直木賞のすべて
選評の概要
150.
151152153154155.
156.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/3/1

高村薫
Takamura Kaoru
生没年月日【注】 昭和28年/1953年2月6日~
在任期間 第150回~(通算3.5年・7回)
在任年齢 60歳10ヶ月~
経歴 本名=林みどり。大阪府生まれ。国際基督教大学フランス文学専攻卒。
受賞歴・候補歴
処女作 「黄金を抱いて翔べ」(『小説新潮』平成2年/1990年10月号)
直木賞候補歴 第109回受賞 『マークスの山』(平成5年/1993年3月・早川書房/ハヤカワ・ミステリワールド)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
直木賞受賞作全作読破への道Part1
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 一つの小説世界に結実 総行数48 (1行=27字)
選考委員 高村薫 女60歳
候補 評価 行数 評言
女55歳
9 「この作者らしい世界との距離の取り方が、「パースペクティブに語る」という一つの技法に結実し、一つの小説世界に結実した。」「不幸も悲しみも滑稽も不条理もそこでは中和され、穏やかな光が差す。評者は本作を受賞作に推した。」
女54歳
11 「選考会では本文を三人称で書くべきだったという意見が出たが、評者も同感である。」「歴史と正面から向き合う小説的試みに、手記を他者が発見するといった構成上の小細工は不要だというのは、小説の基本的な勘どころである。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 小説のリアリティとは 総行数103 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女61歳
候補 評価 行数 評言
男65歳
15 「小説空間の網目の確かさという意味で、ほかの五作に抜きんでており、初めから受賞作は本作という心づもりで選考会に臨んだ。ひと昔前の小説スタイルながら、もはや職人芸の世界であり、エンターテインメントとして過不足がない。」
  「今回の候補作六本を読みながら、小説のリアリティとは何かと、頻りに考えていた。現実にこんな男や女がいるか、といった意味のリアリティだけではない。表現と表現の対象の織りなす網目が、一つの小説空間をしっかりと屹立させているときに「有る」という、小説のリアリティもそこに含まれる。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数103 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女61歳
候補 評価 行数 評言
木下昌輝
男40歳
27 「戦国時代の下剋上を、観念ではなく、実体として描くことに成功した稀有な小説ではないかと思う。」「候補作五作のなかでもっとも迫力のある小説だったので、評者はこれを受賞作に推した。」「(引用者注:「鬼はもとより」と共に)時代小説に詳しい選考委員から、基礎知識の不足が厳しく指摘され、なるほど時代小説とはそういうものなのかと、評者のほうが勉強をさせていただく恰好になった。」
女37歳
42 「(引用者注:「あなたの本当の人生は」と共に)小説の書き方がよく言えばおおらか、悪く言えば粗い点で共通していた。」「最後に自分は「そもそも男ですらないかもしれない」という暴露があって、小説の土台が根こそぎにされる。違和感の正体は視点の定まらなさだったわけだが、作者はなぜこんな自己言及をしたのか。」「あえて性別不詳の視点を取るならば、もっと違った世界が出現してこなければならないのだ。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数102 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女62歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
18 「中国語圏の身体感覚と台湾の鮮烈な生活風景が目に浮かぶようで、小説を読む幸福を久々に味わった。日中戦争に翻弄された歴史や、祖父が殺されるという家族の事件などがどれも陰惨すぎず、重すぎず、軽すぎない物語として機能しているのは、作者が主人公を十七歳の少年に設定したことから来ているが、これこそ小説家の直観的なバランス感覚である。」
  「小説にはさまざまなバランスが働いている。地の文と会話文。起承転結の配分。表現の軽さと重さ。シリアスとユーモア。登場人物たちの出し入れ。」「小説における各種のバランス感覚は、作家が作家たる所以でもあると思う。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数102 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女62歳
候補 評価 行数 評言
男67歳
24 「よくも悪くも時代小説の定型に沿っている安定感はある。」「本作には男性の造形や女性の会話文、不用意な片仮名の使用など、意が尽くされていない箇所が散見され、評者は積極的には推さなかった。」
  「候補作のうち四作を新進の女性作家の作品が占めた上に、その世界もやくざの抗争から戦争までと多彩で、小説が書き手の身体感覚と乖離したところで書かれる時代になったことを、あらためて痛感させられた。とまれ「女流」はもはや死語である。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数102 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女63歳
候補 評価 行数 評言
男60歳
12 「熟練の手で紡がれる物語はどれも少しあざとく、予定調和的ではあるが、私たちのさりげない日常は、こうして切り取られることによって初めて「人生」になるのだと気づかされる。これぞ小説の一つの典型ではあるだろう。」
  「今回は、候補作を通して図らずも「小説とは」と考える選考会となった。その気になれば誰でも小説のようなものは書ける今日、小説の真髄が逆に問われているのだと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数103 (1行=12字)
選考委員 高村薫 女63歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
32 「登場人物に人間の深みがない点で不満が残った。」「(引用者注:天才とは)十分に言語化できないということであり、だからこそ天才の姿を描くのは困難なのだが、作者はそのことに悩んだ形跡がない。」「また、数十曲もの楽曲とその演奏を言語化する困難にも、作者は力業で挑んでいるが、どんなに大量の比喩が重ねられても、そこから音楽は立ち上がってこなかった。これは端的に、言葉の連なりが音楽の響きをもってくるような文章には仕上がっていないということだろう。」
  「小説には、人間を描くものと、そうではないものがある。前者は恋愛小説、歴史小説、警察小説、冒険小説など幅広いが、素材が何であれ、最終的に人間が立ち上がってきて初めて小説になる。一方、後者は新本格、幻想・怪奇小説などだが、人間はチェスの駒でよい代りに、仕掛けの成否が問われる。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ