直木賞のすべて
第152回
  • =受賞者=
  • 西 加奈子
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/4/11

西加奈子
Nishi Kanako
生没年月日【注】 昭和52年/1977年5月☆日~
経歴 イラン・テヘラン生まれ。エジプト・カイロ、大阪府育ち。関西大学法学部卒。平成16年/2004年に『あおい』で作家デビュー。
受賞歴・候補歴
  • |第10位| 第3回2006年本屋大賞(平成18年/2006年)『さくら』
  • 第24回織田作之助賞[大賞](平成19年/2007年)『通天閣』
  • |候補| 第18回島清恋愛文学賞(平成23年/2011年)『白いしるし』
  • 第29回咲くやこの花賞[文芸その他部門・小説](平成23年/2011年度)
  • |候補| 第148回直木賞(平成24年/2012年下期)『ふくわらい』
  • |第5位| 第10回2013年本屋大賞(平成25年/2013年)『ふくわらい』
  • 第1回河合隼雄物語賞(平成25年/2013年)『ふくわらい』
  • 第152回直木賞(平成26年/2014年下期)『サラバ!』
  • |第2位| 第12回2015年本屋大賞(平成27年/2015年)『サラバ!』
  • |第7位| 第14回2017年本屋大賞(平成29年/2017年)『i』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ぎょこう にくこ
漁港の 肉子ちゃん』(平成23年/2011年8月・幻冬舎刊)
大衆選考会 146回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
廣嶋 平成24年/2012年1月4日 特にありません。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第148回候補  一覧へ
『ふくわらい』(平成24年/2012年8月・朝日新聞出版刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 平成24年/2012年8月30日(第1刷)
発行者等 発行者 市川裕一 印刷製本 凸版印刷株式会社
発行所 朝日新聞出版(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 カバー装丁 鈴木成一デザイン室 カバー装画 西 加奈子
総ページ数 260 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×18行
×1段
本文ページ 3~260
(計258頁)
測定枚数 462
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『小説トリッパー』平成23年/2011年秋季号~平成24年/2012年春季号
>>平成27年/2015年9月・朝日新聞出版/朝日文庫『ふくわらい』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西加奈子 女35歳
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
14 「非常に惜しい次点でした。」「私は、読後数日はこの作品に憑かれたようになって、ほかの本が読めませんでした。ただ「直木賞なのかな。芥川賞じゃないのかな?」という疑念を、どうしても払拭できませんでした。」
伊集院静
男62歳
8 「センスが佳い小説で作家の独特の好みに私は好感を抱いた。」「ひょっとすると未来はこの人にあるかもしれない。」
浅田次郎
男61歳
16 「自由奔放に書いているのか、それとも正確な図面に基づいているのかわからず、一貫したストーリーがないかわりに、背骨が通っている。ならば、ゲシュタルト文学という解釈はどうであろう。そう考えると、とりわけ不可解な大団円の説明がつくし、表題もまた然りである。」
桐野夏生
女61歳
31 「世界(自分)が何であるのか、どうしたらその世界と関係できるのか、なかなか発見できない主人公の旅路でもあるのだが、その旅が次第にトーンダウンした感があるのが残念だ。」「強烈で魅力的な人物が登場し、ファンタジックでありながら、力強い物語が始まりそうだっただけに物足りなさが募る。」
北方謙三
男65歳
16 「才気を感じさせ、私を引きこんだ。」「ただ、才気が走って過剰になる、という傾向が見える。ひとりひとりの登場人物の彫りこみはできているのだから、イメージの選択に抑制が伴えば、新しいものが出てくるだろうという可能性は強く感じた。」
林真理子
女58歳
21 「この人はまずセンスがいい。登場人物がすべて魅力的である。」「人の顔のパーツを心の中で動かし、人との距離感を計ろうとする主人公は、何か大きなものが欠落している。最後までそれが埋められない結末は不気味であるが、ほのかなユーモアをたたえている。新しい凄い書き手が現れたものだ。」
宮城谷昌光
男67歳
63 「この作者はかなり賢い、と私にはおもわれた。氏はまず最初に、小説的ワールドを限定している。それがふくわらいの、輪郭だけがあって何もない、白い顔である。そこに眉、目、鼻、口が置かれてゆくという初期の設定が、小説的構成とシンクロしている。」「すみずみまで血の通った小説をひさしぶりに読んだという実感をもち、感心もしたが、ふしぎなことに感動しなかった。」「創作にマナーがあるとすれば、マナーのよい作品であることはまちがいない。」
阿刀田高
男78歳
15 「部分へのこだわりが全体への展望へつながり、それが言語の構造と呼応し、特異なパーソナリティのありようとも響き合っている。」「稀有の才能を感じたが、理解しにくいところもあって、次作を見たいという心境に傾いた。」
渡辺淳一
男79歳
6 「(引用者注:「春はそこまで」とともに)まとまりや書き込みに難点があり、次作を期待する。」
選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 148回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
のむすけ。 平成24年/2012年12月13日 胸ぐらを掴まれる様であり、幸せな気分にもある、
これまでに体験したことのない圧倒的な読後感。
頭で読む、というよりも身体全体で感じる小説です。
あらどん 平成25年/2013年1月15日 人間の持つ感覚に対する表現が素晴らしくて、体に染み込んでくるようだった。感動的なストーリーに笑いをまぶしてくるセンスもよくて、読んでいる途中で惚れ込んでしまったのである。姫野カオルコ『受難』の二の舞は無しでお願いしたい。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
同時代  東京など
登場人物
鳴木戸定(文芸編集者)
鳴木戸栄蔵(定の父、紀行作家)
岸田悦子(鳴木戸家の家政婦)
木暮しずく(定の後輩編集者)
守口廃尊(プロレスラー)
武智次郎(イタリア人と日本人のハーフ)




直木賞 第152受賞  一覧へ
『サラバ!』(上)(下)(平成26年/2014年11月・小学館刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 (上)(下)発行 平成26年/2014年11月3日(初版第1刷)
発行者等 発行者 稲垣伸寿 DTP 株式会社昭和ブライト 印刷所 大日本印刷株式会社 製本所 牧製本印刷株式会社
発行所 株式会社小学館(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 (上)(下)装画 西 加奈子 ブックデザイン 鈴木成一デザイン室
総ページ数 (上)375 (下)358 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×19行
×1段
本文ページ (上)5~375 (下)5~358
(計725頁)
測定枚数 1333
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『きらら』平成25年/2013年12月号~平成26年/2014年10月号/単行本化にあたり大幅加筆改稿
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西加奈子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
伊集院静
男64歳
34 「新しいもの、新しい人はまぶしいのである。まぶしさに思わず、目を細めても何やらどんどんページをめくる力がある。こんなにふうにまぶしくて力強い小説を読んだのはひさしぶりだ。新しい人は、新しい世界と、まぶしい光を背負ってあらわれるらしい。」
林真理子
女60歳
31 「欠点の多い作品だ。」「しかし溢れ出る才能を、若さと力で受けとめて書いたこの小説の魅力に、私は抗うことは出来なかった。」「どれほどついていない人生だとしても、自分の信じるものを大切にしていけば、いつか光がさしてくる日がくる、というこの小説は、大きな肯定に充ちている。また観察者であった“僕”が、いつしか主役になっていくプロセスも見事だ。」
北方謙三
男67歳
20 「少年期から大人まで描かれた男の人生がどこに行き着くか、そんなことはどうでもよくなってくる。細かい齟齬など混沌に呑みこまれ、方々で人々の叫びや喚きや歓声があがっている。ここに描かれたのは人生であり、それは小説がなすべきことだった、という読後の強い思いもあった。」
宮城谷昌光
男69歳
13 「過去に『ふくわらい』というすぐれたものがあり、私の胸裡にそれがあったので、今回の『サラバ!』に大いに期待したが、落胆のほうが大きかった。自伝的とおもわれる要素にひきずられて、主題がぼけた。小説的均整が悪い。これが氏の小説か、と疑いたくなるほど理知的なものを感じなかった。」
高村薫
女61歳
42 「(引用者注:「あなたの本当の人生は」と共に)小説の書き方がよく言えばおおらか、悪く言えば粗い点で共通していた。」「最後に自分は「そもそも男ですらないかもしれない」という暴露があって、小説の土台が根こそぎにされる。違和感の正体は視点の定まらなさだったわけだが、作者はなぜこんな自己言及をしたのか。」「あえて性別不詳の視点を取るならば、もっと違った世界が出現してこなければならないのだ。」
宮部みゆき
女54歳
8 「明るくてエネルギッシュで奇天烈でナイーブな西加奈子ワールドの(現時点の)集大成である『サラバ!』のご受賞は、直木賞にとっても嬉しいことです。」
東野圭吾
男56歳
60 「私は、でかい×をつけた。」「夫への手紙の差出人を知った時点で妻が激怒するのは、結末で明かされる真相から考えると、全く矛盾している。(引用者中略)問題の不整合は、他の部分の辻褄合わせのために発生したものだと私は睨んだ。」「本作を強く推す意見を聞き、整合性の不備を打ち消すだけのものがあるのだなと感じた。」「私だって、お祭り騒ぎは大好きだ。受賞者を祝うシャンパンを気持ちよく飲みたくて、最後は躊躇いなく○をつけたのであった。」
桐野夏生
女63歳
23 「この作品の白眉は、何と言っても主人公の姉の造型に尽きる。」「(引用者注:主人公の)内省的でシニカル、かつユーモアを孕んだ語り口は、作者がアーヴィングやサリンジャーなどのアメリカ文学に親しんだことがよくわかって楽しい。」「両親の離婚の原因や、幼稚園時代など、蛇足ではないかと感じられる個所もあったが、勢いが感じられる。」
浅田次郎
男63歳
29 「言葉を自在に振り回すことのできる才能のおかげで少しも退屈しなかった。堂々たる長篇というよりも、短篇の集積を読むような面白さがあった。持ち前のオリジナリティを損わずに、小説としての普遍的な説得力を身に付けた、とも言えよう。しかし、そうした成長の代償として、上巻に見られる一種の神秘性が、下巻ではやや世俗的になったとも思える。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 152回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
早坂 保 平成27年/2015年1月11日 上下2巻の長編ですが、今度こそはゆきそうです。力の入った作品です。
しょう 平成27年/2015年1月14日 今回は時間がなくなってしまったのでとり急ぎザックリと予想しマス。

◎青山さん
○西さん
▲大島さん

青山さん、西さんの単独や、青山さん・大島さんの2作とかイロイロ迷ったんですが
この組み合わせの2作で予想しマス。(同時推薦=>青山文平
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 猟奇的な姉と、僕の幼少時代」「第二章 エジプト、カイロ、ザマレク」「第三章 サトラコヲモンサマ誕生」「第四章 圷家の、あるいは今橋家の、完全なる崩壊」「第五章 残酷な未来」「第六章 「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」」
時代設定 場所設定
1977年~同時代  イラン~大阪~エジプト~大阪~東京~ある山奥~エジプトなど
登場人物
僕(語り手、圷歩のち今橋歩)
圷憲太郎(僕の父、石油系企業の会社員)
奈緒子(僕の母、旧姓今橋)
貴子(僕の4歳上の姉)
ヤコブ(エジプトで出会った僕の友人、コプト教徒)
須玖(高校で出会った僕の友人)
鴻上なずな(僕の大学時代の後輩)
夏枝(僕の叔母)
矢田のおばちゃん(大阪のアパートの大家)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ