直木賞のすべて
第148回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

148   一覧へ 147前の回へ 後の回へ149
平成24年/2012年下半期
(平成25年/2013年1月16日決定発表/『オール讀物』平成25年/2013年3月号選評掲載)
選考委員  宮部みゆき
女52歳
伊集院静
男62歳
浅田次郎
男61歳
桐野夏生
女61歳
北方謙三
男65歳
林真理子
女58歳
宮城谷昌光
男67歳
阿刀田高
男78歳
渡辺淳一
男79歳
選評総行数  145 100 97 119 110 92 100 92 55
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
朝井リョウ 『何者』
472
男23歳
32 51 20 44 17 24 6 24 29
安部龍太郎 『等伯』
1242
男57歳
40 22 18 16 18 15 14 21 23
有川浩 『空飛ぶ広報室』
840
女40歳
21 4 10 0 15 12 0 6 0
伊東潤 『国を蹴った男』
526
男52歳
20 8 22 17 19 8 14 17 0
志川節子 『春はそこまで』
498
女41歳
18 8 15 11 16 9 0 12 6
西加奈子 『ふくわらい』
462
女35歳
14 8 16 31 16 21 63 15 6
                 
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年3月号
1行当たりの文字数:12字


選考委員
宮部みゆき女52歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
何者かになるために 総行数145 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
32 「デビュー以来、朝井さんは一貫して、作者の顔に返り血が跳ねかかってくるような切実な題材に取り組んできました。これは、大きな勇気と、最後の最後のところで人間の善意を信じる寛容な想像力がないとできない。しかもこの若さで。そこにも感嘆しました。」
安部龍太郎
男57歳
40 「等伯は等伯だから偉大なのではなく、等伯になろうとあがき続けたその道程が偉大だった。実在の著名な人物の一代記、しかも大長編でありながら、読み始めたらやめられないページターニングな小説になったのは、安部さんがただ等伯を讃えるだけでなく、最良の形でこの「There is also a man」も描いたからだと思います。」
有川浩
女40歳
21 「予想外に厳しい評価があって、私もちょっと戸惑いましたが、誰が読んでも楽しく、温かい気持ちになる作品であることは間違いありません。多くの読者の支持が、確かにそれを裏付けています。」
伊東潤
男52歳
20 「表題作が文句なしに素晴らしい。この短編を芯に、今川氏のなかの様々な立場にある人びとを個別に描いていく連作短編集だったらなあ、と思いました。」「人の上に立つ者の幸福とは、どんな幸福であるべきなのか。伊東さんなら、多角的な視点を持つ連作に仕上げることができたのではないかと夢想してしまいました。」
志川節子
女41歳
18 「もう立派に出来あがっているというか、成熟を感じる書きっぷり。惜しむらくはタイトルが弱い。遠慮しすぎです。説明的なタイトルは作品の印象を弱めてしまいます。」
西加奈子
女35歳
14 「非常に惜しい次点でした。」「私は、読後数日はこの作品に憑かれたようになって、ほかの本が読めませんでした。ただ「直木賞なのかな。芥川賞じゃないのかな?」という疑念を、どうしても払拭できませんでした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
伊集院静男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
喪失なのか? 総行数100 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
51 「一読、凡庸な作品では? と思った。それでも妙な気分が残り、私の小説の基準を除いて読み返し、登場人物を並べてみると、皆の顔が見えてこない。面白い。」「それでもやはりわからぬまま私はこの作品を推した。かつて小説とは何ぞやと喘いで、それでも手探っていた頃にゴツゴツしているだけのものが残った、あの感触をこの作品に感じたのが推した理由である気もする。」
安部龍太郎
男57歳
22 「長谷川等伯は狩野派に対して異端の存在であるが、このような歴史上の人物を描くと必要以上に奇異なキャラクターをつけてしまいがちだが、安部氏は長い経験がそれを上手くこしらえている。さすがだと思った。他の選考委員よりこの数年本賞から輩出した歴史小説と比べて遜色なくむしろ上との見解に最後に票を入れた。」
有川浩
女40歳
4 「氏の他の作品を評価してきたので今回は残念であった。」
伊東潤
男52歳
8 「年毎に伊東氏は腕が上がり、文章にもしなりのようなものが出た。それが元来の氏の力なのだろう。」
志川節子
女41歳
8 「候補作の中で一番好感を持った。真っ直ぐな対象への描き方、人物の造形はこれから生み出されるであろう氏の作品群への大きな期待となる気がする。」
西加奈子
女35歳
8 「センスが佳い小説で作家の独特の好みに私は好感を抱いた。」「ひょっとすると未来はこの人にあるかもしれない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
浅田次郎男61歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
安心と不安と 総行数97 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
20 「私なりに面白く読んだのだが、若い人の生活や人間関係や社会観に対する興味にとどまった。」「この作家の未来の光明は、作中の瑞月という登場人物の抱える苦悩にあると思った。その部分を俯いて通過してしまったために、作品全体が主軸を喪った。」
安部龍太郎
男57歳
18 「読み始めるとじきに、選者の立場を忘れて一読者となった。推した理由の第一はそれである。」「この作品には、作家の読者に対する誠意と責任が結実しており、細部を論ずるまでもなく受賞作にふさわしいと感じた。」
有川浩
女40歳
10 「3・11以後の世界観の逆転が納得できなかった。」「悔悟するならば冒頭から書き直すか、さもなくば潔く遺棄すほどの覚悟が必要である。」
伊東潤
男52歳
22 「表題作「国を蹴った男」に注目した。作者は今川氏真のような人物を多く知っているにちがいない。ぜひ長篇仕立てで、こうした爽快な武将の一代記を読んでみたいものである。」
志川節子
女41歳
15 「地図のない旅のように期待と不安がないまぜであった。」「おそらく、時間をかけすぎているのであろう。情熱の滾るうちに一気呵成に書き上げれば、きっとすばらしい作品になったのではないかと惜しまれた。」
西加奈子
女35歳
16 「自由奔放に書いているのか、それとも正確な図面に基づいているのかわからず、一貫したストーリーがないかわりに、背骨が通っている。ならば、ゲシュタルト文学という解釈はどうであろう。そう考えると、とりわけ不可解な大団円の説明がつくし、表題もまた然りである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
桐野夏生
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
桐野夏生女61歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
選評 総行数119 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
44 「ネット空間に向けて常に発信を続けなければならない彼らの強迫観念はいったいどこから来るのか。(引用者中略)シュウカツで、お前は何者だ、と問われることだけでなく、この作品はネット社会における無間地獄を描いてうまい。」「プリンタを借りざるを得ない経緯や、瑞月の母親の話などは、やや用意周到過ぎる気がしたが、たいした欠点ではない。」
安部龍太郎
男57歳
16 「武士である自分と、画家である自分とがせめぎ合う時代が長く描かれる。画家の長い一生を書くからには、避けて通れないテーマだったのかもしれないが、それ故に画家の「狂乱」はなかなか描かれない。そこがやや冗長に感じられたのだが、画家としての欲望を全開させた下巻は迫力がある。」
有川浩
女40歳
0  
伊東潤
男52歳
17 「私は、時代背景や当時の状況など、もう少し説明が欲しいと思うところがある。急がずにじっくり読みたいと思う作品も多々あった。」「過剰に見えて、実は少し足りない理由は何だろうか。そこを考えてほしい。表題作は傑作である。」
志川節子
女41歳
11 「最後の二編からトーンが変わって戸惑った。そのまま小さな町内の商いの話が続いている方が面白かったのでは、と思うのは、私だけだろうか。」
西加奈子
女35歳
31 「世界(自分)が何であるのか、どうしたらその世界と関係できるのか、なかなか発見できない主人公の旅路でもあるのだが、その旅が次第にトーンダウンした感があるのが残念だ。」「強烈で魅力的な人物が登場し、ファンタジックでありながら、力強い物語が始まりそうだっただけに物足りなさが募る。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
北方謙三男65歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
バランスのいい二作 総行数110 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
17 「私小説的、日常の事象の取捨から、フィクショナルなものに昇華していくという、できあがった小説技法の中で書かれ、見事に若者のありようの一面を描き出している。」
安部龍太郎
男57歳
18 「読んでいて、不安になるところは、皆無である。強いて言えば、創造の狂気が、そばにいる人間の、業が深い、という言葉に収約されてしまっているところ、成熟期の晩年が描かれていないところなどが、いくらか気になった。受賞にふさわしい、堂々たる力作であったと思う。」
有川浩
女40歳
15 「うまい人である。ただ、視線が一方向に片寄りすぎているのが、やはり気になって仕方がなかった。自衛隊に対しては、もっと複雑なものがあり、反対派のジャーナリズムや評論を、安直に出せばいいというものではないだろう。」
伊東潤
男52歳
19 「前回候補作より、手はあがったと思う。」「歴史上の有名人に、これまでとはちょっと違った視点をあてた時、二作(引用者注:「牢人大将」と「国を蹴った男」)にあった鮮やかさが色褪せる。そのあたり、もう一度噛み直して欲しいところである。」
志川節子
女41歳
16 「評価にいくらか困惑した。どこも悪いところはないが、爪を立てて、引っかかるところもない。」「小さな内向きの世界で、小説を構築してしまおうとしているのではないか。」
西加奈子
女35歳
16 「才気を感じさせ、私を引きこんだ。」「ただ、才気が走って過剰になる、という傾向が見える。ひとりひとりの登場人物の彫りこみはできているのだから、イメージの選択に抑制が伴えば、新しいものが出てくるだろうという可能性は強く感じた。」
  「賞の社会的な波及性は、作家の人生にも波及することがあると思えるが、そこまでの顧慮は選考にバイアスがかかりそうである。虚心に読み、評価する。あたり前のことだが、今回も自分にそう言い聞かせた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
林真理子女58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
安部さんの円熟の技 総行数92 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
24 「双手を挙げて賛成というわけにはいかなかった。この作品に出てくる、就活に励む学生たちはおそらく一流大学に通っていると思われる。そこでの会話や悩む様子に、一次選考で落とされる二流、三流校の学生の視点がまるで欠けていることが不満であった。」「小説が「若者の解説書」であってはならない。が、ラストの一連のどんでん返しは見事で、この作品に深みを与えている。」
安部龍太郎
男57歳
15 「第一に推すつもりで選考会に臨んだ。」「上巻は戦国の世を生き抜く等伯を描いて、まるで冒険小説のような面白さだ。そして下巻は、政治に翻弄され、陰謀と策略の世界に身を置く画家を描ききった。違う色彩で、上下巻を一気に読ませる力はさすがである。」
有川浩
女40歳
12 「作家が取材の対象とこれほど一体化してはいけない。いくら素晴らしい人たちで賞賛すべき仕事をしていようと、作家はその奥にある何かトゲあるものを見なくてはいけないのだ。」
伊東潤
男52歳
8 「表題作の「国を蹴った男」が秀逸で、この方の歴史作家としての実力を見せてくれる。が、短篇集だけに、今回は「等伯」の迫力に影が薄くなったのは残念である。」
志川節子
女41歳
9 「まるで現代のシャッター通りの、商店街の人々を見るような面白さがある。」「が、この作品はやはりインパクトが足りなかったかもしれない。」
西加奈子
女35歳
21 「この人はまずセンスがいい。登場人物がすべて魅力的である。」「人の顔のパーツを心の中で動かし、人との距離感を計ろうとする主人公は、何か大きなものが欠落している。最後までそれが埋められない結末は不気味であるが、ほのかなユーモアをたたえている。新しい凄い書き手が現れたものだ。」
  「直木賞は、今後も第一線で活躍出来る作家に与えられる賞だ。私はそう考えている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
宮城谷昌光
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
宮城谷昌光男67歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
創作のマナー 総行数100 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
6 「構成における弾性のなさに不満があったが、ここでは賀を献じておきたい。」
安部龍太郎
男57歳
14 「長谷川等伯の情熱とかれの子の久蔵の顕揚欲が旺盛であるがゆえに、危うい、という感じが、よく描けていた。それでもこの作品には、わかりにくいところがいくつかあり、読了するまでに、何度か立ちどまったことはたしかである。」
有川浩
女40歳
0  
伊東潤
男52歳
14 「いわゆる下げにいそぐあまり、内容にふくよかさが失われているきらいがある。蹴鞠の名人でありながら国を主宰するには凡庸であった今川氏真と鞠職人の五助を書いた表題作は、佳品である。」
志川節子
女41歳
0  
西加奈子
女35歳
63 「この作者はかなり賢い、と私にはおもわれた。氏はまず最初に、小説的ワールドを限定している。それがふくわらいの、輪郭だけがあって何もない、白い顔である。そこに眉、目、鼻、口が置かれてゆくという初期の設定が、小説的構成とシンクロしている。」「すみずみまで血の通った小説をひさしぶりに読んだという実感をもち、感心もしたが、ふしぎなことに感動しなかった。」「創作にマナーがあるとすれば、マナーのよい作品であることはまちがいない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
林真理子
阿刀田高
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
阿刀田高男78歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
納得と残念 総行数92 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
24 「当初は若干の不足を抱かないでもなかった。一般論として言うのだが、昨今の若い作家の作品には自分を中心にして千メートル以内の世界を描いたようなものが多く、もっと想像力の豊かな小説を待望しているので、『何者』にもそんな傾向を見てしまったのである。だが他の委員より就活に悩む学生たちがさまざまな情報や評価に踊らされ、自分が何者なのか、周囲は何者なのか、喪失感に陥り、それが今日的な大きな問題であることを指摘され、この作品の評価が変わった。」
安部龍太郎
男57歳
21 「小説としての新しさを強く訴えるものではないが、オーソドックスな歴史小説として安定した力を強く感じた。納得のいく受賞であった。」
有川浩
女40歳
6 「文字通り自衛隊の広報のような印象が残り、感動がえられなかった。」
伊東潤
男52歳
17 「多彩にして詳細な歴史資料を披露し、それ自体は凄味さえあって、みごとなのだが、小説としての広がりに不足があるように思った。」「今川氏真などユニークなパーソナリティを登場させたときは充分におもしろいのだが……」
志川節子
女41歳
12 「際立った事件もなく、連作の気配に収ってしっとりと創られている二、三編には感銘したが、後半に敵討ちが加わり、全体をまとめようとして、かえって魅力を失ったように思う。」
西加奈子
女35歳
15 「部分へのこだわりが全体への展望へつながり、それが言語の構造と呼応し、特異なパーソナリティのありようとも響き合っている。」「稀有の才能を感じたが、理解しにくいところもあって、次作を見たいという心境に傾いた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
渡辺淳一
  ページの先頭へ

選考委員
渡辺淳一男79歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
才気と安定感 総行数55 (1行=12字)
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
29 「今回、もっとも心をひかれた」「現代の大学生が就職期を前に、各社の試験官に気に入られるため、個々の人格や個性を失い、変貌していく実態が、さまざまな視点から鮮やかに描かれている。」「このような現実が、とくに悲劇的でも絶望的でもなく、現代風俗の一端として冷やかに、ときに遊びの感覚まで交えて表現されているところが、シニカルで魅力的である。」
安部龍太郎
男57歳
23 「ものごとの本質を見極めたいという絵師の性と、荒ぶる武家の血が、さまざまな事件に会う度に揺らぎ、かつ燃え盛る。」「まさしく、絵師には想像できぬ事態が次々とおきるが、それを乗り越えていく生きざまがよく描かれている。」「とくに新聞小説という舞台で、これだけの大作を安定して描ききった力量は、おおいに評価していいだろう。」
有川浩
女40歳
0  
伊東潤
男52歳
0  
志川節子
女41歳
6 「(引用者注:「ふくわらい」とともに)まとまりや書き込みに難点があり、次作を期待する。」
西加奈子
女35歳
6 「(引用者注:「春はそこまで」とともに)まとまりや書き込みに難点があり、次作を期待する。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
宮部みゆき
伊集院静
浅田次郎
桐野夏生
北方謙三
林真理子
宮城谷昌光
阿刀田高
  ページの先頭へ


受賞者・作品
朝井リョウ男23歳×各選考委員 
『何者』
長篇 472
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
32 「デビュー以来、朝井さんは一貫して、作者の顔に返り血が跳ねかかってくるような切実な題材に取り組んできました。これは、大きな勇気と、最後の最後のところで人間の善意を信じる寛容な想像力がないとできない。しかもこの若さで。そこにも感嘆しました。」
伊集院静
男62歳
51 「一読、凡庸な作品では? と思った。それでも妙な気分が残り、私の小説の基準を除いて読み返し、登場人物を並べてみると、皆の顔が見えてこない。面白い。」「それでもやはりわからぬまま私はこの作品を推した。かつて小説とは何ぞやと喘いで、それでも手探っていた頃にゴツゴツしているだけのものが残った、あの感触をこの作品に感じたのが推した理由である気もする。」
浅田次郎
男61歳
20 「私なりに面白く読んだのだが、若い人の生活や人間関係や社会観に対する興味にとどまった。」「この作家の未来の光明は、作中の瑞月という登場人物の抱える苦悩にあると思った。その部分を俯いて通過してしまったために、作品全体が主軸を喪った。」
桐野夏生
女61歳
44 「ネット空間に向けて常に発信を続けなければならない彼らの強迫観念はいったいどこから来るのか。(引用者中略)シュウカツで、お前は何者だ、と問われることだけでなく、この作品はネット社会における無間地獄を描いてうまい。」「プリンタを借りざるを得ない経緯や、瑞月の母親の話などは、やや用意周到過ぎる気がしたが、たいした欠点ではない。」
北方謙三
男65歳
17 「私小説的、日常の事象の取捨から、フィクショナルなものに昇華していくという、できあがった小説技法の中で書かれ、見事に若者のありようの一面を描き出している。」
林真理子
女58歳
24 「双手を挙げて賛成というわけにはいかなかった。この作品に出てくる、就活に励む学生たちはおそらく一流大学に通っていると思われる。そこでの会話や悩む様子に、一次選考で落とされる二流、三流校の学生の視点がまるで欠けていることが不満であった。」「小説が「若者の解説書」であってはならない。が、ラストの一連のどんでん返しは見事で、この作品に深みを与えている。」
宮城谷昌光
男67歳
6 「構成における弾性のなさに不満があったが、ここでは賀を献じておきたい。」
阿刀田高
男78歳
24 「当初は若干の不足を抱かないでもなかった。一般論として言うのだが、昨今の若い作家の作品には自分を中心にして千メートル以内の世界を描いたようなものが多く、もっと想像力の豊かな小説を待望しているので、『何者』にもそんな傾向を見てしまったのである。だが他の委員より就活に悩む学生たちがさまざまな情報や評価に踊らされ、自分が何者なのか、周囲は何者なのか、喪失感に陥り、それが今日的な大きな問題であることを指摘され、この作品の評価が変わった。」
渡辺淳一
男79歳
29 「今回、もっとも心をひかれた」「現代の大学生が就職期を前に、各社の試験官に気に入られるため、個々の人格や個性を失い、変貌していく実態が、さまざまな視点から鮮やかに描かれている。」「このような現実が、とくに悲劇的でも絶望的でもなく、現代風俗の一端として冷やかに、ときに遊びの感覚まで交えて表現されているところが、シニカルで魅力的である。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
安部龍太郎
『等伯』
有川浩
『空飛ぶ広報室』
伊東潤
『国を蹴った男』
志川節子
『春はそこまで』
西加奈子
『ふくわらい』
  ページの先頭へ

受賞者・作品
安部龍太郎男57歳×各選考委員 
『等伯』
長篇 1242
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
40 「等伯は等伯だから偉大なのではなく、等伯になろうとあがき続けたその道程が偉大だった。実在の著名な人物の一代記、しかも大長編でありながら、読み始めたらやめられないページターニングな小説になったのは、安部さんがただ等伯を讃えるだけでなく、最良の形でこの「There is also a man」も描いたからだと思います。」
伊集院静
男62歳
22 「長谷川等伯は狩野派に対して異端の存在であるが、このような歴史上の人物を描くと必要以上に奇異なキャラクターをつけてしまいがちだが、安部氏は長い経験がそれを上手くこしらえている。さすがだと思った。他の選考委員よりこの数年本賞から輩出した歴史小説と比べて遜色なくむしろ上との見解に最後に票を入れた。」
浅田次郎
男61歳
18 「読み始めるとじきに、選者の立場を忘れて一読者となった。推した理由の第一はそれである。」「この作品には、作家の読者に対する誠意と責任が結実しており、細部を論ずるまでもなく受賞作にふさわしいと感じた。」
桐野夏生
女61歳
16 「武士である自分と、画家である自分とがせめぎ合う時代が長く描かれる。画家の長い一生を書くからには、避けて通れないテーマだったのかもしれないが、それ故に画家の「狂乱」はなかなか描かれない。そこがやや冗長に感じられたのだが、画家としての欲望を全開させた下巻は迫力がある。」
北方謙三
男65歳
18 「読んでいて、不安になるところは、皆無である。強いて言えば、創造の狂気が、そばにいる人間の、業が深い、という言葉に収約されてしまっているところ、成熟期の晩年が描かれていないところなどが、いくらか気になった。受賞にふさわしい、堂々たる力作であったと思う。」
林真理子
女58歳
15 「第一に推すつもりで選考会に臨んだ。」「上巻は戦国の世を生き抜く等伯を描いて、まるで冒険小説のような面白さだ。そして下巻は、政治に翻弄され、陰謀と策略の世界に身を置く画家を描ききった。違う色彩で、上下巻を一気に読ませる力はさすがである。」
宮城谷昌光
男67歳
14 「長谷川等伯の情熱とかれの子の久蔵の顕揚欲が旺盛であるがゆえに、危うい、という感じが、よく描けていた。それでもこの作品には、わかりにくいところがいくつかあり、読了するまでに、何度か立ちどまったことはたしかである。」
阿刀田高
男78歳
21 「小説としての新しさを強く訴えるものではないが、オーソドックスな歴史小説として安定した力を強く感じた。納得のいく受賞であった。」
渡辺淳一
男79歳
23 「ものごとの本質を見極めたいという絵師の性と、荒ぶる武家の血が、さまざまな事件に会う度に揺らぎ、かつ燃え盛る。」「まさしく、絵師には想像できぬ事態が次々とおきるが、それを乗り越えていく生きざまがよく描かれている。」「とくに新聞小説という舞台で、これだけの大作を安定して描ききった力量は、おおいに評価していいだろう。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『何者』
有川浩
『空飛ぶ広報室』
伊東潤
『国を蹴った男』
志川節子
『春はそこまで』
西加奈子
『ふくわらい』
  ページの先頭へ

候補者・作品
有川浩女40歳×各選考委員 
『空飛ぶ広報室』
長篇 840
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
21 「予想外に厳しい評価があって、私もちょっと戸惑いましたが、誰が読んでも楽しく、温かい気持ちになる作品であることは間違いありません。多くの読者の支持が、確かにそれを裏付けています。」
伊集院静
男62歳
4 「氏の他の作品を評価してきたので今回は残念であった。」
浅田次郎
男61歳
10 「3・11以後の世界観の逆転が納得できなかった。」「悔悟するならば冒頭から書き直すか、さもなくば潔く遺棄すほどの覚悟が必要である。」
桐野夏生
女61歳
0  
北方謙三
男65歳
15 「うまい人である。ただ、視線が一方向に片寄りすぎているのが、やはり気になって仕方がなかった。自衛隊に対しては、もっと複雑なものがあり、反対派のジャーナリズムや評論を、安直に出せばいいというものではないだろう。」
林真理子
女58歳
12 「作家が取材の対象とこれほど一体化してはいけない。いくら素晴らしい人たちで賞賛すべき仕事をしていようと、作家はその奥にある何かトゲあるものを見なくてはいけないのだ。」
宮城谷昌光
男67歳
0  
阿刀田高
男78歳
6 「文字通り自衛隊の広報のような印象が残り、感動がえられなかった。」
渡辺淳一
男79歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『何者』
安部龍太郎
『等伯』
伊東潤
『国を蹴った男』
志川節子
『春はそこまで』
西加奈子
『ふくわらい』
  ページの先頭へ

候補者・作品
伊東潤男52歳×各選考委員 
『国を蹴った男』
短篇集6篇 526
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
20 「表題作が文句なしに素晴らしい。この短編を芯に、今川氏のなかの様々な立場にある人びとを個別に描いていく連作短編集だったらなあ、と思いました。」「人の上に立つ者の幸福とは、どんな幸福であるべきなのか。伊東さんなら、多角的な視点を持つ連作に仕上げることができたのではないかと夢想してしまいました。」
伊集院静
男62歳
8 「年毎に伊東氏は腕が上がり、文章にもしなりのようなものが出た。それが元来の氏の力なのだろう。」
浅田次郎
男61歳
22 「表題作「国を蹴った男」に注目した。作者は今川氏真のような人物を多く知っているにちがいない。ぜひ長篇仕立てで、こうした爽快な武将の一代記を読んでみたいものである。」
桐野夏生
女61歳
17 「私は、時代背景や当時の状況など、もう少し説明が欲しいと思うところがある。急がずにじっくり読みたいと思う作品も多々あった。」「過剰に見えて、実は少し足りない理由は何だろうか。そこを考えてほしい。表題作は傑作である。」
北方謙三
男65歳
19 「前回候補作より、手はあがったと思う。」「歴史上の有名人に、これまでとはちょっと違った視点をあてた時、二作(引用者注:「牢人大将」と「国を蹴った男」)にあった鮮やかさが色褪せる。そのあたり、もう一度噛み直して欲しいところである。」
林真理子
女58歳
8 「表題作の「国を蹴った男」が秀逸で、この方の歴史作家としての実力を見せてくれる。が、短篇集だけに、今回は「等伯」の迫力に影が薄くなったのは残念である。」
宮城谷昌光
男67歳
14 「いわゆる下げにいそぐあまり、内容にふくよかさが失われているきらいがある。蹴鞠の名人でありながら国を主宰するには凡庸であった今川氏真と鞠職人の五助を書いた表題作は、佳品である。」
阿刀田高
男78歳
17 「多彩にして詳細な歴史資料を披露し、それ自体は凄味さえあって、みごとなのだが、小説としての広がりに不足があるように思った。」「今川氏真などユニークなパーソナリティを登場させたときは充分におもしろいのだが……」
渡辺淳一
男79歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『何者』
安部龍太郎
『等伯』
有川浩
『空飛ぶ広報室』
志川節子
『春はそこまで』
西加奈子
『ふくわらい』
  ページの先頭へ

候補者・作品
志川節子女41歳×各選考委員 
『春はそこまで』
連作6篇 498
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
18 「もう立派に出来あがっているというか、成熟を感じる書きっぷり。惜しむらくはタイトルが弱い。遠慮しすぎです。説明的なタイトルは作品の印象を弱めてしまいます。」
伊集院静
男62歳
8 「候補作の中で一番好感を持った。真っ直ぐな対象への描き方、人物の造形はこれから生み出されるであろう氏の作品群への大きな期待となる気がする。」
浅田次郎
男61歳
15 「地図のない旅のように期待と不安がないまぜであった。」「おそらく、時間をかけすぎているのであろう。情熱の滾るうちに一気呵成に書き上げれば、きっとすばらしい作品になったのではないかと惜しまれた。」
桐野夏生
女61歳
11 「最後の二編からトーンが変わって戸惑った。そのまま小さな町内の商いの話が続いている方が面白かったのでは、と思うのは、私だけだろうか。」
北方謙三
男65歳
16 「評価にいくらか困惑した。どこも悪いところはないが、爪を立てて、引っかかるところもない。」「小さな内向きの世界で、小説を構築してしまおうとしているのではないか。」
林真理子
女58歳
9 「まるで現代のシャッター通りの、商店街の人々を見るような面白さがある。」「が、この作品はやはりインパクトが足りなかったかもしれない。」
宮城谷昌光
男67歳
0  
阿刀田高
男78歳
12 「際立った事件もなく、連作の気配に収ってしっとりと創られている二、三編には感銘したが、後半に敵討ちが加わり、全体をまとめようとして、かえって魅力を失ったように思う。」
渡辺淳一
男79歳
6 「(引用者注:「ふくわらい」とともに)まとまりや書き込みに難点があり、次作を期待する。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『何者』
安部龍太郎
『等伯』
有川浩
『空飛ぶ広報室』
伊東潤
『国を蹴った男』
西加奈子
『ふくわらい』
  ページの先頭へ

候補者・作品
西加奈子女35歳×各選考委員 
『ふくわらい』
長篇 462
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
宮部みゆき
女52歳
14 「非常に惜しい次点でした。」「私は、読後数日はこの作品に憑かれたようになって、ほかの本が読めませんでした。ただ「直木賞なのかな。芥川賞じゃないのかな?」という疑念を、どうしても払拭できませんでした。」
伊集院静
男62歳
8 「センスが佳い小説で作家の独特の好みに私は好感を抱いた。」「ひょっとすると未来はこの人にあるかもしれない。」
浅田次郎
男61歳
16 「自由奔放に書いているのか、それとも正確な図面に基づいているのかわからず、一貫したストーリーがないかわりに、背骨が通っている。ならば、ゲシュタルト文学という解釈はどうであろう。そう考えると、とりわけ不可解な大団円の説明がつくし、表題もまた然りである。」
桐野夏生
女61歳
31 「世界(自分)が何であるのか、どうしたらその世界と関係できるのか、なかなか発見できない主人公の旅路でもあるのだが、その旅が次第にトーンダウンした感があるのが残念だ。」「強烈で魅力的な人物が登場し、ファンタジックでありながら、力強い物語が始まりそうだっただけに物足りなさが募る。」
北方謙三
男65歳
16 「才気を感じさせ、私を引きこんだ。」「ただ、才気が走って過剰になる、という傾向が見える。ひとりひとりの登場人物の彫りこみはできているのだから、イメージの選択に抑制が伴えば、新しいものが出てくるだろうという可能性は強く感じた。」
林真理子
女58歳
21 「この人はまずセンスがいい。登場人物がすべて魅力的である。」「人の顔のパーツを心の中で動かし、人との距離感を計ろうとする主人公は、何か大きなものが欠落している。最後までそれが埋められない結末は不気味であるが、ほのかなユーモアをたたえている。新しい凄い書き手が現れたものだ。」
宮城谷昌光
男67歳
63 「この作者はかなり賢い、と私にはおもわれた。氏はまず最初に、小説的ワールドを限定している。それがふくわらいの、輪郭だけがあって何もない、白い顔である。そこに眉、目、鼻、口が置かれてゆくという初期の設定が、小説的構成とシンクロしている。」「すみずみまで血の通った小説をひさしぶりに読んだという実感をもち、感心もしたが、ふしぎなことに感動しなかった。」「創作にマナーがあるとすれば、マナーのよい作品であることはまちがいない。」
阿刀田高
男78歳
15 「部分へのこだわりが全体への展望へつながり、それが言語の構造と呼応し、特異なパーソナリティのありようとも響き合っている。」「稀有の才能を感じたが、理解しにくいところもあって、次作を見たいという心境に傾いた。」
渡辺淳一
男79歳
6 「(引用者注:「春はそこまで」とともに)まとまりや書き込みに難点があり、次作を期待する。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
朝井リョウ
『何者』
安部龍太郎
『等伯』
有川浩
『空飛ぶ広報室』
伊東潤
『国を蹴った男』
志川節子
『春はそこまで』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ