私は最初、この作品を読んだ時、きわめて私小説的に展開していく作法が果して一般の読者に迎えられるだろうかと懸念したが、さにあらず、作者は見事に普遍を捉えていた。これほどセンスの良い現代小説の書き手がいたことに驚いた。何よりも小説に品性があった。」
北方謙三
男66歳
7 「作者の力量を、ようやく賞が迎え入れることができた、という作品になった。」「犬を通して昭和の家族や地域社会を描きあげるもので、セピア色の下に豊かな彩りが満ちていると思った。戦争の影を引き摺る昭和という時代も、ある光があり、悪くなかったのだと、しみじみ思える出来になっていたと思う。」
桐野夏生
女62歳
11 「昭和という時代の「翳り」がうまく描かれている。」「イクの周囲に対する距離感と、それを語る作者の立ち位置が絶妙で、一編の映画を見ているような気がした。本作は、『恋歌』と並び、最初から頭ひとつ抜きん出ていた。」
高村薫
女60歳
9 「この作者らしい世界との距離の取り方が、「パースペクティブに語る」という一つの技法に結実し、一つの小説世界に結実した。」「不幸も悲しみも滑稽も不条理もそこでは中和され、穏やかな光が差す。評者は本作を受賞作に推した。」
林真理子
女59歳
19 「記者会見にジャージ姿で応じている姫野カオルコさんを見ていて目頭が熱くなった。」「若い売れっ子の女性作家としてマスコミをにぎわせていた頃の、また別の姿を知っていたからだ。「昭和の犬」に出てくるイクと姫野さんとの姿が重なる。」「この小説は犬を媒体とした戦後史であり、人間賛歌でもある。過去の幸福は、現在の不幸を凌駕していくという力強い宣言でもあるのだ。」
東野圭吾
男55歳
12 「この作品の魅力を言葉で表現するのは、とても難しい。特に何かを訴えているわけではない。生きていくということ、あるいは生きてきたということを、力を抜き、感傷的にならずに、淡々と描いている。それだけで読者に快感を与えてしまうのだから大したものだ。」
宮城谷昌光
男68歳
12 「作中人物の立ち位置がよい。そういう人の立たせかたをすると、物も動物も生きてくる。」「しかしながら、この小説には落としどころが決められており、そこへのながれがあきらかになるにつれて、人と動物と物がもっていた圭角が失われていったような気がする。俗ないいかたをすれば、もっととげとげしくてよかったのではないか。」「(引用者注:「恋歌」と共に)作品には、力がある。それは認めざるをえない。」
宮部みゆき
女53歳
5 「(引用者注:「恋歌」と共に)文句なしの満票でしたし、ここの紙幅には限りがありますから、私は今回、受賞作への評は控えさせていただきます。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井まかて
『恋歌』
伊東潤
『王になろうとした男』
千早茜
『あとかた』
万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
柚木麻子
『伊藤くんA to E』
  ページの先頭へ

候補者・作品
伊東潤男53歳×各選考委員 
『王になろうとした男』
短篇集5篇 473
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
4 「従前の水準からすれば受賞に価する作品なのだが、前記二作(引用者注:受賞の「昭和の犬」「恋歌」)との比較から強く推すことはできなかった。表題作を長篇で読んでみたかったと思うのは、私ばかりではあるまい。」
阿刀田高
男79歳
7 「毎月の小説雑誌にこのレベルの作品が載っていれば満足できる。――わるくないんだがなあ――と思いながらも作者のオリジナリティに不安を覚えた。と言うよりコンクールとして前二作(引用者注:受賞の「昭和の犬」「恋歌」)にわずかに及ばなかった。」
伊集院静
男63歳
6 「もう十分に受賞者となる筆力がある。」「毎回、題材の良さ、物語の骨太さ、安定感は他の選考委員も揃って認めているだけに文学の選考会の奇妙な流れに外れたことは残念でしかたない。」
北方謙三
男66歳
8 「織田家臣団の数名を描くことで、信長の姿を浮かびあがらせようという試みがある程度成功していて、新しいものを呈示されたという思いを抱いた。」「ただ、イメージをダイナミックで重層的に積みあげる長篇にこそ、むいているのではないか、という思いが払拭できなかった。」
桐野夏生
女62歳
8 「肝腎の信長像がやや類型的に感じられた。また、今回は人物描写、風景描写ともに少なく、どの短編も膨らみに欠けている。伊東さんは筆力もおありになるし、発想も抜きん出ているのだから、ひとつの題材にじっくりと時間をかけた長編を読みたい、と願うのは私だけだろうか。」
高村薫
女60歳
6 「二十一世紀のいま、相変わらず戦国武将たちの物語が書き継がれることに異論を唱えるものではないが、新しく書かれる作品には当然、数多の傑作の向こうを張るだけの斬新な表現や小説作法が求められるはずだ。」
林真理子
女59歳
4 「今度の候補作は、非常に残念だ。同じ事柄を描いた短篇が二つあった。『巨鯨の海』に見られたような力わざが、短かいものでは発揮出来ないのではないか。」
東野圭吾
男55歳
7 「表題作が一番面白く、同時に欠点も目立った。異国のボスらしき者の前で衣服を脱がされ、そのボスが目をぎらつかせたら、殺されるのではないか、食われるのではないか、と恐怖を覚えるのがふつうだろう。」
宮城谷昌光
男68歳
5 「あいかわらずかれの勤勉ぶりを表しているが、小説的なふくらみに欠ける。筆が手堅いとはいえず、筆が固い、といわざるをえない。」
宮部みゆき
女53歳
15 「本当に残念なことに、この本を作り急いでしまった恨みがあります。」「伊東さんだったら、信長の家臣団のなかから、無名であっても興味深い人物を選んで小説的にふくらませ、彼らの生き様を通して〈信長とは何者だったのか〉を語ることができるはずなのにと、つい思ってしまいました。実際、表題作の「王になろうとした男」では、その試みに成功しているのですから。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井まかて
『恋歌』
姫野カオルコ
『昭和の犬』
千早茜
『あとかた』
万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
柚木麻子
『伊藤くんA to E』
  ページの先頭へ

候補者・作品
千早茜女34歳×各選考委員 
『あとかた』
連作6篇 307
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
6 「文章に蹉跌がなく、余分な描写を重ねない。時制の転換が鮮かで、現実と追想が自然に交叉する。しかし如何せん、肝心の物語に印象が薄かった。」
阿刀田高
男79歳
7 「きっと優れた小説家に育つ才能だろう。しかし弱さも感じてしまう。文字通り典型的な、――次作を見たい――というタイプである。一作では点としてしか見えなかったものが二作を読むことにより線となって力量がはっきりと見えてくる。」
伊集院静
男63歳
4 「小説の筋が良い人だと感じたし、特に人物描写がこの人にしかないものがあるので今後に期待したい。」
北方謙三
男66歳
8 「作者が描き出そうとしたのは、情念のあとかたなのであろうか。しかし、読後の印象に、なぜか希薄なものしか残っていない。死があてどなくたゆたうような独特の雰囲気を、物語の核にまで昇華できれば、この世界はスリリングなものを孕んでいる、と私は感じた。」
桐野夏生
女62歳
6 「失礼ながら、まだ熟成されているとは言えない。だが、この作者には「奥行き」がある。論理で割り切るのではなく、言葉からこぼれ落ちてしまう曖昧なものを、しっかり掴んで書いていこうという遺志が感じられる。」
高村薫
女60歳
9 「現代の若い男女の心象風景の点描だとしても、曇った鏡を見ているような不全感が残った。視点をもつ女も男も、自分自身の生理や心理に執着している反面、他者や世界を観察するということをしていない。」「仮にこれが作者を含めた現代の心象だというのであれば、逆に自身をもっと徹底して解剖する私小説的な眼や策略が必須ではないか。」
林真理子
女59歳
8 「文体が美しく独得の魅力がある。しかしまだ頭で書いたものという印象が残った。」
東野圭吾
男55歳
6 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)小説を書くには何かテーマがなくては、とか考えておられるのではないか。連作であることを意識して、無理に各話に繋がりを持たせようとした形跡もある。まとまりなんて気にせず、もっと直感だけで書いちゃってください。」
宮城谷昌光
男68歳
17 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)ひとつの章を終えると、次の章は、前章に登場させたある人物を曳きずりながら、ちがう人間関係に接続するという手法(引用者中略)は、ややもすると作品内の空間がおなじ明度を保ちつづけるがゆえに、単調さを産む、と気づいた。ストーリーの変化や発展は、その連続する明るさのなかでは、特異性をもたない。陰翳をつくる必要がある。」
宮部みゆき
女53歳
14 「(引用者注:「伊藤くんA to E」と共に)登場人物同士がゆるく繋がった連作短編集というのは、(引用者中略)構成しやすいタイプの作品なのです。ちょうとフィギュアスケートの季節ですからそれに喩えますと、トリプル・トゥループ・ジャンプみたいなもので、比較的跳びやすいから出来映え勝負になる。出来映え勝負には選考する側の嗜好が反映されやすいので、(引用者中略)『あとかた』に漂う淡くおぼろな印象をイエスとするかノーとするかで、評価が割れるのでしょう。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井まかて
『恋歌』
姫野カオルコ
『昭和の犬』
伊東潤
『王になろうとした男』
万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
柚木麻子
『伊藤くんA to E』
  ページの先頭へ

候補者・作品
万城目学男37歳×各選考委員 
『とっぴんぱらりの風太郎』
長篇 1402
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
5 「長大な紙数を費してしまった理由は、ひとえに週刊誌連載という発表形式にとまどったせいではあるまいか。しかし作者は、思いもよらぬ過酷な仕事の中で多くを学んだはずである。」
阿刀田高
男79歳
4 「力作ではあるけれど作品の中に入りにくい。なんでも可能な幻術は主人公がすてきで、感情移入が充分に果せないとつらい。」
伊集院静
男63歳
5 「作品全体の構成でもうひとつ、ふたつ練りがあれば、この長さでも十分に楽しめたのではないか。それでも才能、資質は目を見張るものがあった。」
北方謙三
男66歳
6 「筆力が空転し、同じ場所で足踏みを続けている、という印象が強かった。惜しいと思うが、幻術、妖術の類いに必然性を持たせる努力がなされていない気もする。」
桐野夏生
女62歳
6 「中盤になるまで、なかなか話が進まない。」「とはいえ、蹴鞠の場面や、ひょうたんの生育に関する記述など、要らないシーンだとは思わなかった。この塩梅が難しい。」
高村薫
女60歳
7 「この作者の饒舌な語り口はときに軽妙さを生み、ときに活劇を活き活きと描き出してみせるが、それが同時に語りのための語り、活劇のための活劇への陥穽となっていることに、作者は気づいてほしい。」
林真理子
女59歳
5 「とにかく長過ぎる。」「成長物語としてじっくり読むべきなのだろう。とにかくこれほどの長篇を書くのならば、読者を「のめり込ませる」ものにしなければならなかった。」
東野圭吾
男55歳
6 「まず、起承転結の起だけであんなに枚数を使っちゃいけません、といっておきたい。また肝心な場面で、作者の都合によって人物が動かされているように感じた。」
宮城谷昌光
男68歳
7 「またしても豊臣氏への愛があり、その点ではかれの志向にぶれはない。が、伊東氏とちがって、小説的ふくらみがありすぎたことに懸念をもった。だが、かれの想像力を推進する大胆さは、買える。」
宮部みゆき
女53歳
19 「ファンタジーの魔法は強力で、作家の頼もしい味方です。」「しかしこの味方は獅子身中の虫でもあり、特に部分的に(いいとこ取りで)使う場合には、怖い副作用があらわれてきます。あまりに便利なので、書き手が、進行中の作品のプロットの弛みや、人物の心理の齟齬、話運びのペース配分の不均衡、ついには魔法そのものの用法・用量の間違いにさえ気づきにくくなってしまうという、麻痺毒のような副作用です。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井まかて
『恋歌』
姫野カオルコ
『昭和の犬』
伊東潤
『王になろうとした男』
千早茜
『あとかた』
柚木麻子
『伊藤くんA to E』
  ページの先頭へ

候補者・作品
柚木麻子女32歳×各選考委員 
『伊藤くんA to E』
連作5篇 444
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
4 「新しい世代の作品という意味で候補に上がったのだろうが、文学作品として理解できなかったのは、私がそれくらい古い世代だからであろうか。」
阿刀田高
男79歳
2 「現代を感じさせ、若さを羨んだ。最終章はとてもおもしろく読めた。」
伊集院静
男63歳
0  
北方謙三
男66歳
7 「饒舌な群像青春小説とでも呼ぶべきものに仕あがっている。としても、物語の動きと較べて、人物がかなり平板である。」「最後は毀れてしまう伊藤君も、積み重なった思いに押し潰されたという感じがし、内側からの爆発という、根源を垣間見せる憤出にはならなかった。」
桐野夏生
女62歳
5 「女の屈辱に関する小説だと思い、興味深く読んだ。だが、最終章の矢崎莉桜の崩壊ぶりがあまりに面白かったので、それまでの章がかすんでしまった感がある。」
高村薫
女60歳
6 「肝心の伊藤君があまりに現実味を欠いているため、若い男女の群像劇にすらなっていない。女たちの間を行き来する伊藤君の人格崩壊はホラーの趣さえあるが、存在自体がつくりものなので、魅力的な破綻からもほど遠い。」
林真理子
女59歳
10 「何とも言えないとらえがたさが現代をよく描いていて面白かった。しかし前半の彼をめぐる女の子たちがみんな同じに見える。偶然が多すぎると残念なことが多い。」
東野圭吾
男55歳
6 「(引用者注:「あとかた」と共に)小説を書くには何かテーマがなくては、とか考えておられるのではないか。連作であることを意識して、無理に各話に繋がりを持たせようとした形跡もある。まとまりなんて気にせず、もっと直感だけで書いちゃってください。」
宮城谷昌光
男68歳
17 「(引用者注:「あとかた」と共に)ひとつの章を終えると、次の章は、前章に登場させたある人物を曳きずりながら、ちがう人間関係に接続するという手法(引用者中略)は、ややもすると作品内の空間がおなじ明度を保ちつづけるがゆえに、単調さを産む、と気づいた。ストーリーの変化や発展は、その連続する明るさのなかでは、特異性をもたない。陰翳をつくる必要がある。」
宮部みゆき
女53歳
21 「受賞作(引用者注:「恋歌」「昭和の犬」)に次いで高く評価しました。一見よくある恋愛小説に見えて、実は友情の話であり、〈人はいかにして友と出会い、友を失うのか〉ということを描いたこのしたたかな二重底の作品をものした筆力に感嘆したからです。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井まかて
『恋歌』
姫野カオルコ
『昭和の犬』
伊東潤
『王になろうとした男』
千早茜
『あとかた』
万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ