芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
2122232425.
2627282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
4647484950.
5152535455.
5657585960.
6162636465.
6667686970.
7172737475.
7677787980.
8182838485.
8687888990.
9192.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H29]2017/6/25

丹羽文雄
Niwa Fumio
生没年月日【注】 明治37年/1904年11月22日~平成17年/2005年4月20日
在任期間 第21回~第92回(通算36年・72回)
在任年齢 44歳7ヶ月~80歳1ヶ月
経歴 三重県四日市市生まれ。早稲田大学文学部国文科卒。尾崎一雄らと同人誌『新正統派』を創刊、文筆の道に進む。戦後には舟橋聖一と並んで中間小説誌に精力的に作品を発表、流行作家となる。そのかたわら、同人誌『文學者』の中心的存在として後進作家の育成に尽力。
受賞歴・候補歴
個人全集 『丹羽文雄文学全集』全28巻(昭和49年/1974年4月~昭和51年/1976年8月・講談社刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 21 昭和24年/1949年上半期   一覧へ
選評の概要 私小説反対 総行数90 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男44歳
候補 評価 行数 評言
峰雪栄
女32歳
22 「「煩悩の果て」をまっこうから瀧井さんが否定したのには、私はびっくりした。」「芥川賞を一本にして強引に押し出すとすれば、峯雪栄だと私は思った。」「峯なら芥川賞として一人だけ発表したところで、決して恥しくないと思った」
男24歳
6 「小谷は若くて、これからどんなものを書くか判らない。瀧井さんは、この作者は傲慢不遜だという意味のことを言ったが、かえってそのために私は支持したいのである。この小説には疵は多い。が、何よりもその将来性がたのもしい。」
女48歳
11 「烈しさはないが、「本の話」にはまた違った味がある。とりたてて良い作品とは言えないが、口を極めて悪口をいう作品でもない。」「私は別に「本の話」の由起しげ子に期待はかけていない。話がきまらないのでそうなったが、投票ということは、滑稽だ。」
  「芥川賞の枠をひろげたいというのが私ののぞみであった。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和24年/1949年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 22 昭和24年/1949年下半期   一覧へ
選評の概要 一陣の風 総行数38 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男45歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
32 「係りから推薦作品を知らせよと電報が来たので、「猟銃」と書いた。」「「闘牛」の推薦は、まあ一番無難だ。(引用者中略)もう完全に出来上った作家だ。何もいうことはない。(引用者中略)が、第二作のこれを読んだ時、正直なところ私は何の驚異も覚えなかった。」「「猟銃」には、往年の石坂洋次郎君の短篇にびっくりさせられたような或るものがあった。ロマンチックな一陣の風を感じたものである。」
  「審査の日、私は旅先で流行性感冒にやられて、やっと床に起き上ることが出来る程度だったので、欠席と通知を出した。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和25年/1950年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 23 昭和25年/1950年上半期   一覧へ
選評の概要 選後感 総行数48 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男45歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
11 「難はあるが、深刻な環境にあって、木枯国人とまじわり、素直に、あそこまであたたかく描き出したのはみごとだと思った。」「坂口君が推すほど私は買ってはいないにしろ、この持味は珍しいものである。小説技術で女の味を出しているのでなく、作者の人柄が滲み出ているという点で、今までの日本文学ではユニイクではないかと思った。」「「木枯国にて」は、「異邦人」の二番煎である。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和25年/1950年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 24 昭和25年/1950年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数44 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男46歳
候補 評価 行数 評言
  「候補になるということは、もうそれだけでも精一杯の努力だということがよく判った。この人はもっと書けるのだ、次のを待とうということが、どんなに冷淡な言い方か、しみじみと私には反省させられた。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 25 昭和26年/1951年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数57 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男46歳
候補 評価 行数 評言
男37歳
12 「この作者は一作ごとによいものを書いていく。「冬の蝶」は書出は自伝調だが、「春の草」になると、がらりと変っている。シチュエーションの設定にも細心の注意がゆきとどき、一字一句をゆるがせにしていない。」「新鮮なレモンと評した人があったが、適評である。」「「夜の貌」「手の抄」と、審査の方々もこの作者の力量は認めていた。賞となる小説には、一つのきまりがあるものだが、石川利光はそのきまりをうち破った。」
男27歳
5 「寓意とか諷刺をことさら期待せずに、最後まで面白くよんだ。一つの才能。こういう風にも書けるものだと感心した。途中気になるところがあった。二十六歳というのに、堂々と腰を据えた文章はみごとである。」
  「今度も帯に短く襷に長しと極まり文句を言われたが、私はそうだとは思わない。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 26 昭和26年/1951年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数43 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男47歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
11 「「広場の孤独」を第一に推していた。すでに単行本になっているので、発表に差支えがあるというのなら「漢奸」でもよいと。いずれにしても堀田君以外に今期の授賞者はないと考えた。」「大抵の候補者は二度つづくと三度目は現れなくなるものだが、堀田君は三度候補者として現れ、しかも今度がいちばんよかった。ということは、なみなみならぬ実力がある証拠だ。」
  「二十日に北海道へ飛ぶことになっていたので、推薦作を留守宅に言い残した。電話で当日通告するように頼んでおいた」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和27年/1952年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 27 昭和27年/1952年上半期   一覧へ
選評の概要 一言 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男47歳
候補 評価 行数 評言
  「今回は、当選作がないと私は考えていた。十一篇の小説には大して甲乙はなかった。特に強力なものもなければ、拙劣なものもなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和27年/1952年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 28 昭和27年/1952年下半期   一覧へ
選評の概要 一筆 総行数21 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男48歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
9 「私は最後に、(引用者中略)推した。」「文章もしっかりしていてこの人はもう出来上っている。」「ちょっと井上靖君に似た実力をたくわえている人だと思った。この小説は鴎外におんぶしていると私が評した。一方に鴎外のイメージを描いてこの小説をよむ場合と、無名の人間の過去をさがして読まれる小説の場合と、いずれがとくかという意味であった。」
近藤啓太郎
男32歳
7 「私は最後に、(引用者中略)推した。」「「飛魚」の方がよかったという人があったが、今度も漁師の生態が出てくる。(引用者中略)作品としては「黒南風」の方がはるかに秀れている。作者も成長している。」「むろん欠点もあるが、自然主義的だというので片付けられる作品ではないのだ。」
男31歳
6 「決して悪い作品ではない。しかし受賞作品としては難がある。時代小説の童話と思えば納得できないこともないが、そこに現れる哲学にしろ決闘の場面にしろ、童話的な興味をおぼえるだけで、私にはそんなに深いものとは思えなかった。」
  「今度の受賞は意外な結果になったと私は驚いている。多数決という方法がそうさせた。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 29 昭和28年/1953年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男48歳
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男35歳
8 「私は(引用者中略)推していたが、最後まで銓衡にのこったので満足だった。このまえの候補作品にくらべると、一段と精進のあとがみえた。」「通俗的な興味や構成の失敗はみとめられる。しかしこのひとの精進には信頼がおける。その意味で推したのだが、芥川賞としては十分な作品ではなかった。」
男33歳
15 「「悪い仲間」より「陰気な愉しみ」の方を、私はとる。このひとの受賞は妥当であった。戦後にあらわれた作家のなかで、私にはこのひとほど才能のゆたかな、ユニークな作家を知らない。こういう作風はえてして借りものが多いのだが、このひとのは素質だ。」「このひと独自の才能がじっくり腰をおちつけ、己の才能を十二分につかうことが出来るようになった点では、今度の作品にしてはじめて言われることである。一作一作とよくなっていくのはたのもしい。」
  「今度の審査会の雰囲気は、いつになく活溌で、私にはおもしろかった。だんだんと調子が出てきたようである。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 30 昭和28年/1953年下半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男49歳
候補 評価 行数 評言
広池秋子
女34歳
11 「私は(引用者中略)推したが、小粒なのが気になった。」「女の哀しさや、いく人かの女をあざやかに書き分けている。」「長篇にするべき題材であった。これだけでは惜しいのだ。異常な題材によりかかっているという評もあったが、別の解釈もあるわけだ。戦後今日までああした女を書いた小説は、箒ではくほどある。しかしいまだかつて「オンリー達」ほどにスッキリと書かれたことはなかった。この小説を三人の委員が推した。」
  「今度はもしかしたら当選作がないのではないかという気が、候補作品を全部よんだときに感じた。案の定そうなった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和29年/1954年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 31 昭和29年/1954年上半期   一覧へ
選評の概要 曾野綾子を推す 総行数41 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男49歳
候補 評価 行数 評言
曾野綾子
女22歳
13 「断然光っている。」「新鮮な感覚であり、感度もユニークである。これは素質的のものではないか。」「そんなに天才じゃないですよ、丹羽君の好きな作品でしょうと川端さんは笑ったが、惚れこんだ私はすこしも後悔していない。」「瀧井、佐藤両氏も一応はみとめてはいた。が、この一作だけでは心細い、見送ると言うのである。私も時々は見送る場合はあるが、これは見送る必要はないと抗弁した。」
川上宗薫
男30歳
5 「川上宗薫の「その掟」もよかった。」「なかなか勉強家である。勉強のあとがギザギザになって残っているところが気になったが、この人はこれからがたのしみである。」
男30歳
15 「他に推薦作のない場合は、私も吉行の度々の候補作を出した功績に対して授賞ということに吝ではないが、曾野綾子がある以上、不賛成であった。ことに「薔薇」はみとめない。」
  「意見の合ったことのない石川達三と完全に同意見であったのは愉快であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和29年/1954年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 32 昭和29年/1954年下半期   一覧へ
選評の概要 再認識 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男50歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
3 「授賞には文句はなかった」「芥川賞なるものに対する私の意見を撤回するとなれば、今回の場合は小島信夫君である。」
赤木けい子
女34歳
3 「私は多数人に読んでもらいたかった。欠点もあるが、読みごたえは十分にある作品である。」
男33歳
4 「功労賞の意味だと私自身はひそかに考えて妥協した。庄野君には「プールサイド小景」よりももっと他にいいものがある。」
  「「野に遺賢あり」という一文を発表した私は、芥川賞には新人がほしいと申し出たのだったが、否定をされた。それだけに拘泥することはないという融通無碍な意見であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 33 昭和30年/1955年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男50歳
候補 評価 行数 評言
岡田徳次郎
男(49歳)
5 「好きだった。しみじみとした感銘をうけた。今度の中では、これがいちばん好きであったが、強いものがないので、「白い人」のように問題にはならなかった。こういう小説が若し私にも書けるなら、書きたいと思ったくらいである。」
男32歳
3 「全くダークホースであった。私と川端さんだけが、最後まで多少不安を感じた。が、反対を唱えるような作品ではなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 34 昭和30年/1955年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数38 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男51歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
7 「若さと新しさがあるというので、授賞となったが、この若さと新しさに安心して、手放しで持ちあげるわけにはいかなかった。才能は十分にあるが、同時に欠点もとり上げなければ、無責任な気がする。」「結局推す気にはなれなかった。私には何となくこの作者の手の内が判るような気がする。」
  「今度は七十五篇の中から六篇の作品が残された。」「七十五篇もよんで、六篇を残したのは、編輯者の努力であり、見識である。私は無条件に編輯部の努力と見識をみとめるものである。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 35 昭和31年/1956年上半期   一覧へ
選評の概要 健康な後味 総行数36 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男51歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
10 「「飛魚」「黒南風」の場合には、海に対する興味が強烈すぎて、小説の安定性を欠いていた。「海人舟」は、海と人間が渾然と一体となっている。」「新風というわけにはいかないが、健康な後味のよさである。永年小説を書いていて常に気にかかることは「童心」ということである。初心忘るべからずであるが、この小説の中から私はそれを強く感じた。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 36 昭和31年/1956年下半期   一覧へ
選評の概要 ひと言 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男52歳
候補 評価 行数 評言
岡葉子
女48歳
7 「褒めたのは、私と井上靖君だけであったが、それを芥川賞にどこまでも推すかとなると、躊躇せざるを得なかった。材料がいやらしいから嫌だといったひともあるが、それはあくまで個人的感情であって、この作の欠点ではない。奔放な作品だと思った。」「小説というもののもっとも素朴な面白さを持っている、いまどき珍しい小説である。」
  「やはり授賞作品のなかったことは、淋しい。しかし、最後まで頑張りたい作品がなかったのだから致し方がない。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 37 昭和32年/1957年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男52歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
7 「これほど小説作りに上手になっているのには、おどろいたが、「文學界」に発表していた当時からこの素質はあった。文壇の姑根性に毒されず、どしどし書きまくってもらいたい。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 38 昭和32年/1957年下半期   一覧へ
選評の概要 今日の作品に缺けているもの 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男53歳
候補 評価 行数 評言
男27歳
12 「私は推した」「今日の作品に欠けているものを「裸の王様」は力強く打ち出していた。やぼったいという人もあるかも知れない。が、やぼったく思われるような人間的な情熱を小馬鹿にして、知的ごまかしをやっている小説が多いのだ。」「欠点はある。最後の展覧会など書きすぎであった。」
大江健三郎
男22歳
6 「作品の出来ばえからいえば、(引用者中略・注:「裸の王様」より)「他人の足」の方がはるかに巧緻な短篇であった。」「「死者の奢り」は、最後まで落すに惜しい作品であったが、大江の二篇はいわばもっとも今日的な作品であった。」
  「今回の審査会ほど難航を極めたのは珍しい。妥協性の強い私はしまいに二篇(引用者注:「裸の王様」と「死者の奢り」)を芥川賞にと言い出したものだが、互に一篇を主張する人が多くて、容易にまとまらず、ついに数で決定をみることになった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 39 昭和33年/1958年上半期   一覧へ
選評の概要 「飼育」を推す 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男53歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
7 「「飼育」には文句はない。私は作者のジャーナリズムにおける位置を考慮に入れず、いちばんよい作品というので最初から推した。しかし、作品の構成では「鳩」の方が秀れている。」「「鳩」をよんでいると、この作者には何か病的なところがあるのではないかと心配になったが、それも若い作者の気質ではないかと考え直した。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 40 昭和33年/1958年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男54歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 41 昭和34年/1959年上半期   一覧へ
選評の概要 斯波四郎のこと 総行数31 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男54歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
31 「芥川賞にいつかこのような文学があらわれることを、私はながいあいだ待っていた。」「特異な作家であり、今日彼と類似をもとめることはまったく不可能である。」「「山塔」にも、かなりひとり合点のところがある。が、それを埋合わせするに十分な魅力がある。」「たくさん書ける作家ではない。ジャーナリズムの要求に応じて書きとばすようになれば、斯波四郎は霧散してしまうだろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 42 昭和34年/1959年下半期   一覧へ
選評の概要 「基地」について 総行数31 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男55歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 43 昭和35年/1960年上半期   一覧へ
選評の概要 内容のある重量感 総行数28 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男55歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
5 「ひと際秀れたものだった。これだけの内容のある重量感を出すことは、今日の作家の中でもむつかしいのではないか。」「安心してよめる、大人びた才能は高く評価されてよい。豊かな才能の持主だ。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 44 昭和35年/1960年下半期   一覧へ
選評の概要 人間の哀しさ 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男56歳
候補 評価 行数 評言
坂口䙥子
女46歳
11 「一位」「私と蕃婦ハツエの話の中でこれだけロポウを描き出した技巧は、大したものである。霧社事件のことだが、すこしも古く感じさせなかった。」「物語は低調になりやすいものだが、人間の哀しさがしみじみと感じられた。」「「忍ぶ川」にくらべて新しいともいえる。」「二、三の審査員も一位に推していた。」
男29歳
5 「私は第二位に置いていた。」「上手な小説である。小説のコツをのみこんでいる。新しい感じはすこしもないが、気持のよい小説である。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 45 昭和36年/1961年上半期   一覧へ
選評の概要 象徴的な作品 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男56歳
候補 評価 行数 評言
大森光章
男38歳
9 「読んでから時日が経つにつれて感銘がふかまってくるような作品である。説明の部分が多くて、ごたごたとしているが、一般の読者には未知の世界であり、ある程度の説明もやむをえなかったのかも知れない。」「ことに最後の種馬とされるあたりには、無情な、哀れな人間の生涯を思った。この作品に芥川賞をあたえてこそ、意義があるような気がした。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 46 昭和36年/1961年下半期   一覧へ
選評の概要 豊かな描写力 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男57歳
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男34歳
7 「この小説はよけいなことは一切書いていない。人間関係をあざやかに描いている。娘が急性肺炎で死ぬあたり、筆が足りないうらみがあったが、人間の執念をよくまとめあげてあると思った。腕のたしかな作家であるので、これまでの候補作品も考えて、推薦した。」
男27歳
7 「その豊かな筆力は、ひとを驚かすに足る。筆が走りすぎて、文章が上すべりしているところがあるが、前回の「光りの飢え」に比較すれば、格段のちがいである。」「どんな風になっていくのか、私達とあんまり縁のないところへとび出していくような気がする。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 47 昭和37年/1962年上半期   一覧へ
選評の概要 題名の秘密 総行数21 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男57歳
候補 評価 行数 評言
河野多恵子
女36歳
6 「私は当選させたかった。だんだんと種明かししていくあたり、心にくい技巧だが、推理めいていると評したひとがある。」「作者はそのことをすてても気にすることはいらないのだ。この作者は本質的に何かがある。豊かな情感をあたえる。文章もよろしい。」
男34歳
3 「題名がこの小説の秘密をさらしている。そういうつもりでこの小説が書かれたのだと思うと、興ざめがする。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 48 昭和37年/1962年下半期   一覧へ
選評の概要 「美少女」を推す 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男58歳
候補 評価 行数 評言
河野多恵子
女36歳
8 「前作「雪」にくらべると、格段の文章の上達がみとめられる。」「いまどきこれほど文章に神経を使う若い文学者は、他に例がないのではないか。へんな男も、三人の少女もあざやかに描き分けている。私はこれを当選作にきめていた。」
  「選者の顔がちがっているように、各人の評がまちまちなのが、毎度のことながら私には面白かった。」「批評とは、自分ひとりの考えを、面白おかしく演出するだけのことらしい。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和38年/1963年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 49 昭和38年/1963年上半期   一覧へ
選評の概要 上質の文学と極彩色の小説 総行数23 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男58歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
13 「上質の文学である。」「候補作品の中で群を抜いていた。彼女の作品にはマゾ的な傾向がある。」「しかし、これを機会にジャーナリズムが、河野君のそうした点を要求して、あやまらせないようにしてもらいたいと、私は思っている。」
男48歳
10 「極彩色の小説である。これはジャーナリズムの喜ぶ作品である。」「しかし、私は、そうしたジャーナリズムの傾向に抵抗がしたかった。そうでないと、とり返しがつかないことになると思った。」「私が主人公であるだけに、客観的ということにもっと慎重であってほしかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和38年/1963年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 50 昭和38年/1963年下半期   一覧へ
選評の概要 ねつこい小説 総行数37 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男59歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
7 「当選させてよい作品だと私が口を切った。すばらしく、新しい小説というのではない。えたいの知れない、ねつこい、何かしら渦巻いているような小説である。」「放送シナリオ作家の作品をいくつか読んできたが、やっとその中からものになったのを発見した。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和39年/1964年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 51 昭和39年/1964年上半期   一覧へ
選評の概要 多すぎる挿話 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男59歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
10 「力量には、感心した。が、二八〇枚を努力してよまねばならなかった。理論家の小説のせいかも知れない。その意味では、日本文学にとってユニークな存在となるだろう。しかし、(引用者中略)自分のために妊娠中絶、自殺する女子学生の運命まで単に照明役だけに使うというのは、納得できなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和39年/1964年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 52 昭和39年/1964年下半期   一覧へ
選評の概要 「さい果て」の作者 総行数33 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男60歳
候補 評価 行数 評言
津村節子
女36歳
16 「何でもない人物もあざやかにとらえている。ほろりとさせるが、決して低俗ではない。」「読後感は、すがすがしい。無理がない。悲壮感をむき出しにしていない。」「作者の素質はすばらしい――」「私は最大限のことばをもって芥川賞当選作と推薦したが、出席した審査員のことごとくが褒めていながら、結局、芥川賞としては小粒であり、弱いということで見送られた。」「落ちたことは残念であったが、この作者の素質に希望をつなぐことにした。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 53 昭和40年/1965年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男60歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
20 「「さい果て」より小粒だと思ったが、二、三日が経つとこまかく書きこまれた一つ一つが、豊饒な情感となって私の胸をひたすようになった。」「この種の文学を、私たちはともすればわすれ勝ちになっていたのではないか。誰が他にこのような小説が書けるだろうか。」「このひとの才能には端倪すべからざるものがある。」「私は小さすぎることは、「玩具」の場合それほどの罪ではないと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 54 昭和40年/1965年下半期   一覧へ
選評の概要 無難と奔放 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男61歳
候補 評価 行数 評言
長谷川修
男39歳
7 「奔放な、野放図なくらいの態度に私は心をうたれた。これを当選作として敢えて推したが、私自身の中の反撥心がそうさせたものであった。この小説には、夢がある。」「(引用者注:日本の文学は)絶望や虚無はお好きだが、人間が生きていく上には、もっと他の要素も大切であることが、この小説で教えられた。」
男33歳
11 「こういう小説は当選しやすい作品である。もちろん良かったから当選したのだが、こういう作者の身の構えが、審査員の気に入るということは、作品のよし悪し以外に考え直してもよいことであろうと思った。」「審査員もこういう小説を当選させておけば、無難である。いいかえると、曲がなさすぎる。」「審査員のひとりとして考えねばならないことだと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和41年/1966年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 55 昭和41年/1966年上半期   一覧へ
選評の概要 秀れた抑制 総行数21 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男61歳
候補 評価 行数 評言
山崎柳子
女43歳
7 「今回の候補作品の中ではいちばん秀れていると思った。よくこれだけ抑えて書いていると感心した。」「が、最後に自動車にぶつかり自殺するのは早すぎた。」「が、このひとには期待がもてる。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和41年/1966年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 56 昭和41年/1966年下半期   一覧へ
選評の概要 印象に残った六篇 総行数18 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男62歳
候補 評価 行数 評言
竹内和夫
男(33歳)
5 「授賞に考えたのだが、悪い意味の文学青年的な文章が災となった。こういう題材はだれかが書かねばならなかったのだ。文章にこらずにぶつかっていけばよかったのではないか。」
男23歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和42年/1967年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 57 昭和42年/1967年上半期   一覧へ
選評の概要 最後が印象的 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男62歳
候補 評価 行数 評言
男41歳
13 「いちばん読みごたえがあった。」「最後がことに印象的であった。」「勝味のない告訴をあえてやらずにはいられない主人公の気持が胸を打つ。そしてこの気持が沖縄のひとびとをはじめ、われわれの胸を通うものである。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和42年/1967年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 58 昭和42年/1967年下半期   一覧へ
選評の概要 誠実な筆に一票 総行数18 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男63歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
5 「前半はあれほど書かなくともよかったのではないか。しかし後半がよいので、前半には目をつむってもよいと思った。」「(引用者注:決選投票では)誠実な筆の感じに一票を投ずることにした。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和43年/1968年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 59 昭和43年/1968年上半期   一覧へ
選評の概要 ショッキングな作 総行数23 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男63歳
候補 評価 行数 評言
後藤明生
男36歳
4 「八篇の中で好きだったのは、(引用者中略)「S温泉からの報告」であった。井伏君に似たところがあると思ったが、そのユーモアなところは作者の本質的なものであることが判った。」
女37歳
11 「気が利いたショッキングな作品だ。」「省略しすぎたせいか、前半の会話が下手な翻訳をよむようであったが、後半は水際立って巧みである。」
男42歳
2 「最近の三作の中ではいちばんよかった。その力量はすでに既成作家なみである。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和43年/1968年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 60 昭和43年/1968年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男64歳
候補 評価 行数 評言
後藤明生
男36歳
15 「作風に異質なものを感じて興味があった。」「もやもやとした材料をもやもやとした筆で描いている。簡潔、的確をことさらに避けている。そのためそれなりに雰囲気をとらえ、そうした筆法でなければ描き上げられないものを描いていると思った。」「私はこれを当選作と推した」
  「今回の候補作品は全体的に弱かった。が、興味のある作品がないわけではなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和44年/1969年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 61 昭和44年/1969年上半期   一覧へ
選評の概要 面白さとうまさ 総行数20 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男64歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
4 「面白かった。」「面白い小説のジャンルでは群を抜いていた。これはこれでよろしい。」
男41歳
6 「うまい小説であった。」「悪戦苦闘の末にやっと(引用者注:馬の)始末が出来たのなら悪戦苦闘ぶりをもっと書いてもらいたかった。あれだけでは疑いを誘うだけである。が、この小説のうまさは際立っている。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和44年/1969年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 62 昭和44年/1969年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男65歳
候補 評価 行数 評言
黒井千次
男37歳
10 「(引用者注:新風を)感じた。」「これまでの作品よりはるかによい出来であった。読んだ直後よりも時間が経つにつれて、考えぬかれた構成の妙が感じられた。」「私は新しい小説のモデルを見せつけられたように思った。」
男47歳
5 「新風がない。小説的な野心もない思い出を語りつづけている。」「色気も野心もない態度が、かえって大方の審査員の気に入ったようである。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和45年/1970年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 63 昭和45年/1970年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数19 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男65歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
15 「ある審査員が今回は(引用者注:受賞作を)二つにしたいと提案したので、私はすぐ賛成した。」「満を持していて、ようやく弓をはなれたといった思い残りのない、すがすがしさを感じさせる。作品がいよいよ作者の手をはなれたときの感情である。羨しいとさえ思った。」
女36歳
13 「感心したが、(引用者中略)吉田氏の毒口は古山氏のようにすんなりと心にはいって来ない何かがあったので、ためらった。それは吉田氏の気負いだったようである。(引用者中略)気負いをすなおに感じさせるのには、それだけのゆとりがほしかった。」「ある審査員が今回は(引用者注:受賞作を)二つにしたいと提案したので、私はすぐ賛成した。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和45年/1970年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 64 昭和45年/1970年下半期   一覧へ
選評の概要 才能のゆたかさ 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男66歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
9 「「杳子」はこの作者の持味が完璧にあらわれている。そのあとで「妻隠」を読んだが、前のあざやかな印象のためにさらに感心した。」「このひとの才能のゆたかさに感心した。「杳子」の世界にとどまるとなると、多少の不安を感じないでもないが、「妻隠」の方向にのびていくとなれば、この作者には洋々たる将来が約束されるような気がする。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 65 昭和46年/1971年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男66歳
候補 評価 行数 評言
  「文学の世界にも流行はあるのだから、いまの青年が女か男かわからないように、むさくるしい長髪にして自我に満足しているのも致し方ない。が、大学生が漫画を愛好するように文学が愛好されてはたまらない。」「前回の古井由吉君の「杳子」が新しいといわれる文学の頂点であったような気がする。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 66 昭和46年/1971年下半期   一覧へ
選評の概要 新鮮な感銘 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男67歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
7 「ひさしぶりに新鮮な感銘を受けた。沖縄の日常語を大胆に駆使しているので、目新しい感じを受けたのであったが、新鮮と形容するのでは語弊があるかも知れない。」「濃厚な風俗性が単なる読物に落ちていない点がよろしい。」「二篇(引用者注:「オキナワの少年」と「玩具の兵隊」)を推した」
加藤富夫
男43歳
6 「好短篇であった。好き嫌いはあるだろうが、作品としてはよくまとまっていた。私はこの作と「オキナワの少年」の二篇を推したが、投票の結果、〇・五点ちがいで、「砧をうつ女」に芥川賞を譲ることになった。」
男36歳
7 「作品としてもうすこし整理をしてほしかった。」「欲をいえば、もらった作品でなしに、たとえば「伽〈人耶〉子のために」「青丘の宿」「われら青春の途上にて」というような作品で堂々と受賞してもらいたかった。それだけが心残りであった。」
  「それぞれ読みやすくて、いつもより三、四篇も多かったが、少しも苦にならなかった。が、十篇とも妙に小粒であった。それに題のつけ方が拙劣であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 67 昭和47年/1972年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数23 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男67歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
6 「いくらも深刻に描ける材料を、さらりとまとめたところが成功であった。実際の病院は、こういう工合には運ばれていないだろうと想像されるが、こういう見方も成立すると考えたい。すくなくとも従来の偏見をいくらかでも訂正してくれたことは救いになる。」
男37歳
8 「力量のある作家のとっておきの材料といった印象をうけた。」「小説の進行中に少年時代の級友のことが主人公の魂の底で低音となって鳴りつづけてくれることを願ったが、途中は忘れてしまったような扱いが、僅かに不満であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 68 昭和47年/1972年下半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男68歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
9 「ジャパニーズワイフの日常性が狙いで具体的に描かれていたのが目新しく、これまでこうした作品が生れなかったのが不思議なくらいである。ただ一ヵ所気になったのは、最後のところで夫が白人女を秘書として飛行機で発つところで、嫉妬したり、捨てられたと動揺するところが私には奇異に思われた。」
女43歳
2 「偶然と感傷がすこし気になったが、力作である。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和48年/1973年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 69 昭和48年/1973年上半期   一覧へ
選評の概要 決定までに難航 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男68歳
候補 評価 行数 評言
津島佑子
女26歳
5 「「壜のなかの子ども」を候補作品八篇の中でマークして、審査場にのぞんだ。支持者が少なかったのでがっかりした。」「不具な子供を持った父親の屈折した気持がよく描かれていて、心に残るものがあった。」
青木八束
男40歳
11 「(引用者注:野呂邦暢と共に)テレビ、ラジオの台本作家であることを審査場で初めて知った。」「最後の章は、じつによかった。」「小説だけを書いている人間には、とうていあの章は思いつかないものである。」「台本作者の成功であった。」
男38歳
3 「二つ残った作品(引用者注:「鶸」と「鳥たちの河口」)の中から、より欠点の少ないものというので、(引用者中略)決定した。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和48年/1973年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 70 昭和48年/1973年下半期   一覧へ
選評の概要 清冽な印象 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男69歳
候補 評価 行数 評言
男61歳
12 「この人の名を私は三十年昔に知っていた。その後何も発表していなかったようである。そのなかの年月がこの作品の裏打ちとなっている。」「友人が呼びにくるところでは軽く失望したが、致命的な傷とはならない。」「読後の清冽な印象は鐘のひびきのように心に残った。」
男36歳
8 「「鳥たちの河口」の作者とは別人のようである。きらきらした才能を押えて、深刻がるふうもなく、思わせぶりなところもなく、百五十枚を一気に読ませて、さわやかな感銘をあたえた。」
  「今回の九篇の候補作品の中で四篇(引用者注:「此岸の家」「堕ちる男」「月山」「草のつるぎ」)までがよい作品であった。このようなことは珍しい。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和49年/1974年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 71 昭和49年/1974年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数30 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男69歳
候補 評価 行数 評言
日野啓三
男45歳
30 「平林たい子文学賞と芥川賞の銓衡委員をかねている私は、今度の芥川賞銓衡に苦しい立場に置かれた。」「先ごろ平林賞をもらったばかりだからという委員があり、別のひとりは、平林賞につづいて芥川賞を贈るというのは、平林賞に追従したというふうに解釈されるおそれもあると言い出した。」「私は前作同様に内容の充実した、きめのこまかい作品だと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和49年/1974年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 72 昭和49年/1974年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数23 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男70歳
候補 評価 行数 評言
男45歳
12 「前作の「此岸の家」「浮ぶ部屋」にくらべて、一段と冴えている。小説家としての腹のすわりを感じさせる。」「正直にいって日野君がこれほどのものを早々に書ける人とは思っていなかった。」「大物になる素質を備えている。」
男49歳
10 「新人らしからぬ作品である。端正に出来上っている。」「「あの夕陽」はまちがっても直木賞にはなれないが、「土の器」は直木賞にも通用する。小説が上手すぎるのだろう。器用すぎる。吉行君が、この人は芥川賞にも直木賞にも通用するということに無神経になって書いていると評した。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 73 昭和50年/1975年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男70歳
候補 評価 行数 評言
岩橋邦枝
女40歳
25 「当選作を別にして、(引用者中略)興味をおぼえた。」「(引用者注:「掌の光景」と共に)女心を描いていた。単なる抒情的なものでなく、三十女の心情をえげつないほどに抉り出したものである。女というものの本性をこのように抉り出した作品は珍しい。」「文学的にはいろいろと難点を残しているが、倦怠期という概念で見すごしにせず、堂々とそれに挑んだのは、みごとである。」
梅原稜子
女32歳
25 「当選作を別にして、(引用者中略)興味をおぼえた。」「(引用者注:「暮色の深まり」と共に)女心を描いていた。単なる抒情的なものでなく、三十女の心情をえげつないほどに抉り出したものである。女というものの本性をこのように抉り出した作品は珍しい。」「文学的にはいろいろと難点を残しているが、倦怠期という概念で見すごしにせず、堂々とそれに挑んだのは、みごとである。」
女44歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 74 昭和50年/1975年下半期   一覧へ
選評の概要 さわやかな感じ 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男71歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
13 「かねてから私は、この作者に属目していた。今度の作品にも、欠点はある。」「が、それらの非難を押えつけるほどこの作品からうける印象は強烈である。母親がよく描かれていた。この母親によって賞をうけたようなものである。」「作者は現実に体当りをして書いている。短いセンテンスは、一種さわやかな感じをあたえる。」
男44歳
7 「一作ごとに小説が巧妙になっている。今度のは、ずいぶん工夫が凝らされている。が、いつも少年ともの判りのいいおばあさんが登場するのは、すこし困る。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和51年/1976年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 75 昭和51年/1976年上半期   一覧へ
選評の概要 村上龍君の作品 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男71歳
候補 評価 行数 評言
男24歳
25 「芥川賞の銓衡委員をつとめるようになって三十七回目になるが、これほどとらまえどころのない小説にめぐりあったことはなかった。それでいてこの小説の魅力を強烈に感じた。」「若々しくて、さばさばとしていて、やさしくて、いくらかもろい感じのするのも、この作者生得の抒情性のせいであろう。」「二十代の若さでなければ書けない小説である。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和51年/1976年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 76 昭和51年/1976年下半期   一覧へ
選評の概要 心を捉えた二作 総行数20 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男72歳
候補 評価 行数 評言
小林信彦
男44歳
11 「私の心を捉えた」「たれかが長篇の書出しのようだといったが、この作者の小説というものに対する構え方が私の気に入った。」「文学賞には、ある種の通弊がある。刺戟的な題材であることが、有力な条件となる。その意味では、(引用者中略)微力であった。当選を逸したが、悔いることはない作品だと思った。」
小沼燦
男52歳
11 「私の心を捉えた」「私は女性とばかり思っていた。男性と知って、評価を変えなければならなかった。たれかが幼稚だといったが、幼稚などころではない。十分に小説の構成を心得ている。」「この作品が芥川賞になったところで、すこしもおかしくはない。」「まともに向って来る読者を軽くいなしたような印象をあたえたであろう。好短篇であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 77 昭和52年/1977年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男72歳
候補 評価 行数 評言
上西晴治
男52歳
21 「いちばん気持よく読んだ。当然この作品を推したが、他の選者は抹殺した。」「アイヌの生活が描かれていて、しばらく忘れていたアイヌの社会的な問題が新しく思い出された。」「人物では母親のサトがよく描かれていた。そのわりに父親の描写は一面的であるが、幼い子供の目を通しての両親は、そう映るであろうかと思われた。」
男29歳
0  
男43歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 78 昭和52年/1977年下半期   一覧へ
選評の概要 今期の印象 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男73歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
19 「秀れていた。」「芥川賞として推したい。どこかの山村にある伝説であろう。それをみごとに小説化している。」「陰惨な小説になっても仕方がないのだが、この小説はロマンチックでさえある。最後まで祭りの真相を知らさず、描写によって納得させていくあたり、あざやかな腕前である。」「題材も珍しいものであるが、読みおえたあと、思わずあとを追わせるような小説である。」
男30歳
5 「秀れていた。」「最後の螢の群舞のところで、生彩を放っている。それが鮮やかな出来栄えなので、びっくりするほどの感銘をうけた。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 79 昭和53年/1978年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男73歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
11 「当選は、大体予想されていた。」「もう立派に出来ている作家であった。」「選者の中には作品と作者がつながっていないといっていた者がいたが、その評はきびしいと私は思った。」「作者の顔が容易にくみとれる場合もあれば、いくつもの顔をもっている作家もいる。私は「伸予」に十分作者を感じた。」
男30歳
3 「当選は、大体予想されていた。」「今後を期待する」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 80 昭和53年/1978年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男74歳
候補 評価 行数 評言
丸元淑生
男44歳
24 「いちばん面白く読んだ。」「ある選者が十五枚に書くべきであったと冗談をいったが、この作品の欠点は、小説に必要でない部分をあれこれ書きこんでいることである。」「曾祖父と祖母と少年の関係にしぼればよかった。」「改めて長篇に書き直すか、五十枚ぐらいの短篇につくり直したら、よいものが出来るであろうと信じる。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和54年/1979年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 81 昭和54年/1979年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男74歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
14 「読んだ直後の印象は混沌として、何とも捉えようのない小説であった。外人の女といういちばんむつかしい題材と取組んでいた。それが成功したとは思わないが、その取組み方に作者の力量と作家としての将来性に期待させるものがあった。」「日が経つについれて青野君の小説の印象が消えていくどころか、記憶にうかび上るようになった。」「強力な鮮明な記憶というのではないが、しぶとく生きつづけている。」
女52歳
13 「とかく小説をつくりすぎるきらいがある。」「前半は、すばらしい出来であった。何故後半に母子相姦という、しかも説明不十分な追加をしたのか、残念である。この種の才能はとかく小説作りが上手になるだけである。作者の人間性というものが大切なことに気がつけば、小説なんか片手間に書けるなどといううぬぼれは叩きつぶされるであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和54年/1979年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 82 昭和54年/1979年下半期   一覧へ
選評の概要 待望の小説 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男75歳
候補 評価 行数 評言
女51歳
19 「いつかはこういう小説にめぐり会えると、私は長いこと待っていた。」「待望の小説に出会えて、私は感動した。」「この当選作の持つ歴史的な事実の重みは、他の候補作品を圧していた。諷刺的でなく、すなおに日本人妻の生き方ととり組んでいる。」「銓衡の席上では、文学的な香気にとぼしいという評もあったが、私はむしろ作者の成熟さを力強くおぼえた。」
  「概して女性作家には、ナルシシズムに陥る危険があるが、今度の候補作品にもそういう例があった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和55年/1980年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 83 昭和55年/1980年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男75歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和55年/1980年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 84 昭和55年/1980年下半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数25 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男76歳
候補 評価 行数 評言
木崎さと子
女41歳
21 「高く買った。」「どっしりと腰のすわった、大人の小説であった。小説の構成などには神経質にならず、ごく自然に過去と現在をないまぜに描いている呼吸がひどく大人っぽい。その裏打ちとなっているのは、作者の年齢であり、体験であり、何よりも生活を感じさせることであった。」「木崎さんの才能は一応大人が安心して読めるだけのものを何か本質的に備えているようである。」
男43歳
4 「主張があれば喧嘩になるというこの作者らしい小味な気持のよい作品であった。」「そういう作品も大切にされてよい。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和56年/1981年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 85 昭和56年/1981年上半期   一覧へ
選評の概要 感想 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男76歳
候補 評価 行数 評言
木崎さと子
女41歳
19 「よいと思いました。」「いろんな女性のものをみてきましたが、その中でも木崎さと子さんは信頼の出来る作家のように思いました。」「出産という、何でもない材料(本人にとっては生死にかかわる重大事件でしょうが)を、女性でなければ書けないところをよくとらえています。満洲でなじんだ真赤な太陽の追憶も、出産にからめて思うとき、単なる感傷とはいいきれないものを感じさせました。」
女42歳
3 「詩人としての繊細な感覚には心をひかれましたが、すこしごたごたしてます。もたついた分だけ、小説が弱くなっていると感じました。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和56年/1981年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 86 昭和56年/1981年下半期   一覧へ
選評の概要 一作 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男77歳
候補 評価 行数 評言
  「今回は授賞者なしという結果になったのは妥当な審査であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 87 昭和57年/1982年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男77歳
候補 評価 行数 評言
  「それにしても何故こうも低調なものが集まるのか、理由のないことではない。」「マスコミの変貌は現実的である。一発屋の出現で、読者の嗜好に享楽性を増進させたのはたしかであった。」「この時代の風潮は、容易に変ることはないであろう。二回つづけての「なし」は、或る種の抵抗であった。私は決して絶望はしていない。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 88 昭和57年/1982年下半期   一覧へ
選評の概要 新風と素直さ 総行数28 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男78歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
22 「よみはじめて、しばらく視点が合わなかったが、この小説がいわゆる小説らしい小説として書かれたのでなく、観客席を意識した舞台上の展開であると気がつくと、ひきこまれるような興味をおぼえた。」「私はこれを読んでいて、ふとチエホフを連想した。」「小説の世界に演出家が舞台稽古の草履ばきでのりこんできたような印象が、ユニークであった。これがあるいは、ひとつの先蹤となるかもしれない。」
女46歳
6 「好感のもてる作品であった。構成にすこし無理があったが、読み終ると、その疵も改めてとりあげるほどのものではないと思い直された。強引に事件をつみ上げる女流作家の多い中で、断片的な昔の思い出を小説風にまとめあげたこの作品には、何のケレン味もない。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 89 昭和58年/1983年上半期   一覧へ
選評の概要 雑談 総行数22 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男78歳
候補 評価 行数 評言
  「昔は候補作品のつぶが揃っていた。今回の候補作品のように、興味のある材料をとらえながら、それをこなすだけの力がなかったり、感情過多で、ひとりよがりに深刻がっているような候補作品は、以前はなかったように記憶している。最近はその差がひどくなっている。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 90 昭和58年/1983年下半期   一覧へ
選評の概要 感想余話 総行数27 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男79歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
21 「私は(引用者中略)「光抱く友よ」を選んだ。」「作品の出来は、今回より前回の方がはるかに秀れていた。」「「光抱く友よ」は、題名で判るようにモラリスティックな小説である。」「高樹さんは、それ(引用者注:モラリスティック)を小説を書くときの支柱としている。珍しい作家である。こういう作家を珍しいと思わねばならないほど、私たちは大切な根本的なことを忘却しているようである。」
男47歳
0  
  「(引用者注:「光抱く友よ」の他に私が選んだ)あとの一篇は落ちたので、ここでは触れない。」「若者が手を出しそうな迎合的な作品が、一、二篇候補の中にはいっているが、それがここ数年間の習慣のようになっていた。しかし、もう飽かれている。今回もそういう作品が、二、三篇あったが、あっさりと否定された。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和59年/1984年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 91 昭和59年/1984年上半期   一覧へ
選評の概要 信用できる干刈 総行数26 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男79歳
候補 評価 行数 評言
干刈あがた
女41歳
11 「時代のせいか若い人の書くものが、近頃方向ちがいの方向に進みつつある中で、まっとうに文学を感じさせる二作は、私には心強いものであった。私は十分に賞に値いすると思った」「私は最近これほど信用の出来る芥川賞の候補者にはめぐり合わなかったとさえ思っている。」
  「大江健三郎君が芥川賞の選考委員を辞退した。」「あまり長く芥川賞の選考委員をつとめていると、己の創作活動に支障を来たすからという理由であった。」「私は大江君のように神経が過敏でないので、のんびりとこの長い年月の中の小説の変化を面白くたのしく眺めている。」「私にとっては、若返りの妙薬にもなっている。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和59年/1984年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 92 昭和59年/1984年下半期   一覧へ
選評の概要 木崎さと子さんと「青桐」 総行数24 (1行=26字)
選考委員 丹羽文雄 男80歳
候補 評価 行数 評言
女45歳
24 「第八十四回の芥川賞候補作品の中で、木崎さと子さんの「裸足」を読んだとき、この人は必ず芥川賞をとる人だと思った。」「それから四篇ほど候補作品をよんできた。」「「青桐」は、いちばん心をこめた作品になっている。」「「青桐」をよんでいて、突如癌特有の臭いに接して、私は思わず息をのむ思いがした。」「小説の中の臭いを、私は嗅いだ。」「それだけでもこの小説はみごとだと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和60年/1985年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ