直木賞のすべて
選評の概要
123124125.
126127128129130.
131132133134135.
136137138139140.
141142143144145.
146147148149150.
151152153154155.
156.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/3/1

北方謙三
Kitakata Kenzo
生没年月日【注】 昭和22年/1947年10月26日~
在任期間 第123回~(通算17年・34回)
在任年齢 52歳8ヶ月~
経歴 佐賀県唐津市生まれ。神奈川県川崎市出身。中央大学法学部卒。「明るい街」で作家デビュー後、純文学作品を発表。『弔鐘はるかなり』で初めてエンターテインメント作品を書き、人気作家に。
受賞歴・候補歴
処女作 「明るい街」(昭和45年/1970年)
直木賞候補歴 第89回候補 『檻』(昭和58年/1983年3月・集英社刊)
第90回候補 『友よ、静かに瞑れ』(昭和58年/1983年8月・角川書店刊)
第92回候補 『やがて冬が終れば』(昭和59年/1984年10月・文藝春秋刊)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 123 平成12年/2000年上半期   一覧へ
選評の概要 小説でしかなし得ないこと 総行数112 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男52歳
候補 評価 行数 評言
男56歳
26 「重層的で圧倒的な物語性を持っていた。」「人間の弱さがいやというほど描きこまれている。それだけならただの汚濁だが、その汚濁の中から、主人公の少年のピュアな成長という、真珠のひと粒とも言うべきものを掬いあげることに成功している。」「いまこそこういう作品を評価して、小説は本来あるべきその姿を思い出すべきであろう。」
男31歳
17 「誰もが認めたように、新鮮で生きがいい。」「主人公の出来がよすぎるのがいささか気になるが、読後にしっかりとなにかが残っている作品だった。最初の本で受賞というのは、苦しみもともに背負わせたようなものだろうと思うが、それを撥ね返すバイタリティはあると信じたい。」
  「候補作は六本あり、読後、選考する前にどの作品からも示唆を受ける、というようなものばかりだった。」「選考会は自由な雰囲気に満ちていて、いいものを見つけ出そうという姿勢が貫かれ、私は臆することなく発言できた。」
選評出典:『オール讀物』平成12年/2000年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 124 平成12年/2000年下半期   一覧へ
選評の概要 短篇の魅力 総行数107 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男53歳
候補 評価 行数 評言
女38歳
19 「どこかに淡々としたさりげなさがあり、ほのかな死の匂いも漂い、日常のあやふやさが逆に緊張感を呼んで、質のいい短篇集に仕あがっていたと思う。そして、『あいあるあした』の酒場の親父の話で、ほっと息を抜くこともできた。」「この作品も、やはり授賞には賛成した。」
男37歳
13 「日常生活、父と子、夫婦、というものが鮮やかに描きあげられていて、短篇のよさをしみじみ感じさせる一冊になっていたと思う。」「強いて不満を述べれば、飛躍を拒んだような手堅さが小説作法にあり、それが小さくまとまった世界という印象を与えることぐらいか。授賞には賛成した。」
  「短篇で見えてくる資質というものは確かにあり、長篇が隠してしまう欠点もまたある。小説誌に至るまで長篇が花盛りで、長さだけで読者を圧倒しようとする作品も少なくない状況の中で、今回の候補作は逆に壮観ですらあった。」
選評出典:『オール讀物』平成13年/2001年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 125 平成13年/2001年上半期   一覧へ
選評の概要 ある境地 総行数122 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男53歳
候補 評価 行数 評言
男51歳
23 「細かい欠点はいくつか指摘できるが、中年男の静かな情念を描いて、秀逸であった。過去の傷も、燃える思いも、晩年を迎えつつある人生の感慨も、静謐な日常の中に閉じこめるだけの抑制があり、恋愛小説としてひとつの境地を獲得したと感じた。」
東野圭吾
男43歳
27 「藤田氏と並んで、私が密かに二作受賞を期して選考会に臨んだのが、東野氏の『片想い』である。」「派手な技巧の中に紛れて見えにくいが、「私は男ではない。女でもない。私は私である」という陸上選手の述懐など胸を打つものがあり、決して題材を軽く扱ったとは私は感じなかった。」「受賞に値する、と私は思った。」
選評出典:『オール讀物』平成13年/2001年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 126 平成13年/2001年下半期   一覧へ
選評の概要 多彩な候補作 総行数92 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男54歳
候補 評価 行数 評言
黒川博行
男52歳
22 「冒険小説として出色の出来であると感じた。国境が、やくざにとって追いこみのために突破すべき、強大な障壁だというところがよかった。」「この作品にある面白さは、小説本来の物語の面白さであった、と私は思う。」「決戦投票で、私は『国境』と『あかね空』に入れた。」
男53歳
14 「懸命に、江戸という時代を自分の作品世界に生かそうとしていて、誠実さが胸を打った。」「好感の持てる作風で、小説の芯のようなものもしっかり感じられた。」「決戦投票で、私は『国境』と『あかね空』に入れた。」
女46歳
15 「女のたくましさ、切なさが、日常にすっと入りこんできた非日常を通して巧みに描かれ、都会的な風俗小説の佳品であった。二人の女の眼から見た男たちの姿が、どうも表層的である印象を拭いきれず、恋愛小説として読むにはわずかにそこが不満であった。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 127 平成14年/2002年上半期   一覧へ
選評の概要 さまざまな傾向 総行数123 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男54歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
16 「文体、構成ともに完成された手腕を感じさせた。全篇に漂う哀切な情感は、紛れもなく小説というかたちで表現されるべきものである。作者が人を見つめる視線に、私は共感を抱かずにはいられなかった。小説としての格調も、申し分ない。」
  「候補作を読み終えるたびに、私はいつもそのレベルに対して、ある種の安堵感を覚える。」「ちょっと元気がないのは出版という業界であり、小説は衰弱などしていない、という思いを強くするのである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 128 平成14年/2002年下半期   一覧へ
選評の概要 結果はこうだった 総行数94 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男55歳
候補 評価 行数 評言
京極夏彦
男39歳
24 「私は丸をつけた。物語の厚味、漂う妖しさに魅かれたのである。」「間違いなく、小説の持つ本質のひとつがここにある、と思った。毒に満ちてはいても、結局は情愛の小説として私は読んだ。受賞作として推したいと考えていたが、孤立無援であった。」
角田光代
女35歳
15 「現実に準拠したものではないが、小説的リアリティはある。微妙なところをうまく書いたと思った。」「最後に『マドンナ』と争った時は、こちらに固執した。」
  「今回の候補作の質が、いつもより劣ると私は思わなかった。むしろ粒が揃っているのではないか、という印象すら持っていた。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 129 平成15年/2003年上半期   一覧へ
選評の概要 さまざまな小説観 総行数93 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男55歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
13 「現代と都会を舞台にした、ハックルベリー・フィンを読んでいるような印象であった。各作品の連環がやや欠けるということ以外、文句のつけようがない。」「石田、村山、真保の三氏に丸をつけて、私は選考会に臨んだ。」
女39歳
15 「ごく普通の、人としての営為にすぎないが、生きることの意味を読者に問いかけるところにまで昇華されている、と私は感じた。誠実な筆遣いも、選考委員の心を動かしたと思う。」「石田、村山、真保の三氏に丸をつけて、私は選考会に臨んだ。」
真保裕一
男42歳
28 「今回は、私は(引用者注:「手紙」よりも)真保氏の方を評価した。」「(引用者注:主人公の設定と生き方の)愚直さが、社会にとって、家族にとって、人間にとって、犯罪とはなんなのかと問いかける力になったと思う。テーマ性が強すぎるという意見もあるだろうが、犯罪とはなにかを問いかけるために書かれた小説があってもいい、と私は思った。」「石田、村山、真保の三氏に丸をつけて、私は選考会に臨んだ。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 130 平成15年/2003年下半期   一覧へ
選評の概要 さまざまな個性 総行数92 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男56歳
候補 評価 行数 評言
女39歳
17 「音程がはずれそうではずれない、というような危うい文体が魅力だった。」「この独自の手法はすでに確立されていて、デリケートに描かれた日常から、不意に非日常が顔を出すさまは、圧巻ですらある。」
男40歳
15 「京極夏彦の世界を認めるか認めないかに尽きると思う。とうに受賞のラインはクリアしている作家という認識が、私にはあった。大多数の支持を得たのは、実力の然らしむるところである。」
馳星周
男38歳
24 「バブルという、現実に社会や人を狂わせた時代を、象徴的に描ききっていると思った。」「そこにある感傷や情感などは、しっかりと作品に内包されたままで、行間からすら立ちのぼってこない。ハードボイルドは、もともとそういうものであった。時代の狂気を背景にすることによって、ノワールとも呼ぶべき、新しいジャンルを主張できるものに仕上がっている。」
  「今回の五作は、その持つ個性から作風まですべて異っていて、私は自分の好みがストレートに評価に繋がってしまうことを、警戒しながら読んだ。」
選評出典:『オール讀物』平成16年/2004年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 131 平成16年/2004年上半期   一覧へ
選評の概要 物語の力 総行数91 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男56歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
11 「骨太だが無器用で、新しさなどはどこにもない。それでも、心を打つ物語の力があった。欠点も未熟も散見するが、私は第一にこの作品を推した。物語の力こそが、いま小説に求められているものだ、と思ったからだ。」
男44歳
19 「絶品である。前作と較べて、精神科医が名医に成長していて、荒唐無稽の中から顔を出す、微妙な暗黒性に欠けると思った。この医師の成長が、常識性のリアリズムへの後退というふうにも私には読めて、そこが第一に推すのをためらう要因になった。」「私が第二に評価していた『空中ブランコ』が賞に入ってくることには、異議はなく、むしろ歓迎であった。」
選評出典:『オール讀物』平成16年/2004年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 132 平成16年/2004年下半期   一覧へ
選評の概要 順当な結果 総行数94 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男57歳
候補 評価 行数 評言
古処誠二
男34歳
23 「志を持った作品だった。」「語学兵という設定が実に効果的で、戦闘を両方から描く方法として卓抜なものがあった。」「反戦の主張を感じさせるだけでなく、人間の哀切さまでよく出ていると思った。」「選考会には、『6ステイン』と『七月七日』に丸をつけて臨んだ。」
福井晴敏
男36歳
17 「行動の動機が、正義感や使命感ではなく、個人的な情動であることも、作品から人物を浮かびあがらせた。整合性に多少の問題があって、そこは残念であったが、長篇とはまた違う魅力を見せてくれたことは、評価に値すると思った。」「選考会には、『6ステイン』と『七月七日』に丸をつけて臨んだ。」
女37歳
20 「力量を感じさせる作品だった。」「ただ、ここに描かれた孤独が、いじめから生み出され、そのいじめがどこか類型を越えていない、という思いにもつきまとわれた。」「男の描き方が、私には多少不満であった。」
選評出典:『オール讀物』平成17年/2005年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 133 平成17年/2005年上半期   一覧へ
選評の概要 小説における決意 総行数92 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男57歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
15 「前回の候補作と較べるとやや衝撃力に欠けたが、鮮やかなユーモアのセンスを見せてくれた。差別の問題についても、しっかりした決意を持って書いた、と私は思った。二度目の投票で、私はこの作品に丸をつけた。」
  「最終候補作のラインアップに、多少の疑義を抱いてしまった」「直木賞は(引用者中略)候補になる時期が、ある程度考慮されていて、そこが他の賞との画然とした違いだった、と私は認識している。」
選評出典:『オール讀物』平成17年/2005年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 134 平成17年/2005年下半期   一覧へ
選評の概要 十二分の力量 総行数93 (1行=13字)
選考委員 北方謙三 男58歳
候補 評価 行数 評言
男47歳
24 「トリックに終っていない部分を、私はさらに評価した。人間が心の底に持つ、純愛への願望、偏執的な愛を、トリックによって鮮烈に炙り出していた。」「今回は、受賞作一作に丸をつけて臨んだ。」
  「新人からベテランの作品まで、候補作に並んでいて、選考ということを考えれば、なかなかつらいものがあった。」
選評出典:『オール讀物』平成18年/2006年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 135 平成18年/2006年上半期   一覧へ
選評の概要 力量充分の二作 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男58歳
候補 評価 行数 評言
女29歳
32 「読んでいてひたすら面白いという、小説の本質のひとつを充分に持っている作品だった。」「主人公のトラウマの過剰さに、いくらかひっかかりを覚えた。」「読後感はいい。」「今回は、三浦氏が一番手で、次に伊坂氏と森氏が並ぶという評価で、選考会に臨んだ。」
女38歳
23 「一冊の中で作者の進歩を読みとれるという、文学賞の選考では稀有の、読書の醍醐味を味わわせてくれた。長篇の題材ではないか、と私はいくつかの作品について感じたが、切り方の手法で瑕疵にまではいたっていなかった。」「今回は、三浦氏が一番手で、次に伊坂氏と森氏が並ぶという評価で、選考会に臨んだ。」
伊坂幸太郎
男35歳
23 「いい青春小説としてできあがっている、と感じた。」「四年という歳月が流れているにしては、という指摘があったが、人生の季節のひとつを描いたのだということで、私はいいと思った。作者の資質の、幅を感じさせてくれた作品であったと思う。」「今回は、三浦氏が一番手で、次に伊坂氏と森氏が並ぶという評価で、選考会に臨んだ。」
選評出典:『オール讀物』平成18年/2006年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 136 平成18年/2006年下半期   一覧へ
選評の概要 選考会の風 総行数132 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男59歳
候補 評価 行数 評言
北村薫
男57歳
22 「読んでいてしみじみいい小説だと感じられる作品だった。淡々として平明でありながら、人生の真実に手が届き、私をして生きることの意味を問い直させる、深い読後感があった。」「登場人物の心理にこそ無限の拡がりがある。そういうものを、大きな小説というのではないだろうか。私は、評価した。」
三崎亜記
男36歳
24 「私は自分の喪失感と重ね合わせて読み、充分な読後感を得た。」「想像力のスケールは大きく、それに力負けしない筆力も持っている。抽象性が寓意性を帯びるところまで昇華されているこの世界は、評価に値すると私は思った。」
  「今回の候補作が、特に水準が低いとは、私には感じられなかった。むしろ、読みごたえのある作品が多かった、という気がする。」
選評出典:『オール讀物』平成19年/2007年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 137 平成19年/2007年上半期   一覧へ
選評の概要 二作はならず 総行数104 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男59歳
候補 評価 行数 評言
女53歳
11 「重量感のある作品であった。物語を牽引する葛城の謎が、わかってしまえば仇討だったというところに、若干の構造的な問題を感じたが、力量に疑いを抱かせるものではなく、順当な受賞であったと思う。」
北村薫
男57歳
13 「私にとっては心地よいバラードだった。文章を平明に書くということは、派手な技巧を駆使するより、ずっと難しいことだ、と私は思う。」「丸をつけて選考に望み、決選投票では圧倒的な支持の受賞作に次いだので、なんとか二作受賞をと模索したが、わずかに届かなかった。」
  「今回の選考は、ベテランと新鋭の作品をどう読み較べるか、ということと同時に、ファンタジー的要素をどう解釈し、受け入れればいいのか、というのが私にとってのテーマであった。」
選評出典:『オール讀物』平成19年/2007年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 138 平成19年/2007年下半期   一覧へ
選評の概要 本質に触れる資質 総行数103 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男60歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
26 「血の持つ毒と蜜を描きこんで、存在の意味を問いかけるというような、難しく言えばそういう論評になってしまう作品であった。」「随所に、描写の未熟さや、整合性の欠如を感じさせた。しかし血というものを通して、物語の本質に触れているというのは私の確かな印象で、その資質は買うべきだろうと思った。」「例外的に、『悪果』、『警官の血』、『私の男』、の三作に丸をつけて(引用者注:選考会に)臨んだ。」
黒川博行
男58歳
18 「崩れていく男の人生を描いたものとして読んだ。」「捜査の方法、手続、書類の作り方など、稠密という印象すらある描写が、警察の人間関係と組織を浮かびあがらせ、読みごたえのある作品となっていた。」「例外的に、『悪果』、『警官の血』、『私の男』、の三作に丸をつけて(引用者注:選考会に)臨んだ。」
佐々木譲
男57歳
17 「一代目の不審死がミステリー仕立てになっていて、縦糸として牽引力を持っていた。時代背景の描写が、濃厚な生活感の描写とともにあり、力量の確かさを感じさせる。三代という発想のダイナミズムも、物語に少なからず強靭さを与えていると思った。」「例外的に、『悪果』、『警官の血』、『私の男』、の三作に丸をつけて(引用者注:選考会に)臨んだ。」
選評出典:『オール讀物』平成20年/2008年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 139 平成20年/2008年上半期   一覧へ
選評の概要 心理の切羽 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男60歳
候補 評価 行数 評言
女47歳
23 「いつ崩れるかわからない切羽へ、なかなかいかないという、もどかしさがつきまとった。」「しかし切羽を、情況的なものでなく心理的なものだと考えると、世界は俄然色彩を帯びてくる。」「三作(引用者注:「切羽へ」「のぼうの城」「千両花嫁」)の決戦では、迷わず『切羽へ』と『のぼうの城』に票を投じた。」
和田竜
男38歳
26 「ちょっと芝居がかってはいるが、関東武士の奮戦記である忍城戦を、人間臭い物語に仕立てあげていて、読後感がよかった。」「三作(引用者注:「切羽へ」「のぼうの城」「千両花嫁」)の決戦では、迷わず『切羽へ』と『のぼうの城』に票を投じた。」
  「今回の候補作は、粒が揃っている、という印象だった。ただ、大きく弾けたものがなく、小粒だという気もしないわけではなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成20年/2008年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 140 平成20年/2008年下半期   一覧へ
選評の概要 愚直な志の声 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男61歳
候補 評価 行数 評言
男48歳
15 「愚直で、不器用で、テーマ性の強い作品だった。その志というべきものは、いま小説には必要なのだ、と私は思う。」「面白さは、あるとは言えない。しかしなお、読む側の死生観に触れてきて、共振を起こしてしまう作品であったと思う。」「私は『悼む人』一本に絞った」
男52歳
21 「力作感充分だった。時制を遡る発想も効果的で、相当の工夫の中で利休を描こうとした試みだったと思う。ただ、利休がこだわっている美は、言葉による表現を拒絶しているところがあり、そこには踏みこめず、茶というものの周辺を駈け回ったという印象もある。また縦糸の女性の存在が、最後に具体的に描写されているところが、私には不用だと思えた。」
  「時代小説が三本入っていて、今回は候補構成が新鮮で刺激的でもあった。」
選評出典:『オール讀物』平成21年/2009年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 141 平成21年/2009年上半期   一覧へ
選評の概要 継続する力 総行数100 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男61歳
候補 評価 行数 評言
男59歳
18 「すべてがやわらかいのではなく、登場人物の視線がやわらかいのであり、その背後にある作者の眼は、むしろ冷徹と言ってもよく、上流階級の虚飾のあやうさが、時代相の緊迫と巧みに重ね合わされている、と感じた。練達の筆である。」「丸をつけて、選考に臨んだ。」
道尾秀介
男34歳
15 「この作家独得のひねりが、生きていたと思う。長篇では、私はどうしてもあざといと感じてきたが、短篇ではそれが切れ味となっていて、読んでいて快感さえ感じた。短篇の要諦をしっかり掴んでいて、同時に継続力のある資質も感じさせる。」「私は、丸をつけて選考に臨んだ。」
  「さまざまな傾向の、候補作が並んだ。小説が活発化しているのかどうかは、いまのところわからないが、私は好意的に対した。」
選評出典:『オール讀物』平成21年/2009年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 142 平成21年/2009年下半期   一覧へ
選評の概要 恋愛と謎と 総行数103 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男62歳
候補 評価 行数 評言
男59歳
22 「大長篇の力作の多い作家だが、切り口だけを見せる短篇では、人生の真実をさりげなく読者に投げかけてくる。私にあったのは、力作長篇での受賞でなくていいのか、というわずかなためらいだったが、この作品が賞に縁があったのだ、と思うことにした。」
男51歳
23 「完成度にも、不足はあるまい。表題作の方がおおむね評価されたが、結婚と恋愛がなにかを考えさせる『かけがえのない人へ』の中に漂う、妙ないとおしさと、結末の寂寞感も、恋愛小説の苦い味があって、私は好きであった。」
道尾秀介
男34歳
29 「力量は充分であるが、描写が稠密で、読みながら私は、息苦しさを感じ、簡潔を求めた。」「この作家はこの作品で、テーマ性をしっかりと持った、というところを私は評価した。」「二度目の投票に残すことを主張したが、孤立無援で果せなかった。」
  「いつも一作に絞りこもうという思いは持っているが、受賞の二作は、優劣というより、較べられない作品だった、と思っている。」
選評出典:『オール讀物』平成22年/2010年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 143 平成22年/2010年上半期   一覧へ
選評の概要 候補が六本必要だったのか 総行数101 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男62歳
候補 評価 行数 評言
道尾秀介
男35歳
5 「道尾秀介の魂は、腐っていない。選評にはならないが、唯一丸をつけた作品に対して、私はそれだけを言っておこうと思う。」
女46歳
22 「全体の完成度は高く、受賞作とするのに大きな異議はなかった。私がひっかかったのは、時子の板倉への手紙についての処理が、思わせぶりのままであることだった。作者はゴールのテープを切っているのに、私にはゴールの場所がわからず、疾走をやめたあとも、まだ歩き続けている、という落ちつきの悪さがあった。」
選評出典:『オール讀物』平成22年/2010年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 144 平成22年/2010年下半期   一覧へ
選評の概要 結果としての二作 総行数101 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男63歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
19 「煮つまってきた小説だが、子供の視点を動かさなかったところで、世界はあやうく均衡を保ち、凡百の少年小説から一頭地を抜けた。ただ、暗く、重く、歪みすぎてもいる。」「私は『月と蟹』に丸をつけて選考に臨み、結果として二作受賞ということになった。甘い選考だった、とは思っていない。」
女43歳
24 「明治初期の根津遊郭を扱って、まず思い切りのよさを感じさせた。それに『自由』という概念が重ね合わされているが、そこを掴み切る力はいまひとつで、風潮が描かれているだけではないか、と私には思えた。」「ただ、全体としては出色の維新ものであり、受賞作とすることに強い異議があったわけではない。」
  「今回は大冊が多く、読むのにかなりのエネルギーを要した。長いものを長く感じたというのは、作品世界に引きこまれることがなかった、とも言えるのかもしれない。」
選評出典:『オール讀物』平成23年/2011年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 145 平成23年/2011年上半期   一覧へ
選評の概要 努力の結実 総行数101 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男63歳
候補 評価 行数 評言
男48歳
25 「エンターテインメントの王道は、一歩間違えれば通俗に落ちかねず、また企業小説ふうなところが、いかにもこの作者の類型と見なされる危険にもあえて挑み、見事に危惧をクリアして、さわやかな世界を築きあげている。」「十数年にわたる努力の積み重ねが、このような普遍性を獲得させ、いま花開きはじめたと言っていいであろう。」「私は迷った末、『下町ロケット』と『アンダスタンド・メイビー』に丸をつけて臨んだ。」
島本理生
女28歳
35 「トラウマの中に、人間の存在に対するひたむきな問いかけがあり、それが観念ではなく描写という段階の表現に達しているところに、この作家の非凡さを感じた。」「ただ主人公の自殺未遂のあとの病院の描写や、宗教についての書きようなど、どこか安直さがあった。」「これを直木賞としてどう評価するかについては、私は最後まで迷った。」「私は迷った末、『下町ロケット』と『アンダスタンド・メイビー』に丸をつけて臨んだ。」
  「直木賞がなにを求めるのかと、考えさせられる選考会だった。小説という意味では、およそ制限がないほど対象は広いと私は思うが、ある種の文学性が弱く作用してしまうことが、ないとは言えないという気もする。すぐれた小説を選びたい、と痛切に思う。小説においてすぐれたものについて、私は今後も考え続けていこうと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成23年/2011年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 146 平成23年/2011年下半期   一覧へ
選評の概要 順当な受賞 総行数136 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男64歳
候補 評価 行数 評言
桜木紫乃
女46歳
48 「物語はともかく、イメージが理不尽に走り続けるということはない。つまり、見慣れた日常性の中にあるのだ。そこに不意に、非日常のイメージが立ちあがるので、ありきたりの論評に危険を感じてしまう。」「夾雑物も多い小説だが、私は痛みに似た感覚に襲われ続けていた。日常性と非日常性が意図的に遣い分けられているのか、という問いは無意味で、これは資質であろう。」
男60歳
19 「順当な受賞である。この作家の作品は、無駄のなさと端正さが、いつも強く印象に残ってきた。今回は、ある境地というものを感じさせる作品であった。」「境地というものは、進化するものだろう。賞の呪縛が解けたいま、この作家がどういう変容を遂げるかは、見ものである。」
  「六本の候補作の中で、二本(引用者注:『夢違』と『ラブレス』)がいつまでも私の心に残り、ぞくりとする皮膚感覚と、微妙な不協和音を伝えてきて、最後まで評価に迷った。」
選評出典:『オール讀物』平成24年/2012年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 147 平成24年/2012年上半期   一覧へ
選評の概要 ライブ青春小説 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男64歳
候補 評価 行数 評言
朝井リョウ
男23歳
54 「なにより群像小説のようでありながら、ひとりひとりの孤独が鮮やかである。孤独の中で、なんとか生きることの意味を見つけようともがく姿が、瞬間、光を帯びる。」「いまを描いた青春小説として秀抜であり、時が経てば古くなる風俗的な部分をものともせず、若さの哀しみを描ききったところを、私は認めたい。この作品に大きな丸をつけて選考会に臨んだが、孤立無援であり、力が及ばなかった。」
女32歳
17 「内むきの小説である。地方都市の、どこにでもいそうな男と女。その狭さゆえか鬱陶しさがつきまとうが、読み進めると、作品の底から別の広さがたちあがってくる。人の心の拡がりである。」「正直、私の好みの作品ではないが、人の普遍性に到達した世界が、私に受賞を同意させた。」
選評出典:『オール讀物』平成24年/2012年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 148 平成24年/2012年下半期   一覧へ
選評の概要 バランスのいい二作 総行数110 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男65歳
候補 評価 行数 評言
男57歳
18 「読んでいて、不安になるところは、皆無である。強いて言えば、創造の狂気が、そばにいる人間の、業が深い、という言葉に収約されてしまっているところ、成熟期の晩年が描かれていないところなどが、いくらか気になった。受賞にふさわしい、堂々たる力作であったと思う。」
男23歳
17 「私小説的、日常の事象の取捨から、フィクショナルなものに昇華していくという、できあがった小説技法の中で書かれ、見事に若者のありようの一面を描き出している。」
  「賞の社会的な波及性は、作家の人生にも波及することがあると思えるが、そこまでの顧慮は選考にバイアスがかかりそうである。虚心に読み、評価する。あたり前のことだが、今回も自分にそう言い聞かせた。」
選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 149 平成25年/2013年上半期   一覧へ
選評の概要 闇が発する光 総行数103 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男65歳
候補 評価 行数 評言
女48歳
28 「オーソドックスな作品である。それは古さに繋がると言えば言えるが、すぐれた小説は、古ささえも新しいというのが、私の持論である。」「微妙だが確かにあると感じられる闇が発する光を、ほのかなイメージとして描きあげた力量を、私は評価する。」「私が最も力を入れて推した一作であるが、受賞の力量は、すでに前作で充分に示していたとも思う。」
伊東潤
男53歳
18 「作者がひと皮剥けたな、と感じさせる作品だった。対象にむかった時の、腰の据え方が実にどっしりとしている。」「私は特に、人間の力ではどうにもならない、海の描写が秀逸であると思った。潮流や風、雨や波の描写は、眼に見えるような迫力がある。私は積極的に推したが、わずかに届かず、次作を期待するということになった。三回目の候補だが、一作一作力をつけ、あと一歩というところまで来ていると思う。」
  「五本が短篇連作で、一本が長篇だった。短篇の醍醐味を、存分に愉しめる選考となった。」
選評出典:『オール讀物』平成25年/2013年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 150 平成25年/2013年下半期   一覧へ
選評の概要 これが受賞作 総行数49 (1行=27字)
選考委員 北方謙三 男66歳
候補 評価 行数 評言
女54歳
5 「水戸天狗党の背後で、悲惨な目に遭う、女たちに視点を当てたのが、成功の鍵であった。大規模蜂起というより、内部抗争の激しさで悲惨さが際立ったが、女たちの境遇は、男のそれと較べて輪をかけている。それがオーソドックスな手法で描かれ、重厚な作品となり得ていた。」
女55歳
7 「作者の力量を、ようやく賞が迎え入れることができた、という作品になった。」「犬を通して昭和の家族や地域社会を描きあげるもので、セピア色の下に豊かな彩りが満ちていると思った。戦争の影を引き摺る昭和という時代も、ある光があり、悪くなかったのだと、しみじみ思える出来になっていたと思う。」
  「毎回思うのだが、傾向の違う作品を読み較べるというのは、相当のプレッシャーである。」「面白いかどうか、まず自分の嗅覚を信じるしかない、という開き直りから私ははじめている。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 151 平成26年/2014年上半期   一覧へ
選評の概要 いまこの作品で 総行数101 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男66歳
候補 評価 行数 評言
男65歳
17 「文句がつけようもないほど、スピード感があって面白い。」「普通会話体が多い小説はダレてくるが、この作品では会話体が描写になっていて、そのあたりも独得の技である。私は『国境』のころからこだわっていたので、受賞作となった時、安堵で大きく息を吐いた。」
千早茜
女34歳
14 「「私」やハセオの、ほかの異性関係は、情事であって恋愛ではない。二人とも、汚れても、決してほんとうには汚れないなにかを、大事に守っているのではないのか。そう読めば、現代に成立し得た、稀な純愛小説である。評価は、丸であった。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 152 平成26年/2014年下半期   一覧へ
選評の概要 書くべきものを書いた 総行数98 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男67歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
20 「少年期から大人まで描かれた男の人生がどこに行き着くか、そんなことはどうでもよくなってくる。細かい齟齬など混沌に呑みこまれ、方々で人々の叫びや喚きや歓声があがっている。ここに描かれたのは人生であり、それは小説がなすべきことだった、という読後の強い思いもあった。」
  「選考ということを考えた時、候補作のすべてが秀作に思えてくる。私の作品と較べるとである。自分はどんな作品を書いてきて、いま選考しようとしているのか。束の間だが、襲ってくるその感覚には、ちょっとこわいものがある。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 153 平成27年/2015年上半期   一覧へ
選評の概要 これを超えられるか 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男67歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
18 「近年では突出した青春小説として仕上がっていた。」「暑さが、食物の匂いが、ドブの臭さが、街の埃っぽさが、行間から立ちのぼってくる。混沌であるが、そこから青春の情念を真珠のひと粒のようにつまみ出した。この若い才能が次に問われるのは、これを超えてみろ、超えられるか、ということである。」
馳星周
男50歳
25 「作者の新境地であると私は感じた。」「一見、野放図な内容に、小説としてのリアリティを持たせるという、技法としては難しいものに挑戦し、それは成功していると感じた。自分が作りあげたものから離れるという意欲を含め、私は丸をつけて選考会に臨んだ。孤立無援であったが、新しい試みであることを考えると、それもいっそ清々しい。」
  「強力な候補作が、いくつか並んだ。久しぶりであり、スリリングであった。選考を離れて、いい思いをした、という気分もある。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 154 平成27年/2015年下半期   一覧へ
選評の概要 短篇のよさ 総行数102 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男68歳
候補 評価 行数 評言
男67歳
15 「いくらかペダンチックなものを感じさせるが、短篇として切り口が鮮やかで、描かれた心情には無理がない。のびやかである。女の描き方などいささかこわいが、しかし響いてくるものはある。小説はこれでいいのだ、という気がした。(引用者注:「羊と鋼の森」と共に)これも推そう、と私は思った。」
宮下奈都
女49歳
22 「主人公がはじめて調律というものを見て、引きこまれていくところから、私は予期していない世界に入りこんだ。調律という行為も、表現だと思えたのだ。」「静かな中に緊迫感が漂い、行間からさまざまなものが溢れ出してくる。」「これは推したい、と私は思った。」
  「候補作が届くと、ちょっとだけ読む順番を考える。」「順番がなにかを左右することはないが、これを推すというものに、できるだけ早く出会いたい、という気分はたえずある。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 155 平成28年/2016年上半期   一覧へ
選評の概要 短篇の快感 総行数101 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男68歳
候補 評価 行数 評言
男60歳
13 「オーソドックスな短篇集と言っていい。しっかりと鮮やかな切り口を覗きこめば、人々の営みの底に、闇のようなものが見えてきたりする。肩肘の張った描写でないところが、この作者らしいとも感じた。」
  「候補作六本のうち、五本が短篇集であった。短篇集の出版があまり多くないという情況の中で、これはちょっと特筆してもいいことだった。」
選評出典:『オール讀物』平成28年/2016年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 156 平成28年/2016年下半期   一覧へ
選評の概要 言葉は小説の命か 総行数100 (1行=12字)
選考委員 北方謙三 男69歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
20 「意味を把握する暇もないほど、言葉が畳みかけられてくる。音楽を小説の中で表現するのは至難であろうが、言葉の洪水の中でそれがなし得ているというのは、新鮮な驚きでもあった。」「愚直なほどに、ピアノコンクールのことだけが書き連ねられているのだと、改めて思い返し、小説は事件を書けばいいものではない、と強く自戒した。」
  「候補作を読む順番をどうするか迷い、結局は積みあげられた通りに手にとった。毎回のことである。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ