直木賞のすべて
選評の概要
144145.
146147148149150.
151152153154155.
156.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/3/1

桐野夏生
Kirino Natsuo
生没年月日【注】 昭和26年/1951年10月7日~
在任期間 第144回~(通算6.5年・13回)
在任年齢 59歳2ヶ月~
経歴 本名=橋岡まり子。石川県金沢市生まれ。成蹊大学法学部卒。
受賞歴・候補歴
直木賞候補歴 第118回候補 『OUT』(平成9年/1997年7月・講談社刊)
第121回受賞 『柔らかな頬』(平成11年/1999年4月・講談社刊)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
直木賞受賞作全作読破への道Part1
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 144 平成22年/2010年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数112 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女59歳
候補 評価 行数 評言
貴志祐介
男52歳
21 「文体もスピードも内容もトーンも、すべてをB級ホラーに徹しようというコンセプトに準じている」「できるようでできない力業であるし、好悪を超えて評価されるべき仕事だと思う。」「表現の自由が狭まりつつある現在、意義ある仕事だと思う。」
女43歳
25 「不思議な小説だ。」「登場人物の誰もが、水底の砂のように流れにたゆとうて動こうとはしない。その閉塞感はよく描けている。」「それ故か、定九郎程度の男にどうして、落語の世界、つまり虚構が表す自由、を伝えようとするのかがよくわからなかった。定九郎、花魁、ポン太、それぞれをもっと丁寧に描いていれば、物語全体がよい意味で撓み、力を孕んだであろう。」
男35歳
21 「作者の凄みは、少年の愛と憎しみが、少年を取り巻くすべての人間に向けられていることだ。むしろ、「愛なき世界」の侘びしさでもある。そこが安易な既視感を排除する、太い縦糸となっている。しかし、三人の少年少女の「枠内」を描こうとするあまり、フレーム外の世界が乱暴に省かれたり、都合よく描かれているところが気になる。」
選評出典:『オール讀物』平成23年/2011年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 145 平成23年/2011年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数99 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女59歳
候補 評価 行数 評言
島本理生
女28歳
20 「もしかすると、この作品を冗漫だと感じる方も多いかもしれない。トーンが一定していない、と不満に思う人もいるだろう。だが、青春というものはこういう姿をしているのではなかったか、と何度も思った。」「おそらく、大勢の若い女性がこの物語によって救われることだろう。よい小説を読んだ。」
男48歳
31 「池井戸さんは、安定した達者な書き手だ。すでに「池井戸ブランド」を確立しておられるし、何も言うことはない。」「面白かったのは、社内の不満が噴き出すあたりだろうか。「夢とプライド」は個人の価値観に過ぎず、会社は、個々の「夢とプライド」を束ねることはできない、ということだ。」「個人的には、主人公と妻の何がどうぶつかって、破局に至ったのかを知りたかった。また、震災後の日本の姿を、是非、池井戸さんに書いて頂きたいと願う。」
選評出典:『オール讀物』平成23年/2011年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 146 平成23年/2011年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数107 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女60歳
候補 評価 行数 評言
男60歳
27 「秋谷が死を賜る理由が、高潔な人柄に似合わない出だしに強く惹かれた。だが、物語は次第にお家騒動的な、既視感に満ちた話に転換していく。」「秋谷をもっと魅力的にするには、監視役として遣わされた庄三郎の圧を高め、板挟みとなった懊悩をもっと描くべきだったと思う。」「読み手は死を避けて貰いたいと願っている。ために、秋谷の悟りが逆にリアリティを感じさせない。」
選評出典:『オール讀物』平成24年/2012年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 147 平成24年/2012年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数96 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女60歳
候補 評価 行数 評言
女32歳
26 「抽象的な総タイトルがピンとこないほどに、どの作品にも具体的な「生」がある。この短編集は、ひとつ高みに向かおうとする、大人のための小説群だと感じた。優れた長編の出現を望む声もあったが、私はこの作品で充分である。」「どうにも咀嚼できない他者の存在に戸惑い、地方都市に閉じ込められた女性たちの孤独や苛立ちがよく描かれている。」
選評出典:『オール讀物』平成24年/2012年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 148 平成24年/2012年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数119 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女61歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
44 「ネット空間に向けて常に発信を続けなければならない彼らの強迫観念はいったいどこから来るのか。(引用者中略)シュウカツで、お前は何者だ、と問われることだけでなく、この作品はネット社会における無間地獄を描いてうまい。」「プリンタを借りざるを得ない経緯や、瑞月の母親の話などは、やや用意周到過ぎる気がしたが、たいした欠点ではない。」
男57歳
16 「武士である自分と、画家である自分とがせめぎ合う時代が長く描かれる。画家の長い一生を書くからには、避けて通れないテーマだったのかもしれないが、それ故に画家の「狂乱」はなかなか描かれない。そこがやや冗長に感じられたのだが、画家としての欲望を全開させた下巻は迫力がある。」
選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 149 平成25年/2013年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数111 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女61歳
候補 評価 行数 評言
女48歳
19 「安定した筆力と抜群の技術で、(引用者中略)ずば抜けていた。」「とりわけ、「シャッターチャンス」と「本日開店」が優れていると思った。若干気になったのは、うま過ぎること。よく滑って引っかかりがない。」
  「テーマ性の強い連作短編集と読み比べれば、どうしても長編小説は不利になる。長編小説は、読み終わるまでテーマは明らかにならないし、そのための「動力」は短編とは違う種類のものだからである。」
選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 抜きん出た二作 総行数49 (1行=27字)
選考委員 桐野夏生 女62歳
候補 評価 行数 評言
女54歳
13 「内容はすこぶる面白く、引き込まれる。」「天狗党の無惨な結末は、山田風太郎の『魔群の通過』に詳しいが、囚われた妻の側から、内戦の酸鼻を描いたものは初めてではなかろうか。作中作という構成にしたのも、市川三左衛門の娘、登世を登場させたかったのかと思えば、これまた『魔群の通過』と呼応しているかのようだ。」
女55歳
11 「昭和という時代の「翳り」がうまく描かれている。」「イクの周囲に対する距離感と、それを語る作者の立ち位置が絶妙で、一編の映画を見ているような気がした。本作は、『恋歌』と並び、最初から頭ひとつ抜きん出ていた。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数102 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女62歳
候補 評価 行数 評言
男65歳
16 「黒川博行の書く男たちはよく喋る。(引用者中略)時折、地の文でぴしっと描写してほしい、と思うこともあるのだが、大阪弁の台詞には地の文の表現はあまり合わないのかもしれないと気が付いた。」「こんな技のある作家は他にいない。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数95 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女63歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
23 「この作品の白眉は、何と言っても主人公の姉の造型に尽きる。」「(引用者注:主人公の)内省的でシニカル、かつユーモアを孕んだ語り口は、作者がアーヴィングやサリンジャーなどのアメリカ文学に親しんだことがよくわかって楽しい。」「両親の離婚の原因や、幼稚園時代など、蛇足ではないかと感じられる個所もあったが、勢いが感じられる。」
木下昌輝
男40歳
17 「新人とは思えない文章の切れ味と迫力に驚いた。」「表題作だけでは物足りない、と不満に思った途端、輪舞のように展開していく宇喜多の物語に昂奮した。最後があざとい、という意見もあったが、私はカタルシスに感じた。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数99 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女63歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
17 「文句なく面白かった。」「台湾の外省人と本省人の抑圧と解放をテーマにした、暗い物語でもあるのだが、回顧として書かれていること、そして豊かな細部とユーモアが、陰惨になりがちな話を渇いた笑いへと変えている。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数100 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女64歳
候補 評価 行数 評言
深緑野分
女32歳
30 「私は本作品を推した。」「主人公の小さな世界から始まって、次第に戦争の中に突き進み、その恐ろしくグロテスクな面を浮き彫りにしていく構成もよい。」「第二次大戦のアメリカ兵に材を取っているが、どの時代のどんな人物を題材にしようが、文学は自由だ。問題は描かれるテーマにあって、この自由さを失っては小説は消滅する。」「敢えて苦言を呈すれば、ストーリー中のミステリー風味には、興を殺がれた。」
男67歳
30 「達者な書き手であることは確かなのだが、つるりと喉越しのよいゼリーを食べた後のように、読後もまだ物欲しい気持ちが残る。」「気になったのは、どの短編もパターンが似通っていることだ。男二人に、女が一人現れて魔性ぶりを発揮する、というストーリーが多い。女の側の視点が欠落しているために、男たちの魅力が褪せる。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数106 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女64歳
候補 評価 行数 評言
男60歳
20 「どの作品にも、確実なディテールに支えられた安定感がある。その安定感は、読書の喜びへと通じるものだ。」「ちなみに、私が好きな物語は、「いつか来た道」である。母と娘の齟齬は平行線のままだが、年月が経てば母は老いて、悲しみだけが残る。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数95 (1行=12字)
選考委員 桐野夏生 女65歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
24 「長尺にも拘らず、一気に読めるのは作者の筆力故であろう。特に興味深かったのは、嵯峨三枝子とシルヴァーバーグら、コンクールの審査員側の関係と心理である。」「なぜに、最終審査があの順位になるのか、選ぶ側の思惑をもっと知りたかった。でなければ、天才とは何か、またコンクールとは何のためにやるのか、はたまた人間にとって音楽とは何か、という大きな謎に迫れない。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ