芥川賞のすべて・のようなもの
第152回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/4/22

高橋弘希
Takahashi Hiroki
生没年月日【注】 昭和54年/1979年☆月☆日~
経歴 青森県十和田市生まれ。文教大学文学部卒。予備校に講師として勤め、またオルタナ系ロックバンドで作詞・作曲を担当。
受賞歴・候補歴
  • 第46回新潮新人賞(平成26年/2014年)「指の骨」
  • |候補| 第152回芥川賞(平成26年/2014年下期)「指の骨」
  • |候補| 第28回三島由紀夫賞(平成26年/2014年度)『指の骨』
  • |候補| 第153回芥川賞(平成27年/2015年上期)「朝顔の日」
  • |候補| 第155回芥川賞(平成28年/2016年上期)「短冊流し」
  • |候補| 第30回三島由紀夫賞(平成28年/2016年度)『スイミングスクール』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第152回候補  一覧へ

ゆび ほね
指の 骨」(『新潮』平成26年/2014年11月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「The Shincho Monthly」「今年110年目の文芸誌」併記
巻号 第111巻 第11号  別表記11月号/1318号
印刷/発行年月日 発行 平成26年/2014年11月7日 発売 平成26年/2014年10月7日
発行者等 編集兼発行者 矢野 優 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 356 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×25行
×2段
本文ページ 7~55
(計49頁)
測定枚数 154
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成27年/2015年1月・新潮社刊『指の骨』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋弘希 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
小川洋子
女52歳
13 「思い浮かぶイメージのどこに焦点を絞るか、高橋さんは的確に判断し、簡潔な言葉でそれをすくい上げている。ただ、既にある圧倒的な現実を題材に選ぶ以上、小説の形でしか表せない何かが必要になってくると思う。その何かが見え辛かったのが残念でならない。」
奥泉光
男58歳
67 「力作であり、作者の力量は十分に感じられた。しかし、であるがゆえに、この作品を推すことは躊躇われた。」「あの戦争の体験が十分に経験化されていない現在、正しい手続き(が確定されているわけではないが)に則った歴史叙述が強く望まれるところだが、もちろん虚構として小説を編むこともできる。だが、その場合には、作家の「いま」への問いがなければならないだろう。」
高樹のぶ子
女68歳
18 「若い世代の作者が、資料や伝聞を素に戦争を追体験している。そしてそのこと自体、十分に胸を打つ。ただ、世間一般に浸透している戦争の悲劇を、個の内面が破壊してこそ文学ではないのか。客観的な悲惨さと個の内面がほぼ一致している本作では、フィクションの特権が十分に生かされていない気がした。」
山田詠美
女55歳
16 「戦争をこれっぽっちも讃美することなく、そこに広がる情景を言葉の力だけで哀しく美しく描いた。うかつな箇所や欠点も多々あれど、久々に才能というものを感じて、この作品を推した。水木しげる氏へのオマージュめいた部分は気になったが。」
宮本輝
男67歳
28 「とりわけ最後の数行が、私をこの主人公の心情に同化させた。文章の力だと思う。その描写力や構造には非凡なものを感じ、高橋氏に才能を認めて受賞作に推したが、過半数に達する賛同を得られなかった。」
堀江敏幸
男51歳
20 「体験していない時空を描くために資料をいくら読み込んでも、再構築の言葉の接着に既製の糊を使ったらすべて台なしになる。」「「指の骨」には、幸い自分の手で溶かした膠が塗られていた。」「ただ、外層とのつなぎに用いる膠は不足していたかもしれない。」
島田雅彦
男53歳
16 「戦争経験のない者は他者の戦争経験に学ぶしかないのだが、「戦場にいる自分」の想像の仕方は見事である。しかし、誰がこれを書いているのかというスタンスが明確ではないと、水木しげるや大岡昇平を含む他者の戦争経験の巧みなサンプリングとしたことが評価されるにとどまる。」
村上龍
男62歳
0  
川上弘美
女56歳
15 「読みながら、うまいなあ、と思いました。」「戦争のことを書いているのに、戦争のことを書いてあることが、読んでいる途中から意識されなくなったからです。でも、そこにこそ、危うさがあるようにも思うのです。この作品にある「かなしみ」を表現するにあたって、「戦争」は本当に必要だったのか。」「次点に(引用者中略)推しました。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第153回候補  一覧へ

あさがお
朝顔の 日」(『新潮』平成27年/2015年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「The Shincho Monthly」「今年111年目の文芸誌」併記
巻号 第112巻 第6号  別表記6月号/1325号
印刷/発行年月日 発行 平成27年/2015年6月7日 発売 平成27年/2015年5月7日
発行者等 編集兼発行者 矢野 優 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 324 表記上の枚数 表紙・背・目次 170枚 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×24行
×2段
本文ページ 7~63
(計57頁)
測定枚数 173
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成27年/2015年7月・新潮社刊『朝顔の日』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋弘希 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
宮本輝
男68歳
6 「なぜいま「サナトリューム小説」なのかという疑問だけが残った。」
川上弘美
女57歳
14 「たんねんに彩色された絵を眺めるようでした。」「フィギュアをフィギュアとして成り立たせるのは、生身を差し出すことよりも難しいということを、前作とこの作品を書くことによって、作者は実感しつつあるのではないかと推測します。」
山田詠美
女56歳
14 「この作者は、死と隣り合わせの静謐を美しく描く印象派。けれども今回に限ってはこの時代を選んだのが失敗だったと思う。」「何しろ、この舞台設定、ディテイル、テーマ、すべてにおいて勝る先達の優れた作品が少なからず存在している。」
小川洋子
女53歳
13 「高橋さんの描写力は特異だった。死に近づいてゆく妻に対しても、徹底して抑制をかけ、読者の感情を揺さぶろうとはしない。それでいて例えば、妻が千歳飴を叩き折って口に含む場面など、ぞっとする冷気をはらんでいた。」
高樹のぶ子
女69歳
12 「前回の候補作「指の骨」では荒々しい表側の戦争と死を描いたが、本作では美しい日本の自然の中で、しかし確実に死に向かう妻の姿を、静謐で精緻な筆で描写している。」
堀江敏幸
男51歳
13 「肺の病巣を直接圧迫して空洞を潰す胸郭形成術の拒否は、スクラップもビルドもしないという宣言だ。世界は完全なニュートラルで、いくらでも人力で牽引できる状態にある。だから逆に、音楽が生まれて来ない。」
村上龍
男63歳
0  
島田雅彦
男54歳
19 「戦前のサナトリウム小説を模造するその精度は優れているが、そこに勝負を賭けようとすれば、評価する方も粗探しを徹底するしかない。高橋弘希には強くいいたい。ある時代を蜃気楼のように捉えるのではなく、もっと正々堂々と歴史小説に挑め、と。」
奥泉光
男59歳
19 「前作と同様力量を感じた。だが、いまひとつ狙いが掴みにくい。いや、おそらくは、戦争での大量死に一人の静かな死への過程を対置する、といったあたりなのだろうが、かりにそうだとすれば、やや狙いが不発に終わった感が残念ながら否めなかった。」
選評出典:『文藝春秋』平成27年/2015年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第155回候補  一覧へ

たんざくなが
短冊流し」(『新潮』平成28年/2016年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「The Shincho Monthly」「今年112年目の文芸誌」併記
巻号 第113巻 第1号  別表記1月号/1332号
印刷/発行年月日 発行 平成28年/2016年1月7日 発売 平成27年/2015年12月7日
発行者等 編集兼発行者 矢野 優 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 420 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×25行
×2段
本文ページ 159~174
(計16頁)
測定枚数 49
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成29年/2017年1月・新潮社刊『スイミングスクール』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋弘希 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
山田詠美
女57歳
20 「瀕死の状態の幼ない娘に寄り添い続ける父親の傍観ぶりが、どうにも物足りない。」「高いハードルをはなから見放すことと、跳んで倒しながらも前に向かうことの、どちらが小説にとって大切なのかを、もう一度考える必要があるだろう。」
奥泉光
男60歳
24 「「どうしてこの話なのだろう?」との疑念が浮かぶのをどうしても避けられない。」「物語はどちらにしても陳腐なものなのであるが、陳腐な物語から出発しながら、文章が物語から小説世界を逸脱させ、物語を変容させていくところに小説の魅力は立ち現れるのではないか。」
村上龍
男64歳
0  
島田雅彦
男55歳
11 「本編を第一章とする三章構成の中編であれば、家族小説の傑作が誕生していたかもしれない。」
堀江敏幸
男52歳
16 「言葉の体温を可能なかぎり低く保って、世界が機能不全に陥るのを防ぐ。高橋弘希さんの文章には、そのような働きがある。」「彼女(引用者注:重篤の娘)の命は、もはや語りの素材にすぎない。完成されたこの酷薄な眼を、愛するか否か。」
小川洋子
女54歳
10 「“私”の目に映ったこと、“私”がしたことを、余計な飾りを付け加えず、そのままに書く(引用者中略)この信念に最も相応しい題材と出会う時が、いつか必ず訪れるのではないかと思う。」
高樹のぶ子
女70歳
0  
宮本輝
男69歳
19 「あまりに淡彩、かつ頑固過ぎて、靄か霞を見せられたようだった。」「なにもかも曖昧模糊にして小説を閉じたが、それならそれで閉じたあとに始まるものを読み手に差し出さなければならない。」「しかしこれも粒揃いの候補作のひとつという前提における感想である。」
川上弘美
女58歳
10 「「短冊流し」の中には、洗練がありました。」「どうぞその先を、見せて下さい。この作品の中にある美しさの、その先の美しさを。」
選評出典:『文藝春秋』平成28年/2016年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ