直木賞のすべて
第147回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

147   一覧へ 146前の回へ 後の回へ148
平成24年/2012年上半期
(平成24年/2012年7月17日決定発表/『オール讀物』平成24年/2012年9月号選評掲載)
選考委員  桐野夏生
女60歳
伊集院静
男62歳
浅田次郎
男60歳
宮部みゆき
女51歳
北方謙三
男64歳
林真理子
女58歳
宮城谷昌光
男67歳
阿刀田高
男77歳
渡辺淳一
男78歳
選評総行数  96 133 99 120 102 93 100 96 51
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
辻村深月 『鍵のない夢を見る』
374
女32歳
26 37 15 31 17 37 9 22 0
朝井リョウ 『もういちど生まれる』
405
男23歳
14 23 11 19 54 13 8 14 0
貫井徳郎 『新月譚』
1055
男44歳
14 9 12 0 10 16 42 11 0
原田マハ 『楽園のカンヴァス』
606
女50歳
23 22 16 27 14 18 9 22 0
宮内悠介 『盤上の夜』
493
男33歳
19 34 12 43 7 9 31 17 0
                 
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』平成24年/2012年9月号
1行当たりの文字数:12字


選考委員
桐野夏生女60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
選評 総行数96 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
26 「抽象的な総タイトルがピンとこないほどに、どの作品にも具体的な「生」がある。この短編集は、ひとつ高みに向かおうとする、大人のための小説群だと感じた。優れた長編の出現を望む声もあったが、私はこの作品で充分である。」「どうにも咀嚼できない他者の存在に戸惑い、地方都市に閉じ込められた女性たちの孤独や苛立ちがよく描かれている。」
朝井リョウ
男23歳
14 「ロンド風の工夫がされている。ただし、軽快な調子が最後の方になると、次第に生々しくなる。」「「ひーちゃんは線香花火」を始めとする数作は、作者がいろいろと試しているのがわかる。また、試して成功するだけの力量を持っている。だが、私は最後の二作が好みである。」
貫井徳郎
男44歳
14 「女性作家が果たして、情念だけで小説を書いて成功するのかどうか。」「客観性なくして作家にはなり得ないはずなのだが、自己承認欲求が強いだけの女性にそれがあるのか。木之内との恋愛にエロスが描かれていないために、「情念」という語が上滑りして深みに至らない。」
原田マハ
女50歳
23 「一気読みできるアイデアの面白さは評価したい。しかしながら、登場人物に深みがないため、どうしても物語全体が幼く感じられてしまう。」「主人公の心理が、アンリ・ルソーの心境に反映できないと、互いの魅力が相殺されてしまうのではないか。」
宮内悠介
男33歳
19 「コンセプトがはっきりしている短編集なだけに、似通ったイメージにはなっている。しかし、ゲームは面白い、という作者の喜びが伝わってきて、幸福な読後感がある。虚実入り混じるゲーム人生を、そしてその対局の様を、ジャーナリストが解き明かす構造になっているのだが、やや隔靴掻痒の感がある。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
伊集院静男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ふさわしき成長 総行数133 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
37 「力作短篇集であった。」「「美弥谷団地の逃亡者」は永井龍男の短篇を読んでいる錯覚がした。辻村さんは日常の中の深い溝をテーマにしてきたが、その設定が奇異に見えるところがあった。ところが本作はありきたりに思える日常が平然と扱われ、その分だけ人間の業欲、凄みが出てきている。書くべきテーマと世界にぶち当たった感がある。」
朝井リョウ
男23歳
23 「表現力は新しい力を感じた。」「氏の世界は素晴らしいが、この若者たちは現代社会で何を悩み、どんな不安、不満、怒りがあり、絶望、希望、懐疑しているのか伝わってこなかった。体制、閉塞に抗うのも文学のひとつのテーマだし、小説の軸が見えなかった。小説作品のエネルギーはマグマの芯を見据えることだと思うのだが。」
貫井徳郎
男44歳
9 「なぜ今このテーマなのかが私には見えなかった。小説家を題材にするにはよほど深く、怖い領域を構築しておかないと読者に誤解を与える。」
原田マハ
女50歳
22 「他の選考委員から“おおいなる虚構作”という評価があり、その手の作品が少なくなっているのは私も淋しく思っていたから評価したかったが、私は主役である絵画作品の描写がきちんとなされ、絵画が迫って来てくれればと期待していたので、不満が残った。」「読後はストーリーテールに追われていた印象の方が強く惜しい気がした。」
宮内悠介
男33歳
34 「大変興味深く読んだ。SFの分野からの候補作である点にまず期待感が増した。「人間の王」と「象を飛ばした王子」が秀逸の出来上りだった。」「しかし作者が力を注ぎ込んだと思われる巻頭、巻末の短篇は設定の奇異な点は仕方ないとしても勝負事は人間の業欲をいかに書き切るしかないと私は思っているので、その点が今ひとつ踏み込めてないと思った。」
  「今回の候補作は初めて名前を知り、作品も初めて読む作家が数人いた。普段、折があれば新しい人の作品にふれているつもりだったが新鮮で良かった。時代が移ろうとしているのかもしれない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
浅田次郎男60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
もったいない 総行数99 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
15 「相変わらず達者なストーリーテリングに感心した。実にハズレのない作家である。しかし、そうした才能に恵まれながら、現実に起こった事件を彷彿させるのは、この作家の本領ではあるまいとも思った。」
朝井リョウ
男23歳
11 「満天の星を見上げるような輝きに満ちている。その豊かな感覚をたどってゆくだけでも、飽くことのない作品であった。作者がやがて小説でしか描けぬテーマやステージを手にしたならば、突然すばらしい作品を書くにちがいない。」
貫井徳郎
男44歳
12 「長大なストーリーにもかかわらず読ませる力を持つ作品であった。ねがわくはもっとダイナミックな嘘話を、と思うのは、そのページを繰らせる力がすぐれているゆえであろう。どうはじけ飛ぶかと胸がときめいても、話はあんがい良識的に帰結してしまうのである。」
原田マハ
女50歳
16 「何よりも作者は、昨今の文学においてなおざりにされがちな審美眼を持っている。」「ミステリー的な解析にこだわらず、芸術作品をめぐる人間たちの、欲望や憧憬や飢渇を描いていただきたかった。そのあたりがいくぶん食い足りず、強く推し切れなかったのは残念である。」
宮内悠介
男33歳
12 「さまざまの勝負事を素材としながら解説に堕することなく、上手に物語を仕込んでいた。連作短編の定められた枚数の中で、過不足なくこうした書き方ができるのは天与のセンスであろう。」
  「一言でいうなら、どの作品ももったいない。受賞するか否かはともかくとしても、ほんの少しのちがいで畢生の傑作となったはずである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
宮部みゆき女51歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
日常から離脱する力 総行数120 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
31 「私は賛成票を投じていませんでした。」「でも(弁解がましいですが)、反対意見を押し戻すだけの強い賛意を集め、会心の受賞になったのではないでしょうか。私も、「芹葉大学の夢と殺人」は、同じような素材を扱った多くの小説を圧する傑作だと思います。〈夢を持って生きているはずの若者が、いつの間にか夢に人生を喰われている〉姿に、げんなりするようなリアリティと、もの悲しい説得力がありました。」
朝井リョウ
男23歳
19 「デビュー作の『桐島、部活やめるってよ』のときよりも、意識的に同世代の読者に語りかけたのだろうと思います。その分、とっくに青春が終わってしまっている私には、『桐島』ほど迫ってくるものがありませんでしたが、それはけっして悪いことではないし、失敗でもありません。」
貫井徳郎
男44歳
0  
原田マハ
女50歳
27 「(良い意味で)大風呂敷を広げ、知的な興奮を与えてくれた『楽園のカンヴァス』を(引用者注:私は)推していた」「日常の繊細な、悪くいえばちまちました感情の呪縛から飛翔し、思い切って贅沢な設定と大胆な謎を作品の核に据え、一幕の知的冒険劇を観せてくれました。この作品が今、エンタテイメント読書界に登場してきたことの価値は、計り知れないほど大きい。」
宮内悠介
男33歳
43 「歴史ある種々の盤上ゲームに、人間は娯楽以上の何かを求める。その「何か」とは何だ?(引用者中略)そこに、そうしたゲームを生み出さずには進歩し得なかった人類の存在意義もあるのではないか。神の領域へとつながるものが見えるのではないか。小説を読みながらこんなことを考えるのは、ぞくぞくするほど愉しい経験でした。ただ、なにしろこれがデビュー作の宮内さんですから、直木賞という輝かしい栄冠の持つ重い責任を背負わせるのは、まだ申し訳ない気がしました。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
北方謙三男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ライブ青春小説 総行数102 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
17 「内むきの小説である。地方都市の、どこにでもいそうな男と女。その狭さゆえか鬱陶しさがつきまとうが、読み進めると、作品の底から別の広さがたちあがってくる。人の心の拡がりである。」「正直、私の好みの作品ではないが、人の普遍性に到達した世界が、私に受賞を同意させた。」
朝井リョウ
男23歳
54 「なにより群像小説のようでありながら、ひとりひとりの孤独が鮮やかである。孤独の中で、なんとか生きることの意味を見つけようともがく姿が、瞬間、光を帯びる。」「いまを描いた青春小説として秀抜であり、時が経てば古くなる風俗的な部分をものともせず、若さの哀しみを描ききったところを、私は認めたい。この作品に大きな丸をつけて選考会に臨んだが、孤立無援であり、力が及ばなかった。」
貫井徳郎
男44歳
10 「小説を書きはじめる動機はなんでもいいが、筆を折る動機がそのまま重なるのは解せない。書き続ける行為の中で、別の必然性を掴まなかったのかと、私はそればかり考えた。」
原田マハ
女50歳
14 「ピカソの上にルソーが描いている絵のアイデアは、きわめてミステリー的であり、スリリングでさえあった。ただ、絵の周囲にいる人間たちが、そのアイデアを生かしきれていない。」
宮内悠介
男33歳
7 「勝負と人物描写が乖離しているように感じた。両手両脚を奪われた女性が、どうやってこれほど強い棋士になれたのかというところを、私は読みたかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
林真理子女58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
描ききった大人の人生 総行数93 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
37 「「鍵のない夢を見る」を推そうと選考会に臨んだ。」「今度の小説で辻村さんは見事に大人の人生を描き切っている。それぞれの小説には、地方に住むことの閉塞感、現実に向き合うことの出来ない人間の孤独と狂気が表現されているのだ。」「私は直木賞というのは、今盛りの人気の人に獲ってもらいたいと思う。ターボがかかるからである。辻村さんはぴったりの受賞者だ。」
朝井リョウ
男23歳
13 「実にみずみずしく、輝きを持った作品だ。この作家がきちんと小説の中に物語をつくろうとしている姿勢にも好感を持った。昨今の特定の読者だけを相手にしている“サークル小説”のように、書きっぱなしにしていないのだ。」
貫井徳郎
男44歳
16 「書いた意図がまるでわからない。」「小説として面白味も魅力もなかった。小説を書く女はもっとしたたかで、心に暗黒を抱いている。こんなOLの手記のような甘ったるい考え方はしないであろう。」
原田マハ
女50歳
18 「途中で少々気になることが多く、素直に物語の世界に入っていけなかった。文中の物語がやや幼稚で感動を呼ぶものとは思えなかったのである。また傍の登場人物たちの濃淡のつけ方がよくない。」
宮内悠介
男33歳
9 「なんともとらえがたい魅力に満ちている。私のような将棋や碁をやらない者にも、勝負ごとの空間に生まれる魔というものを感じさせてくれる。間違いなく才能がある作家だ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
宮城谷昌光男67歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
呼応する力 総行数100 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
9 「心理的トリックをつかった作品で、したたかではあるが、少々ずるい、とおもわれた。他人にとってたいしたことではないのに、自分にとっては重大事、ということは、ままある。」
朝井リョウ
男23歳
8 「若者の口語を地の文に組み込んでゆく手法で、もっとも新しい何かがあってよいはずなのに、なぜか私にはほかの(引用者注:候補作の)四作品よりも古い小説であるように感じられた。」
貫井徳郎
男44歳
42 「(引用者注:「楽園のカンヴァス」とともに)できは悪くないように感じられたが、それでも私は多少の疑問とものたりなさをおぼえた。」「――売れている小説家の本を読み漁り。とあるのは、どうであろう。(引用者中略)ほんとうに小説家になりたかったら、「いま売れている作家の小説を読まないこと」という菊池寛の教えを遵奉した私にとって、そのあたりは短絡的に感じられる。」
原田マハ
女50歳
9 「(引用者注:「新月譚」とともに)できは悪くないように感じられたが、それでも私は多少の疑問とものたりなさをおぼえた。」
宮内悠介
男33歳
31 「盤上にあるゲームのルールに、作者独自の世界観を並存させるこころみは、多くの困難がみえすぎていて、やはり成功しているとはいえない。この短編集は、まるで入り口のない家のように感じられたが、「象を飛ばした王子」という短編だけは、開放的で、いわば入り口がひらかれていて、家のなかにはいりやすい。」「すなわち、せっかくの才能を孤高の狷介さによって摧折させてはもったいないということである。」
  「候補作品をすべて読み終えたところで、今回は構成力をそなえた作家がそろった、という好印象をもった。作品を構成するということは、作品内の表現と連結するというのが創作の基本であり、両者が呼応しあった作品は、平板にならない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
阿刀田高男77歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
辛い作品、楽しい作品 総行数96 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
22 「短篇連作集として姿が整っていること、つまり五つの異なったトピックスを扱いながら全体として統一したモチーフを踏んでいるところが、ここちよい。手だれと感じた。読んで、辛く悲しい作品集だが、最後の「君本家の誘拐」など、ホッと救われる部分も散見されて、このあたりに次の可能性が潜んでいるのではあるまいか。」
朝井リョウ
男23歳
14 「若い世代をそつなく描いて、そこに不足はない。だが、私見として、――直木賞は成熟した大人に訴える小説が望ましいのではあるまいか――作者の年齢(二十三歳)を考えれば的外れの注文かもしれないが、これも次作を期待したい、という感想に傾いてしまった。」
貫井徳郎
男44歳
11 「よくまとまっている力作だが、小説家の誕生と生涯を描き、恋愛によってどう変化深化するのか、複雑なテーマに迫りきっていない、と感じた。ヒロインの書いた作品がどんなものか、どうすごいのか、それが見えて来ないと、小説の深さがのぞけないように思った。」
原田マハ
女50歳
22 「スケールの大きい知的な世界を綴って楽しい。みごとである。」「――小説って、こういうイマジネーションがあって、そこがすてきなんだよな――しみじみと感じた。構成や技法に少し不足があるようにも思われ、受賞に到らなかったのは残念。」
宮内悠介
男33歳
17 「人間の脳の不思議さをいろいろなゲームを通して探り、小説的な飛躍によって読者にサムシングを感じさせようという趣向と見たが、小説になりきっていないようなうらみがないでもない。――まだ作品のノートみたい――」
  「選考会に臨むときは、いつもすばらしい才能の登場を衷心から願っている。文芸の振興は結局のところ、有力な作家の存在こそが第一義、たまたまそれが出現するかどうか、選手層の厚さを含めて、このあたりにかかっているところが大きいからだ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
渡辺淳一男78歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
蕊のとおった作品を 総行数51 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
辻村深月
女32歳
0  
朝井リョウ
男23歳
0  
貫井徳郎
男44歳
0  
原田マハ
女50歳
0  
宮内悠介
男33歳
0  
  「今回は一本、蕊(ルビ:しん)のとおった作品に欠け、受賞作なしが妥当と考えた。実際、そのとおり決まりかけたが、最終的に、一選考委員の態度変更により、表記のような結果となった。」「それにしても、現在の若い人は心底、心に沁み込み、どうしても小説として表現したいと思うほどの自己体験を保持していないのではないか。」「あるいは、本質的に作家として書くべきものをもたず、表面だけ作家的作業をしている、ということなのか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
桐野夏生
伊集院静
浅田次郎
宮部みゆき
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
  ページの先頭へ


受賞者・作品
辻村深月女32歳×各選考委員 
『鍵のない夢を見る』
短篇集5篇 374
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
桐野夏生
女60歳
26 「抽象的な総タイトルがピンとこないほどに、どの作品にも具体的な「生」がある。この短編集は、ひとつ高みに向かおうとする、大人のための小説群だと感じた。優れた長編の出現を望む声もあったが、私はこの作品で充分である。」「どうにも咀嚼できない他者の存在に戸惑い、地方都市に閉じ込められた女性たちの孤独や苛立ちがよく描かれている。」
伊集院静
男62歳
37 「力作短篇集であった。」「「美弥谷団地の逃亡者」は永井龍男の短篇を読んでいる錯覚がした。辻村さんは日常の中の深い溝をテーマにしてきたが、その設定が奇異に見えるところがあった。ところが本作はありきたりに思える日常が平然と扱われ、その分だけ人間の業欲、凄みが出てきている。書くべきテーマと世界にぶち当たった感がある。」
浅田次郎
男60歳
15 「相変わらず達者なストーリーテリングに感心した。実にハズレのない作家である。しかし、そうした才能に恵まれながら、現実に起こった事件を彷彿させるのは、この作家の本領ではあるまいとも思った。」
宮部みゆき
女51歳
31 「私は賛成票を投じていませんでした。」「でも(弁解がましいですが)、反対意見を押し戻すだけの強い賛意を集め、会心の受賞になったのではないでしょうか。私も、「芹葉大学の夢と殺人」は、同じような素材を扱った多くの小説を圧する傑作だと思います。〈夢を持って生きているはずの若者が、いつの間にか夢に人生を喰われている〉姿に、げんなりするようなリアリティと、もの悲しい説得力がありました。」
北方謙三
男64歳
17 「内むきの小説である。地方都市の、どこにでもいそうな男と女。その狭さゆえか鬱陶しさがつきまとうが、読み進めると、作品の底から別の広さがたちあがってくる。人の心の拡がりである。」「正直、私の好みの作品ではないが、人の普遍性に到達した世界が、私に受賞を同意させた。」
林真理子
女58歳
37 「「鍵のない夢を見る」を推そうと選考会に臨んだ。」「今度の小説で辻村さんは見事に大人の人生を描き切っている。それぞれの小説には、地方に住むことの閉塞感、現実に向き合うことの出来ない人間の孤独と狂気が表現されているのだ。」「私は直木賞というのは、今盛りの人気の人に獲ってもらいたいと思う。ターボがかかるからである。辻村さんはぴったりの受賞者だ。」
宮城谷昌光
男67歳
9 「心理的トリックをつかった作品で、したたかではあるが、少々ずるい、とおもわれた。他人にとってたいしたことではないのに、自分にとっては重大事、ということは、ままある。」
阿刀田高
男77歳
22 「短篇連作集として姿が整っていること、つまり五つの異なったトピックスを扱いながら全体として統一したモチーフを踏んでいるところが、ここちよい。手だれと感じた。読んで、辛く悲しい作品集だが、最後の「君本家の誘拐」など、ホッと救われる部分も散見されて、このあたりに次の可能性が潜んでいるのではあるまいか。」
渡辺淳一
男78歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『もういちど生まれる』
貫井徳郎
『新月譚』
原田マハ
『楽園のカンヴァス』
宮内悠介
『盤上の夜』
  ページの先頭へ

候補者・作品
朝井リョウ男23歳×各選考委員 
『もういちど生まれる』
連作5篇 405
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
桐野夏生
女60歳
14 「ロンド風の工夫がされている。ただし、軽快な調子が最後の方になると、次第に生々しくなる。」「「ひーちゃんは線香花火」を始めとする数作は、作者がいろいろと試しているのがわかる。また、試して成功するだけの力量を持っている。だが、私は最後の二作が好みである。」
伊集院静
男62歳
23 「表現力は新しい力を感じた。」「氏の世界は素晴らしいが、この若者たちは現代社会で何を悩み、どんな不安、不満、怒りがあり、絶望、希望、懐疑しているのか伝わってこなかった。体制、閉塞に抗うのも文学のひとつのテーマだし、小説の軸が見えなかった。小説作品のエネルギーはマグマの芯を見据えることだと思うのだが。」
浅田次郎
男60歳
11 「満天の星を見上げるような輝きに満ちている。その豊かな感覚をたどってゆくだけでも、飽くことのない作品であった。作者がやがて小説でしか描けぬテーマやステージを手にしたならば、突然すばらしい作品を書くにちがいない。」
宮部みゆき
女51歳
19 「デビュー作の『桐島、部活やめるってよ』のときよりも、意識的に同世代の読者に語りかけたのだろうと思います。その分、とっくに青春が終わってしまっている私には、『桐島』ほど迫ってくるものがありませんでしたが、それはけっして悪いことではないし、失敗でもありません。」
北方謙三
男64歳
54 「なにより群像小説のようでありながら、ひとりひとりの孤独が鮮やかである。孤独の中で、なんとか生きることの意味を見つけようともがく姿が、瞬間、光を帯びる。」「いまを描いた青春小説として秀抜であり、時が経てば古くなる風俗的な部分をものともせず、若さの哀しみを描ききったところを、私は認めたい。この作品に大きな丸をつけて選考会に臨んだが、孤立無援であり、力が及ばなかった。」
林真理子
女58歳
13 「実にみずみずしく、輝きを持った作品だ。この作家がきちんと小説の中に物語をつくろうとしている姿勢にも好感を持った。昨今の特定の読者だけを相手にしている“サークル小説”のように、書きっぱなしにしていないのだ。」
宮城谷昌光
男67歳
8 「若者の口語を地の文に組み込んでゆく手法で、もっとも新しい何かがあってよいはずなのに、なぜか私にはほかの(引用者注:候補作の)四作品よりも古い小説であるように感じられた。」
阿刀田高
男77歳
14 「若い世代をそつなく描いて、そこに不足はない。だが、私見として、――直木賞は成熟した大人に訴える小説が望ましいのではあるまいか――作者の年齢(二十三歳)を考えれば的外れの注文かもしれないが、これも次作を期待したい、という感想に傾いてしまった。」
渡辺淳一
男78歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
辻村深月
『鍵のない夢を見る』
貫井徳郎
『新月譚』
原田マハ
『楽園のカンヴァス』
宮内悠介
『盤上の夜』
  ページの先頭へ

候補者・作品
貫井徳郎男44歳×各選考委員 
『新月譚』
長篇 1055
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
桐野夏生
女60歳
14 「女性作家が果たして、情念だけで小説を書いて成功するのかどうか。」「客観性なくして作家にはなり得ないはずなのだが、自己承認欲求が強いだけの女性にそれがあるのか。木之内との恋愛にエロスが描かれていないために、「情念」という語が上滑りして深みに至らない。」
伊集院静
男62歳
9 「なぜ今このテーマなのかが私には見えなかった。小説家を題材にするにはよほど深く、怖い領域を構築しておかないと読者に誤解を与える。」
浅田次郎
男60歳
12 「長大なストーリーにもかかわらず読ませる力を持つ作品であった。ねがわくはもっとダイナミックな嘘話を、と思うのは、そのページを繰らせる力がすぐれているゆえであろう。どうはじけ飛ぶかと胸がときめいても、話はあんがい良識的に帰結してしまうのである。」
宮部みゆき
女51歳
0  
北方謙三
男64歳
10 「小説を書きはじめる動機はなんでもいいが、筆を折る動機がそのまま重なるのは解せない。書き続ける行為の中で、別の必然性を掴まなかったのかと、私はそればかり考えた。」
林真理子
女58歳
16 「書いた意図がまるでわからない。」「小説として面白味も魅力もなかった。小説を書く女はもっとしたたかで、心に暗黒を抱いている。こんなOLの手記のような甘ったるい考え方はしないであろう。」
宮城谷昌光
男67歳
42 「(引用者注:「楽園のカンヴァス」とともに)できは悪くないように感じられたが、それでも私は多少の疑問とものたりなさをおぼえた。」「――売れている小説家の本を読み漁り。とあるのは、どうであろう。(引用者中略)ほんとうに小説家になりたかったら、「いま売れている作家の小説を読まないこと」という菊池寛の教えを遵奉した私にとって、そのあたりは短絡的に感じられる。」
阿刀田高
男77歳
11 「よくまとまっている力作だが、小説家の誕生と生涯を描き、恋愛によってどう変化深化するのか、複雑なテーマに迫りきっていない、と感じた。ヒロインの書いた作品がどんなものか、どうすごいのか、それが見えて来ないと、小説の深さがのぞけないように思った。」
渡辺淳一
男78歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
辻村深月
『鍵のない夢を見る』
朝井リョウ
『もういちど生まれる』
原田マハ
『楽園のカンヴァス』
宮内悠介
『盤上の夜』
  ページの先頭へ

候補者・作品
原田マハ女50歳×各選考委員 
『楽園のカンヴァス』
長篇 606
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
桐野夏生
女60歳
23 「一気読みできるアイデアの面白さは評価したい。しかしながら、登場人物に深みがないため、どうしても物語全体が幼く感じられてしまう。」「主人公の心理が、アンリ・ルソーの心境に反映できないと、互いの魅力が相殺されてしまうのではないか。」
伊集院静
男62歳
22 「他の選考委員から“おおいなる虚構作”という評価があり、その手の作品が少なくなっているのは私も淋しく思っていたから評価したかったが、私は主役である絵画作品の描写がきちんとなされ、絵画が迫って来てくれればと期待していたので、不満が残った。」「読後はストーリーテールに追われていた印象の方が強く惜しい気がした。」
浅田次郎
男60歳
16 「何よりも作者は、昨今の文学においてなおざりにされがちな審美眼を持っている。」「ミステリー的な解析にこだわらず、芸術作品をめぐる人間たちの、欲望や憧憬や飢渇を描いていただきたかった。そのあたりがいくぶん食い足りず、強く推し切れなかったのは残念である。」
宮部みゆき
女51歳
27 「(良い意味で)大風呂敷を広げ、知的な興奮を与えてくれた『楽園のカンヴァス』を(引用者注:私は)推していた」「日常の繊細な、悪くいえばちまちました感情の呪縛から飛翔し、思い切って贅沢な設定と大胆な謎を作品の核に据え、一幕の知的冒険劇を観せてくれました。この作品が今、エンタテイメント読書界に登場してきたことの価値は、計り知れないほど大きい。」
北方謙三
男64歳
14 「ピカソの上にルソーが描いている絵のアイデアは、きわめてミステリー的であり、スリリングでさえあった。ただ、絵の周囲にいる人間たちが、そのアイデアを生かしきれていない。」
林真理子
女58歳
18 「途中で少々気になることが多く、素直に物語の世界に入っていけなかった。文中の物語がやや幼稚で感動を呼ぶものとは思えなかったのである。また傍の登場人物たちの濃淡のつけ方がよくない。」
宮城谷昌光
男67歳
9 「(引用者注:「新月譚」とともに)できは悪くないように感じられたが、それでも私は多少の疑問とものたりなさをおぼえた。」
阿刀田高
男77歳
22 「スケールの大きい知的な世界を綴って楽しい。みごとである。」「――小説って、こういうイマジネーションがあって、そこがすてきなんだよな――しみじみと感じた。構成や技法に少し不足があるようにも思われ、受賞に到らなかったのは残念。」
渡辺淳一
男78歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
辻村深月
『鍵のない夢を見る』
朝井リョウ
『もういちど生まれる』
貫井徳郎
『新月譚』
宮内悠介
『盤上の夜』
  ページの先頭へ

候補者・作品
宮内悠介男33歳×各選考委員 
『盤上の夜』
連作6篇 493
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
桐野夏生
女60歳
19 「コンセプトがはっきりしている短編集なだけに、似通ったイメージにはなっている。しかし、ゲームは面白い、という作者の喜びが伝わってきて、幸福な読後感がある。虚実入り混じるゲーム人生を、そしてその対局の様を、ジャーナリストが解き明かす構造になっているのだが、やや隔靴掻痒の感がある。」
伊集院静
男62歳
34 「大変興味深く読んだ。SFの分野からの候補作である点にまず期待感が増した。「人間の王」と「象を飛ばした王子」が秀逸の出来上りだった。」「しかし作者が力を注ぎ込んだと思われる巻頭、巻末の短篇は設定の奇異な点は仕方ないとしても勝負事は人間の業欲をいかに書き切るしかないと私は思っているので、その点が今ひとつ踏み込めてないと思った。」
浅田次郎
男60歳
12 「さまざまの勝負事を素材としながら解説に堕することなく、上手に物語を仕込んでいた。連作短編の定められた枚数の中で、過不足なくこうした書き方ができるのは天与のセンスであろう。」
宮部みゆき
女51歳
43 「歴史ある種々の盤上ゲームに、人間は娯楽以上の何かを求める。その「何か」とは何だ?(引用者中略)そこに、そうしたゲームを生み出さずには進歩し得なかった人類の存在意義もあるのではないか。神の領域へとつながるものが見えるのではないか。小説を読みながらこんなことを考えるのは、ぞくぞくするほど愉しい経験でした。ただ、なにしろこれがデビュー作の宮内さんですから、直木賞という輝かしい栄冠の持つ重い責任を背負わせるのは、まだ申し訳ない気がしました。」
北方謙三
男64歳
7 「勝負と人物描写が乖離しているように感じた。両手両脚を奪われた女性が、どうやってこれほど強い棋士になれたのかというところを、私は読みたかった。」
林真理子
女58歳
9 「なんともとらえがたい魅力に満ちている。私のような将棋や碁をやらない者にも、勝負ごとの空間に生まれる魔というものを感じさせてくれる。間違いなく才能がある作家だ。」
宮城谷昌光
男67歳
31 「盤上にあるゲームのルールに、作者独自の世界観を並存させるこころみは、多くの困難がみえすぎていて、やはり成功しているとはいえない。この短編集は、まるで入り口のない家のように感じられたが、「象を飛ばした王子」という短編だけは、開放的で、いわば入り口がひらかれていて、家のなかにはいりやすい。」「すなわち、せっかくの才能を孤高の狷介さによって摧折させてはもったいないということである。」
阿刀田高
男77歳
17 「人間の脳の不思議さをいろいろなゲームを通して探り、小説的な飛躍によって読者にサムシングを感じさせようという趣向と見たが、小説になりきっていないようなうらみがないでもない。――まだ作品のノートみたい――」
渡辺淳一
男78歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
辻村深月
『鍵のない夢を見る』
朝井リョウ
『もういちど生まれる』
貫井徳郎
『新月譚』
原田マハ
『楽園のカンヴァス』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ