直木賞のすべて
第153回
  • =受賞者=
  • 東山彰良
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/8/25

東山彰良
Higashiyama Akira
生没年月日【注】 昭和43年/1968年9月11日~
受賞年齢 46歳10ヵ月
経歴 台湾台北市生まれ。9歳より日本在住。西南学院大学経済学部卒。航空会社勤務ののち、同大経済学研究科修士課程、中国吉林大学経済管理学院博士課程に学ぶ。その後、警察や入国管理局の通訳、大学非常勤講師を経て、平成14年/2002年に第1回『このミステリーがすごい!』大賞銀賞&読者賞を受賞。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第153受賞  一覧へ

りゅう
流』(平成27年/2015年5月・講談社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背・扉・奥付 ルビ有り「りゅう」
印刷/発行年月日 発行 平成27年/2015年5月12日(第1刷)
発行者等 発行者 鈴木 哲 印刷所 凸版印刷株式会社 製本所 黒柳製本株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 岡孝治+鈴木美緒 写真 (c)SEASUN/Shutterstock.com (c)Chendongshan/Shutterstock.com (c)カスバ/PIXTA(ピクスタ)
総ページ数 403 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×19行
×1段
本文ページ 7~403
(計397頁)
測定枚数 734
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 東山彰良 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
林真理子
女61歳
26 「スケールがありながら、文章がとてもいきとどいている。少年時代の方のユーモアあるホラ話がたまらない。これほどエンターテイメント“どまん中”の小説は久しぶりで、本当に楽しませてもらった。」「選考委員満場一致の受賞となった。」
伊集院静
男65歳
38 「嘗て物語は語り部のものだった。その巧みな語り口によって伝承され生き続けた。『流』の声は熱く、豊かな声質であった。或る時は叫び、或る時は囁き、或る時は沈黙さえしていても常に耳の底に作者の声がしていた。」「日本人にとって歴史上も大きな関りがある国の物語に文学が明確に見えた点も嬉しかった。」
高村薫
女62歳
18 「中国語圏の身体感覚と台湾の鮮烈な生活風景が目に浮かぶようで、小説を読む幸福を久々に味わった。日中戦争に翻弄された歴史や、祖父が殺されるという家族の事件などがどれも陰惨すぎず、重すぎず、軽すぎない物語として機能しているのは、作者が主人公を十七歳の少年に設定したことから来ているが、これこそ小説家の直観的なバランス感覚である。」
東野圭吾
男57歳
30 「二人の委員が、自分が選考に関わって以来の最高作だ、と絶賛した。」「たしかに素晴らしい読書体験だった。治安や秩序が不安定な土地を舞台にした青春小説は、ダイナミックで破天荒で爽快で、作中に登場するファイヤーバードに乗っているかのような疾走感があった。」
北方謙三
男67歳
18 「近年では突出した青春小説として仕上がっていた。」「暑さが、食物の匂いが、ドブの臭さが、街の埃っぽさが、行間から立ちのぼってくる。混沌であるが、そこから青春の情念を真珠のひと粒のようにつまみ出した。この若い才能が次に問われるのは、これを超えてみろ、超えられるか、ということである。」
桐野夏生
女63歳
17 「文句なく面白かった。」「台湾の外省人と本省人の抑圧と解放をテーマにした、暗い物語でもあるのだが、回顧として書かれていること、そして豊かな細部とユーモアが、陰惨になりがちな話を渇いた笑いへと変えている。」
宮城谷昌光
男70歳
20 「ことばを慎重に選ぶのではなく、手あたりしだいに集めて詰めてゆけばなんとかなるというずぶとさがみえて、めずらしかった。しかしながら、台湾という小国がもっている不断の不安が通奏低音的にながれていて、その上での事象のあやうさが、おのずと読み手にしみてくる。私は新しい風を感じた。」
浅田次郎
男63歳
28 「(引用者注:候補作のなかで)抜きん出ていた。文章に勢いがあり、作者も書くことを楽しんでいるとみえて、まるで本がはね回るような躍動感が漲っていた。」「これだけディテールを積み上げると、メインストーリーが脅かされるものだが、筆が滑るかと思う間にきちんと本題に戻るのは、冷静に長篇の全体像を捉えているからなのだろう。」
宮部みゆき
女54歳
29 「活き活きとした表現力、力強い文章、骨太のストーリーテリング、〈人生・青春・家族の滑稽と悲惨〉を把握して全編に漂うユーモア、全てにおいて飛び抜けた傑作。」「「しかし血を流さずに、いったいなにを証明できるだろう?」これは、前作『ブラックライダー』にも通底するテーマであり、作家・東山彰良の核でもあるのでしょう。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 153回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
ケーン 平成27年/2015年7月11日 読み応えがあった。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「プロローグ」「第一章 偉大なる総統と祖父の死」「第二章 高校を退学になる」「第三章 お狐様のこと」「第四章 火の鳥に乗って幽霊と遭遇する」「第五章 彼女なりのメッセージ」「第六章 美しい歌」「第七章 受験の失敗と初恋について」「第八章 十九歳的厄災」「第九章 ダンスはうまく踊れない」「第十章 軍魂部隊での二年間」「第十一章 激しい失意」「第十二章 恋も二度目なら」「第十三章 風にのっても入れるけれど、牛が引っぱっても出られない場所」「第十四章 大陸の土の下から」「エピローグ」
時代設定 場所設定
1975年~1990年  台湾台北~嘉義県~東京~群馬県~中国山東省など
登場人物
わたし(語り手、葉秋生、高等中学生~陸軍軍官学校生~食品貿易会社手伝い)
葉尊麟(わたしの祖父、山東省出身者、布屋を経営、殺人事件の被害者)
宇文(葉尊麟の養子、船乗り)
趙戦雄(わたしの幼馴染、通称・小戦)
毛毛(わたしより二歳上の幼馴染、医者の孫、看護婦)
王克強(日本軍の間諜、葉尊麟らに家族ごと殺害されたと伝えられる)
謝胖子(毛毛の叔父、街のチンピラ)
夏美玲(辰巳産業で働く通訳、高雄生まれ)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ