直木賞のすべて
選評の概要
150.
151152153154155.
156.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/3/1

東野圭吾
Higashino Keigo
生没年月日【注】 昭和33年/1958年2月4日~
在任期間 第150回~(通算3.5年・7回)
在任年齢 55歳10ヶ月~
経歴 大阪府大阪市生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。日本電装(現デンソー)に入社。勤務の傍らに書いた「放課後」で江戸川乱歩賞受賞。
受賞歴・候補歴
処女作 『放課後』(昭和60年/1985年9月・講談社刊)
直木賞候補歴 第120回候補 『秘密』(平成10年/1998年9月・文藝春秋刊)
第122回候補 『白夜行』(平成11年/1999年8月・集英社刊)
第125回候補 『片想い』(平成13年/2001年3月・文藝春秋刊)
第129回候補 『手紙』(平成15年/2003年3月・毎日新聞社刊)
第131回候補 『幻夜』(平成16年/2004年1月・集英社刊)
第134回受賞 『容疑者Xの献身』(平成17年/2005年8月・文藝春秋刊)
サイト内リンク 小研究-記録(候補回数)
小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 すんなりと 総行数50 (1行=27字)
選考委員 東野圭吾 男55歳
候補 評価 行数 評言
女54歳
9 「これまであまり語られることのなかった史実を、見事に娯楽小説に仕立て上げている。江戸のお転婆娘が水戸藩の歴史に翻弄されていく様子は、じつにドラマチックで、特に牢獄での日々は迫力があり、読むのが辛いほどだった。この時代の手記にしては不自然な点があり、凝りすぎた構成と共に気になったが、この作品を推したかったので、選考会では黙っていた。」
女55歳
12 「この作品の魅力を言葉で表現するのは、とても難しい。特に何かを訴えているわけではない。生きていくということ、あるいは生きてきたということを、力を抜き、感傷的にならずに、淡々と描いている。それだけで読者に快感を与えてしまうのだから大したものだ。」
  「今回から選考に加わることになった。私でいいのだろうか。書くほうはともかく、読むことに関してはど素人である。しかしまあそういう人間が混ざっていても面白いのではないかと思い、選考会に臨んだ。」「結果的に推したい二作品があっさり受賞となり、とても満足である。「いつもはこんなに簡単にはいかんぞ」と先輩委員からはいわれた。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 満場一致 総行数116 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男56歳
候補 評価 行数 評言
男65歳
28 「○をつけた。申し訳ないが、一位と二位の差が大きく、ほかに推したい作品はなかった。」「事件は単純だが、取り巻く人間たちの関係が複雑で、通常の人間社会の常識が通用しない異世界を見事に描いている。会話の練り方も半端ではない。」「作者にしか描けない独自の世界で、それを貫くことで勝ち取った受賞だと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 妥協にあらず 総行数140 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男56歳
候補 評価 行数 評言
木下昌輝
男40歳
28 「私の○」「面白いという点では候補作中随一だった。時系列や視点人物を交錯させた構成が成功している。」「この掘り出し物に、一体どのようなケチがつけられるのだろうと思い選考会に臨んだが、致命的な欠陥を指摘する声はなかった。」「ただ、デビュー作だという点を心配する声が多かった。私は仮に一発屋で終わったっていいじゃないかと思うのだが、やはりそれではまずいようだ。」
女37歳
60 「私は、でかい×をつけた。」「夫への手紙の差出人を知った時点で妻が激怒するのは、結末で明かされる真相から考えると、全く矛盾している。(引用者中略)問題の不整合は、他の部分の辻褄合わせのために発生したものだと私は睨んだ。」「本作を強く推す意見を聞き、整合性の不備を打ち消すだけのものがあるのだなと感じた。」「私だって、お祭り騒ぎは大好きだ。受賞者を祝うシャンパンを気持ちよく飲みたくて、最後は躊躇いなく○をつけたのであった。」
  「この選考に関わって三回目、個人的にはこれまでで一番楽しかった。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 いきなり満票 総行数156 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男57歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
30 「二人の委員が、自分が選考に関わって以来の最高作だ、と絶賛した。」「たしかに素晴らしい読書体験だった。治安や秩序が不安定な土地を舞台にした青春小説は、ダイナミックで破天荒で爽快で、作中に登場するファイヤーバードに乗っているかのような疾走感があった。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 苦悩の予感 総行数145 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男57歳
候補 評価 行数 評言
男67歳
18 「どちらかというと消去法の形で、『つまをめとらば』に○をつけることになった。」「私は、大衆小説というのは、この先どうなるのかと読者の興味を刺激し続けねばならないものだと考えているが、今回の候補作の中で、最もそれを感じられたのが本作だった。六本の短編すべてに工夫が凝らされていた。良い仕事だと思う。」
  「今回は悩んだ。つくづく、文学賞の選考は難しいと痛感した。」「選考会中、熱くなって何度か傲慢な言葉を口にした。他の委員には、この場を借りてお詫びしたい。特に桐野さん、ごめんなさい。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 少し無念 総行数144 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男58歳
候補 評価 行数 評言
門井慶喜
男44歳
35 「私が推したのは、『家康、江戸を建てる』だった。」「河川工事、貨幣政策、水道事業といった大事業の成された様子が、大胆な筆致で描かれており、スケールの大きさとスピード感に圧倒された。」「もし難点を挙げるなら、これは小説と呼べるのかという点だなと思い、選考会に臨んだ。そしてやっぱり、その点が指摘された。いいじゃん小説じゃなくたってと抵抗したが、いやそれはまずいでしょ、家康を描いてないし、という感じで賛同を得られなかった。」
原田マハ
女54歳
25 「今回の△」「ピカソとゲルニカ、こんなものを小説の題材に選べる資質が羨ましい。ダイナミックかつ、劇的な展開を大いに楽しめた。しかしピカソへの愛、ゲルニカへの熱い思いを、あまりに何度も繰り返し読まされるうち、飽きてきたのも事実だ。」「最大のマイナスはテロリストの登場。リアリティのなさを指摘されたら、弁護はできなかった。」
男60歳
17 「ゲルニカ(引用者注:「暗幕のゲルニカ」)とどっちを△にするかで迷った」「プロ作家の仕事として、何の問題もない。」「△にしなかったのは、『家康、江戸を建てる』と接戦に持ち込みたい、という戦略上の理由からだ。最終的に○をつけたのはいうまでもない。」
  「候補作には実力者の作品が並んだ。いずれも良き読書体験となった。その点をまず作者たちに感謝したい。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数142 (1行=12字)
選考委員 東野圭吾 男58歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
30 「△をつけた。」「最も不満だったのは、誰ひとり壁にぶちあたることもなければ挫折もしない点だ。」「総じてあまりにも仕掛けが乏しく、ストーリーに山も谷もない印象だ。」「しかし私は本作を強く推した。音楽を文章で表現するのは難しいが、作者はありとあらゆる手を使い、いたるところから言葉をかき集め、その素晴らしさを伝えようとしている。それがこの小説の読みどころであり、作者の挑戦だと解釈した。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ