直木賞のすべて
第150回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/9/1

柚木麻子
Yuzuki Asako
生没年月日【注】 昭和56年/1981年8月2日~
経歴 東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒。洋菓子メーカー勤務などを経て、平成20年/2008年にオール讀物新人賞を受賞して、作家デビュー。
受賞歴・候補歴
  • 第88回オール讀物新人賞(平成20年/2008年)「フォーゲットミー、ノットブルー」
  • |候補| 第150回直木賞(平成25年/2013年下期)『伊藤くんA to E』
  • |第7位| 第11回2014年本屋大賞(平成26年/2014年)『ランチのアッコちゃん』
  • |候補| 第151回直木賞(平成26年/2014年上期)『本屋さんのダイアナ』
  • 第3回静岡書店大賞[小説部門](平成26年/2014年)『本屋さんのダイアナ』
  • |第4位| 第12回2015年本屋大賞(平成27年/2015年)『本屋さんのダイアナ』
  • 第28回山本周五郎賞(平成26年/2014年度)『ナイルパーチの女子会』
  • |候補| 第153回直木賞(平成27年/2015年上期)『ナイルパーチの女子会』
  • 第3回高校生直木賞(平成27年/2015年度)『ナイルパーチの女子会』
  • |候補| 第157回直木賞(平成29年/2017年上期)『BUTTER』
サイト内リンク 特集-第157回候補の詳細
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第150回候補  一覧へ

いとう
伊藤くんA to E』(平成25年/2013年9月・幻冬舎刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 平成25年/2013年9月25日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 平成25年/2013年11月20日(第2刷)
発行者等 発行者 見城 徹 印刷・製本所 株式会社光邦
発行所 株式会社幻冬舎(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 ブックデザイン bookwall
総ページ数 242 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×19行
×1段
本文ページ 4~242
(計239頁)
測定枚数 444
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『GINGER L.』05号・平成23年/2011年WINTER[12月]~09号・平成24年/2012年WINTER[12月]/単行本化にあたり加筆・修正
>>平成28年/2016年12月・幻冬舎/幻冬舎文庫『伊藤くんA to E』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 柚木麻子 女32歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
4 「新しい世代の作品という意味で候補に上がったのだろうが、文学作品として理解できなかったのは、私がそれくらい古い世代だからであろうか。」
阿刀田高
男79歳
2 「現代を感じさせ、若さを羨んだ。最終章はとてもおもしろく読めた。」
伊集院静
男63歳
0  
北方謙三
男66歳
7 「饒舌な群像青春小説とでも呼ぶべきものに仕あがっている。としても、物語の動きと較べて、人物がかなり平板である。」「最後は毀れてしまう伊藤君も、積み重なった思いに押し潰されたという感じがし、内側からの爆発という、根源を垣間見せる憤出にはならなかった。」
桐野夏生
女62歳
5 「女の屈辱に関する小説だと思い、興味深く読んだ。だが、最終章の矢崎莉桜の崩壊ぶりがあまりに面白かったので、それまでの章がかすんでしまった感がある。」
高村薫
女60歳
6 「肝心の伊藤君があまりに現実味を欠いているため、若い男女の群像劇にすらなっていない。女たちの間を行き来する伊藤君の人格崩壊はホラーの趣さえあるが、存在自体がつくりものなので、魅力的な破綻からもほど遠い。」
林真理子
女59歳
10 「何とも言えないとらえがたさが現代をよく描いていて面白かった。しかし前半の彼をめぐる女の子たちがみんな同じに見える。偶然が多すぎると残念なことが多い。」
東野圭吾
男55歳
6 「(引用者注:「あとかた」と共に)小説を書くには何かテーマがなくては、とか考えておられるのではないか。連作であることを意識して、無理に各話に繋がりを持たせようとした形跡もある。まとまりなんて気にせず、もっと直感だけで書いちゃってください。」
宮城谷昌光
男68歳
17 「(引用者注:「あとかた」と共に)ひとつの章を終えると、次の章は、前章に登場させたある人物を曳きずりながら、ちがう人間関係に接続するという手法(引用者中略)は、ややもすると作品内の空間がおなじ明度を保ちつづけるがゆえに、単調さを産む、と気づいた。ストーリーの変化や発展は、その連続する明るさのなかでは、特異性をもたない。陰翳をつくる必要がある。」
宮部みゆき
女53歳
21 「受賞作(引用者注:「恋歌」「昭和の犬」)に次いで高く評価しました。一見よくある恋愛小説に見えて、実は友情の話であり、〈人はいかにして友と出会い、友を失うのか〉ということを描いたこのしたたかな二重底の作品をものした筆力に感嘆したからです。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年3月臨時増刊号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作短篇集〔5篇〕
章立て
「伊藤くんA」「伊藤くんB」「伊藤くんC」「伊藤くんD」「伊藤くんE」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
伊藤誠二郎(学習塾バイト講師、シナリオライター志望)
島原智美(革製品専門店の店員)
野瀬修子(学習塾受付)
宮田真樹(修子の美大時代からの友人、ルームメイト)
相田聡子(中堅洋菓子メーカーのケーキ店副店長)
神保実希(聡子の友人、伊藤のサークルの後輩)
久住健太郎(実希の元サークルの同級生、放送作家)
矢崎莉桜(ドラマの脚本家)




直木賞 第151回候補  一覧へ

ほんや
本屋さんのダイアナ』(平成26年/2014年4月・新潮社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「ほんや」
印刷/発行年月日 発行 平成26年/2014年4月20日
発行者等 発行者 佐藤隆信 印刷所 大日本印刷株式会社 製本所 大口製本印刷株式会社
発行所 株式会社新潮社(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装画 平澤朋子 装幀 新潮社装幀室
総ページ数 250 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×21行
×1段
本文ページ 3~250
(計248頁)
測定枚数 509
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『yom yom』24号[平成24年/2012年5月]~29号[平成25年/2013年8月]/単行本化にあたり加筆修正
>>平成28年/2016年7月・新潮社/新潮文庫『本屋さんのダイアナ』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 柚木麻子 女32歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男62歳
19 「二人の少女の生活環境に、すこぶる類型的な設定をしたため、作家の想像力がかえって働かなくなってしまった。また、子供から大人になるまで、彼女らに精神的な成長が感じられないというのは、リアルな現実かもしれないが、小説の世界ではひとつの約束事として、登場人物は何らかの変容をしなければ読者は納得しない。」
東野圭吾
男56歳
12 「読んで共感できる女性は多いのではないか。だがもしもっと読者の幅を広げたいなら、視点人物の内面だけでなく、年齢や性別の違う脇役たちの心理をもっと深く想像するべきだと感じた。」
宮部みゆき
女53歳
21 「(引用者注:「ミッドナイト・バス」「男ともだち」と共に)もっとびっくりさせてほしかったと願うのは、作品世界を壊してしまうリスクをとれと要求することであり、そんな冒険は読者にも歓迎されないかもしれません。でも、私は読んでみたかった。」
宮城谷昌光
男69歳
5 「(引用者注:「男ともだち」「私に似た人」と共に)言及するゆとりをもてなくなった。宥赦してもらいたい。」
桐野夏生
女62歳
12 「コンセプトがはっきりしている作品は、往々にして窮屈で不自由だ。残念ながら、本作もその枠から出ることはできなかったようだ。才能がある人だけに、勿体ない気がする。」
北方謙三
男66歳
10 「前回の候補作より小説としての姿は整っているが、破壊的に突出するなにかがなく、小さくかたまったという印象が残る。」
高村薫
女61歳
15 「軽やかな少女小説仕立てになっているが、小説のリアリティには乏しい。主人公の母親や謎の父親をはじめ、あまり練られていない表現が、稚拙な人物しかつくり得ていないためだろう。」
林真理子
女60歳
18 「二人の少女が成長し、別々の場所で闘おうとしている。「赤毛のアン」や本に対するオマージュも好感が持てる。それなのにやはり積極的に推そうと思わないのは、根本にある著者の幼なさのせいだ。人生に対する真摯さがもっと描かれていないと、小説はひよわになってしまう。」
伊集院静
男64歳
7 「前回の作品も感じたのだが、もう少し物語に開放感があってもいいのではと思った。」
選評出典:『オール讀物』平成26年/2014年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「6」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京~イギリス・ヨークシャー~神奈川・七里ヶ浜
登場人物
矢島大穴(「ダイアナ」、読書好きの少女)
神崎彩子(ダイアナの親友、出版編集者夫婦の娘)
矢島有香子(ダイアナの母、源氏名ティアラ、キャバクラ勤務)
はっとりけいいち(『秘密の森のダイアナ』の作者)
武田(ダイアナ・彩子の幼馴染、肉屋の一人息子)
田所不律(書店「隣々堂」店長)




直木賞 第153回候補  一覧へ

じょしかい
『ナイルパーチの 女子会』(平成27年/2015年3月・文藝春秋刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「じょしかい」
印刷/発行年月日 発行 平成27年/2015年3月30日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 平成27年/2015年5月15日(第2刷)
発行者等 発行者 吉安 章 印刷所 萩原印刷 製本所 加藤製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 大久保明子 装画 菅野裕美
総ページ数 352 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
41字
×19行
×1段
本文ページ 3~352
(計350頁)
測定枚数 624
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『別册文藝春秋』平成24年/2012年11月号~平成25年/2013年9月号/単行本化にあたり加筆・修正
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 柚木麻子 女33歳
選考委員 評価 行数 評言
林真理子
女61歳
28 「文章や、構成力に格段の進歩があり、以前は感じた“幼なさ”が完璧に消えている。」「「エリート狙い」の派遣社員の描き方が、どうにもステレオタイプだ。」「主人公の女性に女友だちがいないというのも不自然。」「リアリティがないというのは、ミもフタもない感想であるが、無理やりつくり上げた物語という思いは最後まで拭えなかった。」
伊集院静
男65歳
17 「作品の導入部は作者の非凡な才能に引き込まれ興味深く読み進めた。ところが物語の中盤、栄利子が窮地に立たされたあたりから人物の個性が平板になり、新鮮なものが失せた。」
高村薫
女62歳
14 「極端なデフォルメのスイッチが、自身の心理状態と区別できないところで入るのだとしたら、この作者にバランス感覚を求めても詮ないが、この過激さ、エキセントリックさを強みにするのも手かもしれない。」
東野圭吾
男57歳
24 「主人公の設定に無理を感じた。高校生の時に人間関係の瓦解を経験しているにもかかわらず、三十歳で海外との取引を任せてもらえるキャリアウーマンにまでなれたのは、その間に様々な知恵や自分なりのルールを身に着けたからではないのか。」「それを崩壊させるほどの何かが生じたとするには、翔子という女性との出会いは弱すぎる。」
北方謙三
男67歳
15 「いくらか過剰すぎるのではないかと、私は感じた。」「これは、負の情念の小説である。それはそれでいいのだろうが、読み手にまで負を背負わせるところが、過剰というのである。そして、人の造形や変貌が、類型と感じられた。」
桐野夏生
女63歳
19 「ジャンクフード好き、だらけた日常を送る人気主婦ブロガー、という設定がリアルだ。」「が、対する主人公、商事会社の女子社員の造型が納得できない。ストーカーと間違われて空回りし、やがて心が折れてゆくあたりに無理がある。」「しかし、文章はうまいし、比喩にはキレがある。」
宮城谷昌光
男70歳
40 「作中の要人は、他者にみえるが、本質においてすべて同形である。同形であると断定すると語弊があるのであれば、相似形である。相似形であるものは、反発しやすいという原理めいたものがあるが、この小説はその原理通りに内的な力が衝突し、乖離する。要するに、小説内のエネルギーが外の読み手を撼かさない。そもそも小説の構造に欠陥があるからである。」
浅田次郎
男63歳
19 「悲しいことに、私はブログなるものを知らない。したがって本作は、「ブログという擬似社会の中で正常な人間関係を見失い、変形していく人々」などというものすごく保守的なテーマを仮設して、一種のホラー小説のように読むほかはなかった。ただし、人間的には相当に単純な登場人物たちの内面や環境を、あえて繁雑に書いている点については、やはり賛同はできなかった。」
宮部みゆき
女54歳
16 「筆力と情熱には感嘆しましたが、作者が真摯であるあまりに、ストーリーが進むうちにどんどんテーマの方が前面に出てきて、物語性が後退していってしまい、物語としてのリアリティも消えてしまいました。」
選評出典:『オール讀物』平成27年/2015年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 山本周五郎賞 28受賞 一覧へ
候補者 柚木麻子 女33歳
選考委員 評価 行数 評言
石田衣良
男55歳
49 「細部の書きこみ、会話の密度、感情の激しさ、すべての点でスケールのおおきな翻訳小説を読んでいるようだ。持って生まれた圧倒的な筆力があるよ。ジャンボ鶴田を思いだした。」「後半の暴走はラテンアメリカ小説のようなリアリズムからの幻想的な逸脱として評価したい。ジュノ・ディアスの『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』みたいなね。そろそろ文学賞もリアリズム一辺倒から脱却するときだ。」
角田光代
女48歳
50 「とにもかくにも異様な熱に満ちた小説である。」「読みながら感じる違和感も、謎も、疑問も、たいしたことではないのかもしれないと思わせるような迫力がある。いってみれば、作者の作り上げた「設定」に、読み手をも引き入れようとしているのだ。説得力も現実味も、すべてその迫力と熱量で凌駕している。」
佐々木譲
男65歳
56 「当然ながら事前の情報もないままに読み出して、「読者としても」没入できたのがこの作品だった。」「エピソードのひとつひとつは極端なものではないし、主人公にけっして狂気や人格の破壊を感じさせない叙述でありながら、予感される関係の破綻と日常性の崩壊のそのありさまが気になって、読書を中断することができなかった。」「激論の後の最終投票でも、受賞作に推した」
白石一文
男56歳
55 「柚木さんは、従来通りの自らのテーマを一気に凝縮し、これまでの遠慮や衒い、計算をかなぐり捨てて、まさしく体当たりで本作を書き上げている。」「彼女は目下作家として一番の成長期を迎えているようだ。その証明とも言える作品に賞を与えるのは当然でもあるし、光栄なことでもある。」「柚木さんの受賞については、何一つ異論はない。」
唯川恵
女60歳
42 「小説が放つ熱量が、読み手を力技でねじ伏せる強さを持っていた。」「女友達と理想の関係を作りたいがために、相手を追い詰め、自分も壊れてゆく。その様は常軌を逸しながらも、痛いくらいにリアルに伝わって来た。」「このまま本書に翻弄され続けたい、と思った時点で、作者の勝ちと言えるだろう。」
選評出典:『小説新潮』平成27年/2015年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 153回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
早坂 平成27年/2015年6月22日 3回目の候補、しかも文藝春秋刊です。間違いなし。前回も当てました。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「36」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京~ある地方の街~タンザニア~箱根など
登場人物
志村栄利子(中丸商事食品事業営業部勤務、30歳)
丸尾翔子(主婦ブロガー、ハンドルネーム「おひょう」、30歳)
丸尾賢介(翔子の夫、スーパーマーケット店長)
小笠原圭子(栄利子と同じマンションに住む幼馴染)
杉下康行(栄利子の同僚)
高杉真織(栄利子の会社に勤める派遣社員、杉下の交際相手)




直木賞 第157回候補  一覧へ

バター
BUTTER』(平成29年/2017年4月・新潮社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「バター」
印刷/発行年月日 発行 平成29年/2017年4月20日
発行者等 発行者 佐藤隆信 印刷所 二光印刷株式会社 製本所 加藤製本株式会社
発行所 株式会社新潮社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 原 裕菜 装幀 新潮社装幀室
総ページ数 460 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×21行
×1段
本文ページ 3~460
(計458頁)
測定枚数 928
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『小説新潮』平成27年/2015年5月号~平成28年/2016年8月号/単行本化にあたり加筆・修正
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 柚木麻子 女35歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男65歳
22 「作者がのびのびと書きすぎてしまった。豊富な食材でおいしい料理ができるとは限らず、むしろ「あるもの」で工夫をした料理こそうまい。そして材料の多寡にかかわらず、不可欠なものは「思想」である。その肝心な調味料を切らしていると、いかに手を掛けても納得できず、味の上に味を重ねてしまう。」
伊集院静
男67歳
8 「物語の焦点が曖昧に思えた。もしモデル小説の意識があったのなら、犯罪にいたる深層部をえぐるものが必要のように思えた。」
北方謙三
男69歳
18 「丁寧に取材して丁寧に描写され、相当の労作なのだと思えたが、ベタ塗りと感じられる部分も多く、それが作品からダイナミズムを奪ったのではないだろうか。」「料理の描写も、ただうまいものを作るというのではなく、完成までにさまざまな言葉が費されていて、結局はそれが味を落としてしまった、という気がした。」
林真理子
女63歳
14 「肝心の「なぜ殺人を犯したか」に全く到達出来ておらず、だらだらと病んでいく女たちの話が続く。知的で客観性にとんでいるはずの週刊誌編集者が、これほど安易に洗脳されるとはとても思えないのだ。」
桐野夏生
女65歳
18 「核となる「梶井真奈子」の悪の引力が足りない。」「社会のミソジニー傾向を指摘するなど、作者は相変わらず鋭いのだが、今回は残念ながら、少し散らかった印象がある。」
宮部みゆき
女56歳
39 「作中に登場する食べ物と、それを食べるシーンは臨場感があって、たらこパスタなどはすぐに作って食べたくなりました。」「残念だったのは、カジマナの犯罪の中身があまりにも具体性を欠き、物証もなく状況証拠の積み上げもないまま、「検察側のいびつな精神論」だけで一審で無期懲役の判決を受けたという設定が、どうしても納得できなかったことです。」
東野圭吾
男59歳
24 「「検察側のいびつな精神論」だけで有罪になることなどありえない。ところが主人公は、それらの裁判材料に全く触れようとしない。誰が考えても明白な状況証拠、つまり主人公にも否定できない証拠が存在すると、その後の話の展開に困るという作者の都合からではないか。」
宮城谷昌光
男72歳
5 「以前、その作風に多少なりとも言及したことがある。」
高村薫
女64歳
10 「興味深い人間像に迫ろうとして見事に失敗した作品である。人間に迫ろうにも、男性三人を殺害した事件の設定が杜撰すぎて、殺人犯が殺人犯になり得ていないからだが、志や良し、と思う。」
選評出典:『オール讀物』平成29年/2017年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「16」
時代設定 場所設定
同時代  東京~新潟~川崎
登場人物
町田里佳(大手出版社「秀明社」社員、「週刊秀明」編集部員)
梶井真奈子(首都圏連続不審死事件の被告人、愛称〈カジマナ〉、勾留中)
狭山伶子(里佳の友人、主婦、元・大手映画会社広報)
北村(里佳の後輩記者)
藤村誠(里佳の恋人、文芸出版部勤務)
篠井芳典(大手通信社編集委員)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ